Notes 小ワザ集

第100回 複製ページをキーボード操作で素早く開く

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

複製ページを開くにはいくつか方法がありますが、キーボード(ショートカットキー)愛用派に便利な方法を紹介しましょう。

Alt + Bを押すと、オープンリストが展開されます。その時、キャレットはその展開したリストの最上部にある検索ボックスにあります。そこで replication と入れれば、複製ページのエントリーが表示されますので、下矢印キーを一回押してEnterを押します。replicationはreでもreplなど短い文字列でもヒットします。慣れると、指が覚えて自然に操作できるようになるでしょう。これはショートカットキーの良さでしょう。

日本語版では、複製ページのエントリーは「レプリケータ」という名前で入っていますが、内部的に英語名も入っているため、このような操作が可能です。ショートカットキー操作では、ダブルバイトの文字列が入ると操作が繁雑になりますが、このような作りになっているため容易に操作できるようになっています。

これを応用して、ブックマークで登録したエントリーの名称を英語名などシングルバイト文字でリネームしておくと同様に利用できます。

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.0

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=351111
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第100回 複製ページをキーボード操作で素早く開く
publish-date=11212008