Notes 小ワザ集

第151回 辞退した会議を探す

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

なるべく手間をかけずに受信ボックスを整理しておくために、返答済の会議案内は自動的に受信ボックスから削除するように設定している方も多いことでしょう。

この設定方法は、メニューのファイルから、[プリファレンス(設定)]→[カレンダーとタスク]→[通知]で、「処理した後で受信ボックスから会議通知を削除する」にチェックをします。

しかし、この設定では後になってから辞退した会議に参加できることになった場合、その会議をメールボックスから探し出すのは困難です。

そんな時は、カレンダービューの「エントリーと通知」のリストを参照してみましょう。

会議名を覚えていればこのリストで検索したり、ステータスや議長、日付をソートすることにより探し出すことが容易になります。

ぜひお試しください。

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.x

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=469443
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第151回 辞退した会議を探す
publish-date=01292010