Notes 小ワザ集

第16回 関連するメールをスレッド形式で表示する

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

IBM Notesには以前のリリースからメールを「ディスカッション形式」で表示する機能がありますが、Notes 7.0 からは、開いているメールの前後にやり取りされたスレッドのみを表示する「スレッド表示」機能が加わりました。

  1. メールの文書を開き、ビュー画面の上部にあるアクション・バー(新規作成などのボタンが並んでいる部分)の「スレッド表示」をクリックします。
    スレッド表示ボタン
    スレッド表示ボタン
  2. 選択したメールの前後にやり取りされたメールがスレッド形式で表示されます。
    スレッド表示画面
    スレッド表示画面
    スレッド表示画面

[対象環境]
Notes クライアント(7.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335505
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第16回 関連するメールをスレッド形式で表示する
publish-date=05172016