Java Web サービス, WS-SecureConversation のパフォーマンス

WS-SecureConversation を使用した場合のパフォーマンスを異なる Web サービス・スタックで比較する

developerWorksアーカイブより

Dennis Sosnoski

アーカイブ日付: 2017年 07月 26日 | 初版: 2010年 6月 22日

WS-SecureConversation によって、進行中の Web サービス・メッセージ交換を単純な WS-Security よりも少ない処理オーバーヘッドでセキュアにすることができます。この記事では、Apache Axis2、Metro、Apache CXF という代表的な 3 つのオープンソースの Java™ Web サービス・スタックで WS-SecureConversation を構成して使用する方法を説明します。さらに、この 3 つのスタックで WS-SecureConversation を使用した場合のパフォーマンスの違いを調べます。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Java technology, SOA and web services, Open source
ArticleID=500763
ArticleTitle=Java Web サービス: WS-SecureConversation のパフォーマンス
publish-date=06222010