目次


developerWorks の最前線から: 2014 年のオープン・テクノロジー関連のベスト・コンテンツ

Comments

最近の developerWorks に注目してきた方であれば、多くのスペースが IBM Bluemix に割かれていることにおそらくお気づきのことでしょう。確かに developerWorks では、このクラウドに十分注力していますが、だからといって読者が関心を持っている他の分野を取り上げるのをやめたわけではありません。Famo.us や Polymer のようなオープン・フレームワークから Java 8 での新しい開発まで、皆さんが読みたくなるような技術記事を以前と変わらず用意しています。

developerWorks の開設 15 年 (私自身はまだ 14 年ですが) をお祝いするにあたり、今年皆さんが見逃したかもしれない技術コンテンツのいくつかを簡単に紹介したいと思います。

技術に関する全体的な様相が、これほど刺激的だったり複雑だったりしたことはありません。

Famo.us を使用してハイパフォーマンスのモバイル UI を作成する

長年にわたるコントリビューターである Sing Li 氏は、モバイル・テクノロジーや Web テクノロジーの分野で専門知識を提供し続けてくれています。今年、彼が作成したチュートリアルには、人気のある新しいいくつかのフレームワークに関するものがあります。これらのフレームワークのなかで最も印象的なのが、オープンソースの UI レンダリング・フレームワークである Famo.us です。Famo.us には、JavaScript と Web テクノロジーがモバイル開発シーンを席巻するのを最後まで妨げているボトルネックの一部 (応答性の悪い UI、貧弱なユーザー・エクスペリエンス) を取り除くことが期待されています。

Famo.us の内部で処理がどのように行われるかを示す図
Famo.us の内部で処理がどのように行われるかを示す図

このチュートリアルでは、Sing は Famo.us の基本概念を紹介し、その設計について探った後、実際に動作するいくつかのサンプル・アプリケーションで実践します。そのなかには、Famo.us を使用して開発を行うためのアプリケーション・テンプレートとして使用できる、標準的なモバイル・アプリの UI も含まれています。

Java 8 言語での変更内容

developerWorks の常連のコントリビューターである Dennis Sosnoski 氏は、ラムダ式、そしてインターフェース・クラスに加えられた変更によって Java 8 がどのような点で新しい言語になっているかについて優れた洞察を行っています。彼は、Oracle の Java 言語アーキテクトである Brian Goetz 氏による舞台裏の解説のかなりの部分を駆け足で探りました。Java 8 言語での変更は穏やかなものであり、変更が適切に構成されることを確実にするために、いくつかの小さな変更が行われる結果となりました。

次に採用する JVM 言語を選択する

今年の始め、人気の絶えない Neal Ford 氏は、連載「Java.next」を締めくくりました。この連載では Java 開発者が自分たちの近い将来を垣間見ることができるように、3 つの次世代 JVM 言語 ― Groovy、Scala、Clojure ― について、新しい機能やパラダイムを比較対照することで、詳しく探っています。この最終回のチュートリアルで、Neal は皆さんの開発作業に適した言語を選択する上で判断基準となるさまざまな要素について検討しています。

言語の型付けの特徴を示す図
言語の型付けの特徴を示す図

Polymer を導入して Web Components による革命に参加する

Sing Li 氏は、私のセレクションでの 2 度目の登場となります。それは、彼が素晴らしい内容を取り上げて、とても上手く説明しているという正当な理由からです。新しく登場した Web Components 標準を利用する、クロスプラットフォームのオープンソース・フレームワーク Polymer に関するこのチュートリアルを例にとると、彼はPolymer の Web コンポーネントを使用する方法を紹介しつつ、このライブラリーについて非常に詳しく説明しており、簡単な地図アプリケーションを作成することによって (当然のことながら、ソース・コードを提供して) 締めくくっています。

Polymer によるインタラクティブな地図アプリケーション
Polymer によるインタラクティブな地図アプリケーション

Java 8 での並行処理の基礎

もう 1 人、2 度目の登場となるのは、「JVM の並行性」を連載している Dennis Sosnoski 氏です。彼が解説しているように、並行処理を適切に実装するのは難しい場合があるため、彼は Java や Scala で実装された新しい並行プログラミング手法を読者が理解できるよう手助けをしています。このチュートリアルでは、並行処理プログラムの作成を容易にする Java 8 の機能とクラスにフォーカスしています。

MEAN をマスターする

この新しい連載の最初の 3 回分を公開したところですが、触れておかなければならないことは、Scott Davis 氏がまた寄稿してくださってとても嬉しいということです。この連載は長いこと検討されてきており (Scott と私は数年ごとにこうした検討を行って繰り返していて)、素晴らしい連載になると思っています。実際の連載では、最初の 6 回で完全に機能するアプリケーションを作成し、7 回目のチュートリアルで MEAN と Bluemix を appstravaganza 内で混在させる予定です。

ローカル MEAN.JS アプリケーションのホーム・ページのスクリーンショット
ローカル MEAN.JS アプリケーションのホーム・ページのスクリーンショット

まとめ

ここまで読んでいただくと、developerWorks ではこれまでと変わらずに、新しい技術や興味深い技術に関する深い内容の技術コンテンツを届けようと、一生懸命取り組んでいることがおわかりになるでしょう。私は常に、アイデア、売り込み、提案、フィードバックを必要としているので、遠慮なく私を Twitter でフォローして皆さんの考えをお聞かせください。


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Java technology, Web development, Open source
ArticleID=993627
ArticleTitle=developerWorks の最前線から: 2014 年のオープン・テクノロジー関連のベスト・コンテンツ
publish-date=12252014