関数型の考え方, Either ツリーとパターン・マッチング

Either と Generics を使用して、Java で Scala スタイルのパターン・マッチングを作成する

developerWorksアーカイブより

Neal Ford

アーカイブ日付: 2017年 07月 26日 | 初版: 2012年 8月 09日

Scala では、パターン・マッチングに基づいてディスパッチを実行することができます。これは、Java 開発者にとってはかなり羨ましい機能です。今回の記事では、Pure Java において標準的なデータ構造と Generics を組み合わせて、パターン・マッチングのような構文を使用する方法を説明します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Java technology
ArticleID=829141
ArticleTitle=関数型の考え方: Either ツリーとパターン・マッチング
publish-date=08092012