Notes 小ワザ集

第127回 Notes文書リンクのURLをすばやく調べる

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

Lotus Notesでは、文書、ビュー、データベースリンク機能を使って、簡単にリンクを張ることができます。しかし、Lotus Notes以外のメールクライアントやWebブラウザーではこの方法が使えません。

そのような場合には、Notes URLを使うと便利です。Notes URLは「Notes://」で始まるURLです。
これをクリックするとLotus Notesが起動して、URLで指定した箇所を開きます。この方法を使えば、プレゼンテーションの中からでもLotus Notesの指定した箇所を開くこともでき、知っておくと便利です。

Lotus Notes 文書のアドレスは、以下のように文書のプロパティーでも判りますが、もっと簡単な方法があります。

アドレスを知りたい文書上のアドレス(ツールバー)の▼を2回クリックします。

クイックにアドレスバーに表示されました!

ぜひお試しください。

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 8.0

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=392833
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第127回 Notes文書リンクのURLをすばやく調べる
publish-date=07032009