DECS(Domino Enterprise Connection Services) 

Comments

資料概要

DECSの得意分野
DECSは、リアルタイムなデータ・アクセスを得意としています。
Lotus Notes文書で、基幹システム上に存在する顧客情報の検索(更新/削除)や人事情報の検索(更新/削除)をリアルタイムで行う処理には非常に有効です。

DECSの構成要素
DECSは、以下のコンポーネントから成り立っています。

  • DECS Administrator

基幹システムとの連携にはDECS AdministratorというLotus NotesDBで設定を行う必要があります。

DECSのインストール
DECSはLotus Dominoサーバー(全てのプラットフォーム)に実装することができます。Lotus Dominoサーバー(Lotus Notesクライアント)をインストール時に、"DECS"にオプションで選択するだけでインストールすることができます。

接続可能なデータ・ソース
データ・ソースへの接続は、Lotus Connectorを通じて行います。DB2、Oracle(7 or 8)、OLE DB(Microsoft SQL Server)、Sybase にはネイティブな接続が可能で、そのほかにもODBC準拠しているRDBであればODBC接続用のLotus Connectorで接続できます。また、Lotus Connectorは独自に開発することも可能ですので、Lotusから提供されていないデータ・ソースへの接続を行いたい場合は、Lotusから無償で提供されている開発用Toolkitと、任意のデータ・ソースのAPIを利用して開発します。(DECSでは、Textコネクターを使用することはできません。)


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=339421
ArticleTitle=DECS(Domino Enterprise Connection Services) 
publish-date=09122002