データウェアハウス(DWH)設計ガイド

第4章 大規模ワークロードの管理

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: データウェアハウス(DWH)設計ガイド

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:データウェアハウス(DWH)設計ガイド

このシリーズの続きに乞うご期待。

第4章 目次

  • 大規模DBにおけるワークロード管理の必要性
  • DB2 Workload Manager V9.5とは
  • DB2 Workload Managerの利用例
    • サービスクラスの作成とワークロードの分類
    • Threshold(しきい値)評価
    • Work Action Setを利用する
    • AIX WLMと連携した実行優先度の調整
    • WLMに関連するイベント・モニター
    • 使用例① Thresholdに抵触したアクティビティーのモニター
    • 使用例② WLM統計情報の利用
  • 参考:Performance ExpertによるWLM情報の参照

ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Information Management
ArticleID=376353
ArticleTitle=データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第4章 大規模ワークロードの管理
publish-date=03172009