Lotus Domino基幹連携ソリューションの概説

Comments

資料概要

基幹システムと連携したソリューションをお考えなら、Lotus Domino基幹連携製品群を導入することで、開発生産性の向上・運用コストの低減など、TCO削減効果を期待することができます。Lotus Domino基幹連携製品群は、ノーツ・アプリケーションにおいて、設定を行うだけで外部データ・ソースとの連携ができるDECS(Lotus Domino基幹連携サービス)やLEI(ノーツポンプ)。WAS(WebSphereApplicationServer)のように開発したアプリケーションをサーバー上で稼動させノーツ・クライアントからリアルタイムで外部データ・ソースと接続ができるESBの3つの製品があります。

DECS DECSサーバーとなるLotus Dominoサーバー上のアプリケーションから外部データ・ソースに対してリアルタイムで連携ができます。ノーツ文書の開く、作成、更新、削除といったイベントによって起動されます。

LEI ノーツ データベースと外部データソースとのバッチ転送や、同期をスケジュールにより起動することができます。LEIのアクティビティのひとつであるリアルタイム・アクティビティはDECSと同じ機能になります。

ESB ノーツ・クライアント、Webクライアントからリアルタイムで外部データソースに接続ができるアプリケーション・サーバーとその開発環境の総称です。複雑なトランザクションを要する3階層アプリケーションの構築が可能で、サーバー側に処理を負担させることでクライアントでの処理を軽減できます。

接続の仕組み

Lotus Domino基幹連携製品群からはDB2コネクトなどのRDBクライアントを利用して接続するため、これら製品群はRDBの1つのクライアントとして動きます。これは、DB2クライアント構成アシスタントなどを利用した容易な接続設定と、安定した接続が期待できるということを意味します。

またロータス・コネクターという汎用モジュールはRDBクライアントに対しての仕様を満たしています。そのため理論上RDBクライアントがどのバージョンのRDBサーバーと接続できるかは問題ではなく、単に各ベンダーがそのRDBクライアントからどのRDBサーバーに対して接続をサポートしているかに依存します。

基幹連携イメージ図
基幹連携イメージ図
基幹連携イメージ図

ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=339416
ArticleTitle=Lotus Domino基幹連携ソリューションの概説
publish-date=09122002