Knative 入門: Knative の知識に身に付けるための演習

最新のサーバーレス・ワークロードのビルド、デプロイ、管理に対応する Kubernetes ベースのプラットフォームの紹介

Comments

現在、Kubernetes とサーバーレスのコミュニティーでは Knative という新しいオープンソース・プロジェクトが大きな話題となっています。すでに Kubernetes を使用している開発者は実感すると思いますが、Knativeは、インフラストラクチャーに対処する負担を軽減し、ビジネス・ロジックに焦点を絞りたいと思っているアプリケーション開発者にとって絶好のプラットフォームです。

Knative は IBM、Google、Pivotal、Red Hat、Cisco、その他の企業による共同プロジェクトであり、IstioKubernetes をベースに開発されています。 Knative を構成しているのは、Kubernetes 上でサーバーレス・アプリケーションを可能にする Serving、Build、Evening という 3 つの基本コンポーネントです。Serving コンポーネントは、アプリケーションの処理、トラフィックの管理、ルーティングと自動スケーリングに対応します。Build コンポーネントでは、ソース・コードからイメージをビルドするところからクラスター上にデプロイするまでの一連のステップを作成できます。さらに Eventing コンポーネントにより、イベントのプロデューサーとコンシューマーを作成できるようになっています。この 3 つのコンポーネントはいずれも、他のコンポーネントで使用したりベースとしたりできる共通のパターンとベスト・プラクティスを特定することを目的としています。

Knative の主なユーザーとして意図されているのは開発者とプラットフォーム・プロバイダーです。開発者は Knative を直接 (あるいは API を介して) 使用して、Kubernetes を基盤にサーバーレス・アプリケーションを構築できます。一方、プラットフォーム・プロバイダーは Knative のプリミティブを使用して、Kubernetes 上に独自のサーバーレス・プラットフォームを構築できます。

このチュートリアルは、Knative とその各種の機能とコンポーネントについて学ぶための導入部です。下のリンクをクリックして、一連の演習に取り組んでください。これらの演習をひと通り終えると、次の方法がわかるようになります。

  • IBM Cloud Kubernetes Service (IKS) 上で新しいクラスターを作成する
  • 作成した Kubernetes クラスターに Istio と Knative をインストールする.
  • 使用中はスケールアップし、使用されなくなるとゼロまでスケールダウンする Node.js application を Knative にデプロイする
  • ルーティング・ルールを簡単に作成できる knctl ツールを使いこなし、さらに高度な方法でアプリケーションを Knative にデプロイする

ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing
ArticleID=1066329
ArticleTitle=Knative 入門: Knative の知識に身に付けるための演習
publish-date=07252019