Notes 小ワザ集

第185回 仮想的にdataフォルダを拡張してバックアップを強化する

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

久しぶりの小ワザは、Notes/Domino のdataアップのひとつの便利な方法についてご紹介したいと思います。Notes/Domino の data フォルダにに拡張し .dir のテキストファイルを置いて、そこに他のディレクトリを書いておくと、仮想的に data フォルダを拡張するという手順です。

まず、NotesPadなどのテキストエディター で myfiles.dir というテキストファイルを作り、例えばc:\temp と書きます。 そのファイルを Notes でも Domino でも data フォルダにおきます。それで Notes からアプリケーション(Ctl+O)を開こうとすると myfiles というフォルダが見えます。(.dirのファイル名がフォルダ名として表示されます)
このフォルダを開くと、myfiles.dirファイルで指定したc:\tempの中身が表示され、c:\tempフォルダが、あたかもdataフォルダの下にあるかのように利用することができます。

このように仮想的にdataフォルダを拡張しておけば、ローカルのNotes DBが多くて一つのディスクに収まらない場合にdataフォルダを拡張することができますし、物理的に別ディスクにバックアップを保管することでバックアップを強化することが可能です。

ぜひお試しください。

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.5.2

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=753382
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第185回 仮想的にdataフォルダを拡張してバックアップを強化する
publish-date=08262011