Notes 小ワザ集

第112回 探したい文書を上手に検索する(1)

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

Notesメールで目的の文書を探すのに「全文検索」機能を使ったことがあると思います。
しかしヒットした文書が多すぎて、その中でも探すのに苦労したことはないでしょうか?
Notesの全文検索では論理式 (and, or など) が使えますので、うまく使うと効率的に検索できます。

複数の文字列を andor で続けることができますので、ヒットする件数を見ながら徐々に範囲を絞っていく、又は広げていくことが可能です。

(Notes and Domino) or Sametime と検索すれば、「Notes」と「Domino」の両方を含む文書と、「Sametime」を含む文書がヒットします。

最後に、not のご紹介です。関係ないものがヒットして見にくい場合にはこの not が利きます。
例えば、(Notes or Domino) and not Domino Pizza で検索すると、「Notes」か「Domino」という文字がある文書を検索しますが、「Domino Pizza」という文字があれば除外します。

これよりも複雑な場合は、「詳細」タブをクリックして検索条件を指定するとよいでしょう。
[表示]→ [検索バー] で、検索バーが下記のような表示されます。

ぜひお試しください。

[動作確認バージョン]

Lotus Notes/Domino 8.0で動作確認を行っていますが、今回ご紹介した方法は古いバージョンから実装されている機能です。


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=372827
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第112回 探したい文書を上手に検索する(1)
publish-date=02272009