Notes 小ワザ集

第169回 ボタン付メールを作成する - シンプルアクション編

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

社内の歓迎会やレクレーションなどのお知らせメールに「参加」または「不参加」ボタンを見かけることはないでしょうか?
このボタンは、Lotus Notes 利用者でれば簡単に作成できますので、覚えておくと便利です。

メールの本文欄で、ボタンを作成したい場所にカーソルを合わせ、[作成]→[ホットスポット]→[ボタン]を選択します。

ボタンのプロパティが表示されるので、ラベル欄にボタンに表示したい文字を入力します。(例:「参加します」)
ボタンの大きさやボタンの色、文字の大きさなどはお好みで変更可能です。

プロパティーの他に、ボタンを押した際の動作を指定する編集画面が表示されるので、実行で「クライアント」と「シンプルアクション」を選択します。
次に「アクションの追加」ボタンが表示されるので、クリックします。

「アクションの追加」のダイアログが表示されるので、「アクション」欄で「メールメッセージの送信」を選択し、 メールの宛先、件名などを入力して「追加」ボタンをクリックして編集を終了します。(CCを指定したい場合にはオプションボタンを利用して設定します。)

メールの本文部分をクリックすると、編集画面からメールの全体画面に戻りますので、作成したボタンをクリックし、メールが送信されることを確認してみましょう。 (再度、ボタンの動作を指定したい場合には、ボタンを右クリックして「ボタンの 編集」メニューを選択します。)

ぜひ お試しください!

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.5.x

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=502333
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第169回 ボタン付メールを作成する - シンプルアクション編
publish-date=07302010