Notes 小ワザ集

第161回 メールをタスクとして設定する

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

クイックフラグを利用して(ご参照:Lotus 小ワザ集: 第18回 クイックフラグ)メールをフォローしている方も多いと思いますが、メールをタスクにすれば自分以外の担当者の指定もできて便利です。

対象のメールを選択し、メニューから[オプション]→[コピーを追加]→[タスク]と進みます。

タスクエントリーの画面が表示されますので、ここで期限や、優先順位、担当者などの設定を行います。
担当者を自分以外に設定した場合は、「保存・アサインを送信」するとその担当者のタスクのビューやカレンダーで表示されます。

クイックフラグはフォローが終わったらフラグを削除するだけですが、タスクは「完了」として処理ができるので履歴も残せます。

ぜひ お試しください!

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.5.x

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=491752
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第161回 メールをタスクとして設定する
publish-date=05282010