目次


IBM Bluemix DevOps Services 概要

Comments

Systems of Engagement (SoE)の領域を成功に導くには、変化を続けるマーケットのニーズを的確に捉え、素早くビジネス化することが重要です。言い換えれば、素早いビジネス開始を実現する"スピード"感と、マーケット・ニーズの変化に対応する"柔軟性"という二つの要件の両立が求められているのです。クラウド・プラットフォームは、リーズナブルなコストで素早くIT環境の構築を可能とするその特長から、SoEを支える最適なIT基盤として見なされています。

最近耳にする機会が増えてきたクラウド・ネイティブ・アプリケーションやクラウド・ネイティブ・アプリケーション・アーキテクチャーとは、SoEを支えるIT基盤としてのクラウド・プラットフォームに最適化されたアプリケーションであったり、その拠って立つアーキテクチャーのことを意味します。クラウド・プラットフォームとクラウド・ネイティブ・アプリケーションが車の両輪となって、SoEを具現化するという訳ですね。

多くの製品、技術、設計思想から形作られてきたクラウド・プラットフォームと同様に、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの世界も、Microservicesやアジャイル開発、継続的デリバリーなど様々な技術的要素から形成されています。実際にクラウド・プラットフォームに適したアプリケーションを開発・運用するに際し、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの主要な考え方を理解しておくことが重要です。

そこで本稿では、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの動機を示した上で、主要な技術要素としてMicroservicesと継続的デリバリーを解説します。続いてそれらを実践するIBMソリューションとしてIBM Bluemix DevOps Servicesを概観し、デモンストレーションをご覧頂きます。

本稿は次の2つから構成されます。

BluemixDevOps Services 概要

なぜCloud Native Application Architectureが重要なのか理由を解説の上で、Microservicesと継続的デリバリーを概説し、そしてBluemix Open Toolchainsが如何にCloud Nativeの世界を実現するか説明します。また、最後にBluemix Garageをご紹介します。

目次

  • SoEを具現化するためのアプローチ~クラウド・ネイティブな開発スタイルとは何か~
  • Microservices概要
  • クラウド・ネイティブなアプリケーション・ライフサイクル管理~継続的デリバリーとOpen Toolchains~
  • Bluemix Garageのご紹介

BluemixOpen Toolchains デモンストレーション

Open Toolchainsの導入、使い方、サンプル・シナリオに則ったMicroservicesアプリケーションの開発・運用を概観するデモ・ビデオとなっています。

1

Open Toolchainsの作成と構成

この動画では、Open Toolchainsの作り方と構成方法をご覧いただきます。
例としてMicroservices用のテンプレートを用い、IBMのみならず3rdベンダー様作成のツールの構成方法もお見せします。

2

デモ・アプリケーションの紹介

この動画では、Open Toolchainを使って開発運用するアプリケーションをご紹介します。
このアプリケーションは、Open ToolchainsのMicroservices用テンプレートにふくまれているものであり、3つのサービスから成るインターネット・ショッピング・サイトをイメージしています。

3

Open Toolchainsのツールの紹介

この動画では、今回のデモンストレーションでOpen Toolchainsに組み込まれているIBMや3rdベンダーのツールを紹介します。

4

課題管理

これ以降5つの動画にて、Open Toolchainsを利用した継続的デリバリーの進め方をデモします。
アプリケーション開発者によるケアレスミスでアプリケーションに混入したバグを取り除くというストーリーです。

4-1. 課題管理: アプリケーション開発

この動画では、WebIDEとGitを使ってアプリケーションを開発、メンテナンスする様子をご覧いただきます。
ここで、アプリケーション開発者のケアレスミスにて、アプリケーションにバグが混入してしまいます。

4-2. 課題管理: 障害の通知

アプリケーション・プログラムのソースコードをGitにコミットすることで、自動的にビルド/テスト/デプロイが始まる様子、そして何らかの問題があった場合、どのような形態で障害が通知されるのか、デモンストレーションする動画です。
ここで、アプリケーション開発者のケアレスミスで混入したバグが発見され、アプリケーション開発者に通知されます。

4-3. 課題管理: 課題の作成

この動画では、通知された障害を基に、アプリケーション開発者がGit Issuesにチケットをオープンする様子をデモします。

4-4. 課題管理: 障害の修正

この動画では、アプリケーション開発者がWebIDEとGitを用いて、バグを修正する様子をご覧いただきます。

4-5. 課題管理: 課題のクローズ

この動画では、バグが修正されたことを受けて、Git Issues上の課題をクローズする様子をご覧いただきます。


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing
ArticleID=1046980
ArticleTitle=IBM Bluemix DevOps Services 概要
publish-date=07142017