Notes 小ワザ集

第24回 今日は大安? 六曜を表示させる

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

どんなにIT技術が進歩しても、冠婚葬祭はもちろんプロジェクトのキックオフなど、ビジネスでも日取りに気を使わなければならないケースは多いはずです。

そこで、いつも使っているIBM Notesのカレンダーに六曜を表示してみましょう。

  1. 「ファイル」メニューから「設定」を選択します。
  2. 「カレンダーとタスク」の下にある「地域設定」を開きます。
  3. 「第二カレンダー」から「六曜」を選択します。
    ユーザープリファレンスのカレンダータブ
  4. 設定後、対応しているビューでは曜日の後ろに六曜が表示されます。(Notes 9 標準テンプレートの場合、[1日][2日]のビューが対応してます)。
    六曜が表示されたカレンダー画面の例

このように通常の曜日に加えて、六曜、ヒジュラ暦、ユダヤ暦のいずれかを表示できるので、世界を相手にビジネスを行うのにも困りません。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335528
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第24回 今日は大安? 六曜を表示させる
publish-date=08092016