Jakarta EE と MicroProfile

オープン Java テクノロジーを使用してクラウド・ネイティブのアプリケーションを作成、デプロイする

Comments

長年にわたる Java プラットフォームの歴史の中で、最新の複雑なアプリケーションを実現できるよう開発者を支援する、多くの優れたフレームワークの数々がリリース (および更新) されてきました。長い間、ミッション・クリティカルなエンタープライズ・アプリケーションを開発するためのプラットフォームとしては、Java EE が首位の座を占めています。このような状況の中、主要なソフトウェア・ベンダーの数々が協力して、クラウド・ネイティブのアプリケーション開発を加速化させるために Java EE テクノロジーを Eclipse Foundation に移行する取り組みを行っています。Eclipse Foundation への移行後、Java EE テクノロジーは Jakarta EE ブランドとして進化していくことになります。

クラウド・ネイティブ開発を導入する

Eclipse MicroProfile は、Enterprise Java をマイクロサービス・アーキテクチャー用に最適化することを目的としたプロジェクトです。MicroProfile では既存の Java EE ツール (JAX-RS、CDI、JSON-P など) を利用して、それらのツールに新しいツールを統合することで、マイクロサービス・アーキテクチャー向けに最適化されたベースライン・プラットフォームを作成しています。共通性があるところでは、MicroProfile によってコラボレーションが可能になります。共通性を通じてベースライン・プラットフォームを定義することで、開発者がアプリケーションの移植性を利用して、さまざまな実装を選べるようになります。

このリンク先のガイド「Introduction to MicroProfile」で、クラウド・ネイティブのマイクロサービスの開発および管理に MicroProfile がどのように役立つかを解説しています。

Open Liberty を利用してアプリの開発を後押しする

Open Liberty には、実証された Java EE 8 テクノロジーと、マイクロサービスの作成を目的とした最新の Eclipse MicroProfile の機能が用意されています。Open Liberty を利用すれば、クラウド・ネイティブのアプリとマイクロサービスをこれまでになく効率的に構築できます。必要な機能だけを実行できる Open Liberty で目標とされているのは、開発者の作業の妨げになることなく、ジョブを完了するために必要なものだけを提供することです。

Open Liberty について学び、その詳細を探るには、このリンク先の「Open Liberty Guide」で実践的に体験してください。


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Java technology
ArticleID=1064236
ArticleTitle=Jakarta EE と MicroProfile
publish-date=01102019