Notes 小ワザ集

第14回 受信確認インジケーターの作成 

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

たった今受信した電子メール・メッセージには、受信確認が要求されているのでしょうか?これを調べるには、メール・テンプレートの受信ボックス・フォルダ($Inbox)の列アイコンを表示する無題の列(ビューの最初の列)に以下のコード行を追加してください。

ReturnReceipt="1");
164;

以下に、既存の無題の列にある式に列アイコンを表示するコードのサンプルを示します。既存の式の先頭や終わりには、コードを追加しないでください。先頭や終わりにコードを追加すると、正しく動作しなくなります。

コードのサンプル
コードのサンプル
コードのサンプル

この変更を加えた後で、受信確認が要求される電子メールを受信すると、以下に示された封筒とロックのアイコンが、メール・ファイルの受信ボックス・ビューの添付欄に表示されます。電子メール・メッセージを開くと、Notesクライアントが受信確認を送信して、アイコンが消えます。

封筒とロックのアイコン
封筒とロックのアイコン

もう1つ肝心な点を説明します。ここでは、164という数字によって封筒とロックのアイコンを指定していますが、このアイコンは変更できます。Domino Designerヘルプで、使用できる列アイコンの表をご覧ください。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※クライアント環境などにより記載、画面が異なる場合がございます
※記載の操作を行う場合は IBM Domino Designer クライアントが必要です


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=334628
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第14回 受信確認インジケーターの作成 
publish-date=04282016