Java プラットフォーム

オープン Java エコシステムを有効利用してクラウド・ネイティブ・アプリケーションを開発する

Comments

最近のアプリケーションに必要となるリッチなユーザー・インターフェース、パフォーマンス、移植性、セキュリティーのすべてを提供するエンタープライズ開発において、Java プログラミング言語は圧倒的によく使われている言語です。

Java に加え、Java 仮想マシン (JVM) 上で動作する言語としてよく使われているプログラミング言語もあります。その代表格は ScalaKotlinGrovvy ですが、他にも特定のプログラミングまたは関数の要件に対処する言語があります。

Java プラットフォームが最新のアプリケーション開発に適合したプラットフォームになるよう、Java には常にテクノロジーの改善が重ねられています。こうした改善の一例が、Java アプリケーションをクラウド内でコスト効率良く実行できるように最適化された Eclipse OpenJ9 JVM です。

最良のオープンソース実装を利用する

OpenJDK は、Java プラットフォームとその関連プロジェクトのオープンソース実装を共同で開発する場です。OpenJDK は最良のオープンソース Java 実装を提供し、外部のコントリビューターに、このコミュニティーに参加するよう促しています。

OpenJDK では Eclipse OpenJ9 JVM を、エンタープライズ対応のオープンソースの選択肢として提供しています。このリンク先の OpenJ9 のページで、今すぐ OpenJ9 JVM を導入して、このコミュニティーに参加してください。

ここから Java ランタイムを入手できます

このリンク先の AdoptOpenJDK のページに用意されている事前ビルドされた安定性の高い OpenJDK バイナリーを使用すれば、既存の OpenJDK を利用して最大限の品質のテスト・スイートを揃えることができます。サポート対象のプラットフォームには、ARM 32/64 (aarch 32/64)、Linux x64、Windows、Solaris (Intel)、MacOS、およびその他いくつかの Linux バリアントが含まれます。


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Java technology
ArticleID=1064981
ArticleTitle=Java プラットフォーム
publish-date=03072019