Notes 小ワザ集

第192回 受信ボックス上でのメッセージ冒頭部分を表示する

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

大量のメールが並んでいる受信ボックスの中から、重要なメールを素早く判別したい。そう思いますよね?
IBM Notes 9.0 から、そんな希望にぴったりの新機能が加わっています。それが、メッセージの冒頭表示です。(メッセージスニペットとも呼んでいます)。

設定は簡単です。受信ボックスを開いている状態で、メニューの [表示] - [表示] - [メッセージの冒頭] をチェックしてください。

メール本文の冒頭が、件名列に表示されるようになります。さらに、マウスポインターを重ねると本文の最初の 100 文字までホバー表示しますので、メールを開くことなく内容がわかります。
特にメールのプレビュー画面を下半分に表示をしている場合、最近のワイドな画面で、件名の横のスペースを有効に利用することができます。

[対象環境]
Notes クライアント(9.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=1027702
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第192回 受信ボックス上でのメッセージ冒頭部分を表示する
publish-date=02262016