Java 技術、IBM スタイル, Java 技術の新たな時代

Oracle 仕様のハイライト、そして IBM がパフォーマンス、信頼性、保守容易性に与える付加価値

developerWorksアーカイブより

Chris Bailey

アーカイブ日付: 2017年 07月 26日 | 初版: 2010年 4月 20日

Java™ SE 7 の待望の最終リリースでは、Java 言語および仮想マシンの主要な側面のすべてで機能が強化されると期待されています。Oracle と IBM ではすでに、それぞれの Java SE 7 実装について検討およびフィードバックができるように Early Access 版ダウンロードをリリースしています。この記事では IBM Java Technology Center で Java サービス・ストラテジーのアーキテクトを務める Chris Bailey が、Oracle 仕様による変更、そして IBM が提供する付加価値による変更の両面から、新規リリースの内容を紹介します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Java technology
ArticleID=490589
ArticleTitle=Java 技術、IBM スタイル: Java 技術の新たな時代
publish-date=04202010