Linux on POWERの動的論理パーティショニング

動的LPARのセットアップと使用

developerWorksアーカイブより

Clifford Spinac

アーカイブ日付: 2017年 04月 12日 | 初版: 2005年 9月 29日

POWER5™ アーキテクチャーの強力な特長は、論理パーティショニング(LPAR)の使用によってサーバー統合をサポートできる点にあります。動的な論理パーティショニングは、分割されたシステムの柔軟性を高め、管理者はパーティションをリブートしなくても、システム・リソースの追加、削除、または移動を行うことができます。この記事は、Linux® on Power™システム管理者またはアプリケーション開発者を対象として、Linuxで動的LPARを有効にする方法、動的LPARを使用してパーティションのリソースを制御する方法、およびこれらのリソースの変化を調べる方法を解説します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Linux
ArticleID=229871
ArticleTitle=Linux on POWERの動的論理パーティショニング
publish-date=09292005