目次


カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編

DB2 クエリー・パトローラー-第三話

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編

このシリーズの続きに乞うご期待。

はじめに

前回までにDB2 クエリー・パトローラーの製品概要および具体的な使い方をご紹介しました。

第三回目の今回はDB2 クエリー・パトローラーのセット・アップ方法をご紹介します。

今回ご紹介するのは、Windows 2000にセット・アップする方法です。

DB2 クエリー・パトローラー V7.2は、AIX、Solaris、Windows NT、Windows 2000、HP-UX、NUMA-Q/(DYNIX/ptx) の各プラットフォームに対応しています。

DB2 クエリー・パトローラー・サーバーのインストール

DB2 クエリー・パトローラー・サーバーをインストールする前に、DB2 エンタープライズ拡張エディションまたはDB2 エンタープライズ・エディションがインストールされている必要があります。

ここでは、DB2 エンタープライズ・エディションがインストールされていて、DB2 クエリー・パトローラー・サーバーによって管理する照会の対象となるデータベース”SAMPLE”が存在しているものとして説明をすすめます。

  1. Windowsの管理ユーザー・アカウントでシステムにログオンします。
  2. DB2を含む全てのアプリケーション・プログラムを終了します。
  3. 「DB2 クエリー・パトローラー Windows版 バージョン 7.2」のCD-ROMをドライブに挿入します。
  4. 自動実行機能によってセットアップ・プログラムが開始されない場合は、x:\setup.exeコマンドを入力して、手作業でセットアップ・プログラムを開始します。なお、x:はCD-ROMドライブです。
  5. ランチパッドの「インストール」をクリックしてインストールを開始します。
  6. 「次へ」をクリックして先へ進めます。
  7. インストール・タイプは「通常」のままで、「次へ」をクリックして先へ進めます。
  8. DB2 クエリー・パトローラーで使用するユーザー“IWM”のパスワードを入力します。 ユーザー”IWM”はここで新規に作成されます。
  9. 「次へ」をクリックして先へ進めます。
  10. データベース名は”SAMPLE”を選択します。
  11. 「次へ」をクリックして先へ進めます。
  12. 「次へ」をクリックすると、インストールが実行されます。
  13. 「終了」をクリックしてインストールを終了します。

DB2 クエリー・パトローラー・システム管理ワークステーションのインストール

DB2 アドミニストレーション・クライアント Windows版 バージョン 7.2」のCD-ROMを使用してDB2 クライアントをインストールするときにDB2 クエリー・パトローラー・システム管理ワークステーションとして設定できます。

カスタム・インストールを選択して「DB2 クエリー・パトローラー・クライアント」構成要素の次の4つの副構成要素を選択します。その他の構成要素、副構成要素は必要に応じて選択します。

  • QueryMonitor
  • ツール トラッカー・ツール
  • QueryAdminツール
  • QueryEnablerツール

ヒント:

クエリー・パトロー ラーを使用しない ことが分かってい る場合は、これら の副構成要素を 選択解除します。

DB2 クエリー・パトローラー・システム管理ワークステーションの構成

通常と同じように、DB2 サーバー(DB2 クエリー・パトローラー・サーバー)のSAMPLEデータベースに接続できるようにクライアント/サーバー間通信を構成します。

  • 詳しくはDB2マニュアル「インストールおよび構成 補足」をご覧下さい。

DB2 クライアントのインストール

DB2 アドミニストレーション・クライアント Windows版 バージョン 7.2」のCD-ROMを使用してDB2 クライアントをインストールするときにDB2 クエリー・パトローラー・クライアントの構成要素を一緒にインストールできます。

カスタム・インストールを選択して「DB2 クエリー・パトローラー・クライアント」構成要素の次の2つの副構成要素を選択します。その他の構成要素、副構成要素は必要に応じて選択します。

  • QueryMonitorツール
  • QueryEnablerツール

ヒント:

クエリー・パトロー ラーを使用しない ことが分かってい る場合は、これら の副構成要素を 選択解除します。

DB2 クライアントの構成

通常と同じように、DB2 サーバー(DB2 クエリー・パトローラー・サーバー)のSAMPLEデータベースに接続できるようにクライアント/サーバー間通信を構成します。

詳しくはDB2マニュアル「インストールおよび構成 補足」をご覧下さい。

データベースの構成

DB2 クエリー・パトローラーの機能を有効化するために、対象のデータベース(SAMPLEデータベース)の構成を行います。

具体的には、データベース構成パラメーターの”DYN_QUERY_MGMT”を”ENABLE”に設定します。

設定に先立ち、DB2 サーバー(DB2 クエリー・パトローラー・サーバー)において、DB2コマンド・ウィンドウから次のコマンドを実行してDB2 インスタンスを開始しておきます。

db2start

DB2 サーバー(DB2 クエリー・パトローラー・サーバー)において、DB2 コマンド行プロセッサーから次のコマンドを実行することによって設定します。

UPDATE DB CFG FOR SAMPLE USING DYN_QUERY_MGMT ENABLE

UPDATE DATABASE CONFIGURATIONコマンドについて詳しくはDB2マニュアル「コマンド解説書」をご覧下さい。

ユーザー・プロファイルの作成

DB2 クエリー・パトローラー・サーバーに対して照会を実行するユーザーには、ユーザー・プロファイルを作成する必要があります。

DB2 サーバー(DB2 クエリー・パトローラー・サーバー)において、DB2コマンド・ウィンドウから次のコマンドを実行してDB2 インスタンスおよびDB2 クエリー・パトローラーを開始しておきます。

db2start
dqpstart

DB2 クエリー・パトローラー・システム管理ワークステーションにおいて、 「スタート」 → 「プログラム」 → 「IBM DB2」 → 「DB2 クエリー・パトローラー」 → 「QueryAdmin」 と順に操作し、QueryAdminツールを起動します。

ユーザー”IWM”でログインします。

「ユーザー管理」タブで「新規」ボタンを押して、ユーザー・プロファイルを作成します。

  • ユーザーID:ユーザーまたはグループのID
  • タイプ:プロファイルがユーザーのものかグループのものか
  • コスト分析:コスト分析を迂回させることも可能
  • 権限レベル:ユーザーまたはグループの権限レベル
  • 最大照会数:同時実行ジョブの最大数
  • 低/通常/高優先度:ジョブ・スケジュールの順序に反映
  • ユーザーしきい値:コストがこれを超過するとそのジョブは保留状態になる
  • 管理しきい値:コストがこれを超過する動的SQL照会はQueryEnabler構成要素によってトラップされる
  • 最大経過時間/最大結果行数:0は無制限
  • アカウントID:会計情報で利用
  • 電子メール・アドレス:ジョブ完了通知のアドレス

ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Information Management
ArticleID=320704
ArticleTitle=カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第三話
publish-date=11302005