Notes 小ワザ集

第13回 OSのデフォルト設定のWebブラウザーを使う

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

IBM Notesのメールやデータベースの文書の中にあるURLをクリックすると、Webブラウザーが起動してリンク先のページが開きます。普段何気なく使われている方も多いと思いますが、この時に自分がいつも使っているWebブラウザーが起動したらもっと便利なのに、と思っている方も少なくないのではないでしょうか?そんな方は次の方法で起動するWebブラウザーを指定してみましょう。

  1. 「ファイル」メニューから「設定」を選択し、Notesの「設定」ウィンドウを開きます。
  2. 「Webブラウザー」の項目をクリックして開きます。
  3. 「このオペレーティング・システムのデフォルトとして設定しているブラウザーを使用する」を選択します。
  4. 「設定」ウィンドウを終了します。

    ※ Notes 7.0 以前のバージョンでは個人アドレス帳のロケーション文書内「ブラウザ」タブでWebブラウザーを設定することができます。

[対象環境]
Notes クライアント(8.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335280
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第13回 OSのデフォルト設定のWebブラウザーを使う
publish-date=04282016