目次


IBM Watson Studio 対応の Spark サービスを作成する

IBM Watson Studio 上の Jupyter ノートブック内で利用するための Spark サービスを追加する方法

Comments

以前の IBM Watson Studio (旧 Data Science Experience) のリリースではデフォルトで、Apache Spark サービスを利用できるようになっていました。けれどもこの設定は不要であったり非効率であったりする場合が多かったため、デフォルトの Spark サービスは 2018 年 3 月 20 日に削除されました。けれども Spark サービスが必要だとしたら、このチュートリアルに従って追加できます。

学習の目的

Spark サービスを Watson Studio 上の Jupyter ノートブックで利用できるようにセットアップする。

前提条件

Watson Studio アカウントにログインします。アカウントがまだなければ、作成してください。

所要時間

15 分以内で完了します。

手順

Spark サービスをプロジェクトに追加する

  1. Watson Studio 内でプロジェクトをセットアップします。
  2. プロジェクト内で、「Settings (設定)」タブに切り替えます。「Associated Services (関連サービス)」までスクロールダウンし、「+ Add service (サービスの追加)」 > 「Spark」 の順に選択します。 Spark サービスを Watson Studio に追加するダイアログのスクリーンショット
    Spark サービスを Watson Studio に追加するダイアログのスクリーンショット
  3. 既存の Spark サービス・インスタンスを選択するか、新しいインスタンスを作成します。 Spark サービス・インスタンスを選択するダイアログのスクリーンショット
    Spark サービス・インスタンスを選択するダイアログのスクリーンショット

ノートブックを作成して Spark サービスを選択する

  1. ノートブックを作成するときに、このプロジェクトに関連付けた Spark ランタイムを選択します。 ノートブックを作成して Spark サービスを選択するダイアログの一部を示すスクリーンショット
    ノートブックを作成して Spark サービスを選択するダイアログの一部を示すスクリーンショット
  2. 「Create Notebook (ノートブックの作成)」ボタンをクリックします。 ノートブックを作成するダイアログのスクリーンショット
    ノートブックを作成するダイアログのスクリーンショット

まとめ

これで、ノートブック内で Apache Spark サービスを利用できるようになったはずです。


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=ビジネス・アナリティクス, Cognitive computing
ArticleID=1065474
ArticleTitle=IBM Watson Studio 対応の Spark サービスを作成する
publish-date=04112019