目次


Open Source POWER Availability Tool

Comments

Open Source POWER Availability Tool (OSPAT) は、IBM POWER アーキテクチャー上で利用可能なオープンソース・パッケージを検索しやすいように設計された検索エンジンです。検索結果には、パッケージ名とバージョン、およびそのパッケージをサポートしている Linux ディストリビューションが表示されます。

OSPAT を起動するフォーラム内で質問をする

FAQ

1

OSPAT とは何ですか?

OSPAT は、オープンソース・リポジトリーを分析してユーザーが要求するパッケージを検索する検索エンジンです。検索結果には、検出されたパッケージが POWER8 (および後続の) アーキテクチャー上でサポートされているかどうかも示されます。

2

どのようにして OSPAT にアクセスするのか?

このリンク先のページで OSPAT を起動できます。.

3

どの検索エンジンを使っても、利用可能なオープンソース・パッケージを検索できるのではないですか?

その通りですが、OSPAT の特徴として、検索結果には POWER パッケージの結果だけが返されて、x86 パッケージは返されません。したがって、POWER 上で利用可能なパッケージを特定するために検索結果を詳しく調べる必要がなくなります。さらに、複数のディストリビューションを範囲として検索した結果が表示されるため、POWER ユーザーは特定のパッケージを複数のディストリビューションをまたがって同じように使用できるかどうかを判断できます。

4

検索結果のページ上にリンクが表示されるのはなぜですか?

リンクは便宜のために表示されます。ほとんどのリンクは、クリックすると検索対象のパッケージの POWER パッケージにアクセスできるようになっています。

5

リンク先がソース・コードでないのはなぜですか?

POWER パッケージのソース・コードを必要とする一般的な開発者は、ソース・パッケージが置かれているリポジトリーの場所やソース・パッケージへのリンクを知っています。OSPAT の目的は、ユーザー、販売担当者、マーケティング担当者が Linux on POWER 上で動作するパッケージが利用可能であるかどうかを迅速に参照できるようにすることです。

6

パッケージに「ppc64el」や「ppc64le」の接尾辞が付いていなくても、POWER 上でサポートされているパッケージなのですか?

はい。OSPAT は、アーキテクチャーに依存しないラベルが付いているパッケージを、Linux on POWER 上で動作するパッケージと見なします。例えばシェル・スクリプトや Java で作成されたパッケージが、そのようなパッケージに該当します。

7

検索語の一部が含まれる検索結果が多すぎて、最初のページに検索しているパッケージが見当たりません。検索結果を絞り込むにはどうすればよいですか?

デフォルトでは、いずれのディストリビューションも選択されていない状態になっているため、すべてのディストリビューションが検索されることになります。検索結果が多いのは、おそらくそのためです。関連するディストリビューションだけを選択して、検索を絞り込むことができます。

8

初回検索では、結果が広範囲にわたるように思えます。どうしてフィルターを使用して絞り込まなければならないのですか?

名前の一部しかわからない場合や、検索対象のパッケージの名前を推測しなければならない場合があります。そのため、初回検索では検索条件を少なくして、広範囲にわたる結果が返されるようになっています。

9

このツールは誰でも使えるのですか?

その通りです。OSPAT には誰でもアクセスできます。

10

作業で必要なリポジトリーが検索オプションの中に見当たりません。OSPAT での検索は、オプションに表示されているディストリビューションに限定されているのですか?

そうです。OSPAT は、最もよく使われている Linux ディストリビューション上で明示的にサポートされているパッケージを最初の注目の的とすることを主な目的としています。ただし、今後のリリースで他のリポジトリーも追加される予定です。

11

検索対象のディストリビューションによって、結果に表示されるリンクから直接パッケージにアクセスできない場合があるのはなぜですか?

一部のディストリビューションでは、Linux バージョンのベース・インストールを無料で提供しています。その一方で、サービス契約の下でのみ、フィックスやプレミアム・パッケージを提供しているディストリビューションもあります。OSPAT は、パッケージが利用可能であることを確認する検索エンジンですが、目的のパッケージにアクセスするために事前にサービス契約を結ぶかどうかはユーザー次第です。

12

OSPAT のサポート・レベルはどうなっていますか?

OSPAT は、IBM developerWorks の標準的な利用規約の下で「現状のまま」無料で提供されます。チケットや e-メールによるサポートは提供されません。ただし、モニターされている OSPAT フォーラム内で、OSPAT の開発その他に関わることができます。

13

特定のディストリビューション上で Linux on POWER 用に利用できることがわかっているパッケージが検索結果として返されません。どうしてですか?

OSPAT は各種のディストリビューションをスケジュールに従ってスキャンして、一時データベースを構築します。検索した時点で、OSPAT がそのパッケージの情報をまだ収集していなかったことが考えられます。各ディストリビューションのスキャンは毎週 1 回行われます。特定のパッケージが OSPAT 内で依然として見つからない場合は、OSPAT ディスカッション・フォーラムに質問を送信して、OSPAT 開発チームに知らせることができます。

14

OSPAT に今後追加される機能を概説しているロードマップはありますか?

現在、この情報は一般公開されていません。

15

特定のリポジトリーを検索するために OSPAT を利用できるようにしたいのですが、このリクエストを OSPAT 開発チームに伝えるにはどうすればよいですか?

開発チームは OSPAT ディスカッション・フォーラムに送信された提案を読んで検討しています。ただし、リクエストされたデータベース項目を一般公開する以前に、リクエストした本人にこの件に関してお知らせを送信することはありません。

16

OSPAT はリトルエンディアン (LF) パッケージの検索結果を表示しますが、ビッグエンディアン (BE) パッケージも検索するようになりますか?

いいえ。POWER の Linux オペレーティング・システム (OS) サポートでは、LE が増加の傾向にあります。そのため、OSPAT 検索エンジンは LE を念頭に作成されています。

17

存在することがわかっているパッケージを検索したところ、検索結果として返されませんでした。どうしてですか?

場合によっては、このツールは入力された検索語との完全一致だけを検索します。検索対象のパッケージが見つかる可能性を高くするには、検索語にアスタリスク (*) ワイルドカードを使用してみてください。それでも検出されない場合は、質問 13 の回答に該当する可能性があります。


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Linux
ArticleID=1041330
ArticleTitle=Open Source POWER Availability Tool
publish-date=01192017