Notes 小ワザ集

第170回 ボタン付メールを作成する - 関数編

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

前回の「169回ボタン付メールを作成する - シンプルアクション編」に続いて、今回は「式」使ってボタンを作成する方法をご紹介しましょう。
ボタンを作成するところまでは、シンプルアクション編と同じです。作成したボタンをマウスで右クリックして、「ボタンの編集」を選択します。

ボタンを押した際の動作を指定する編集画面が表示されるので、「実行」欄で「クライアント」と「式」を選択します。 その下の欄へ以下の式を入力します。(文言は任意のものを入力します。)

REM "確認メッセージ";
v_ret := @Prompt([YesNo]; "タイトル"; "メッセージを送りますか?" );
REM "いいえを選択した場合、なにもせず終了";
@If( v_ret=0; @Return(""); "" );
REM "はいを選択した場合、メール送信";
@MailSend( "送信先アドレス"; ""; ""; "件名"; "本文"; ""; "");

送信後、メール送信完了のダイアログを表示させるには、以下の2行を加えてください。(2011年8月追記)

REM "メール送信完了のダイアログを表示"; 
@Prompt([OK];"メール送付完了通知";"メッセージを送信しました")

メール本文に戻って作成したボタンをクリックしてみましょう。
設定した確認のポップアップが表示され「メッセージを送りますか?」と問われます。

ここで「はい」をクリックすれば、式で「送信先」として指定したアドレスに指定した「件名」と「本文」でメールが送信されます。

※ この小ワザは、予めIBM Lotus Domino Designerの導入が必要となります。IBM Lotus Domino Designerの無料ダウンロードはこちらから!

ぜひ お試しください!

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.5.x

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=503474
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第170回 ボタン付メールを作成する - 関数編
publish-date=08122011