シングル・サインオンをクラウドに拡張する

シングル・サイオンオンを企業からクラウドに拡張する方法のコアとなる概念を理解する

developerWorksアーカイブより

Kunal Mittal

アーカイブ日付: 2017年 07月 26日 | 初版: 2012年 11月 22日

シングル・サイオンオン (SSO) により、企業はさまざまなアプリケーションに対して一貫性のある方法でアクセス制御ポリシーを施行することができます。SSO を企業からクラウドに拡張する方法のコアとなる概念について説明するこの記事では、データ・センターで実行する従来のアプリケーションと SaaS アプリケーションとの間で SSO を実現するためのいくつかの異なるメカニズムを紹介します。この記事で取り上げるトピックには、SAML、OAuth、従来のエージェント・ベースの SSO なども含まれますが、特に SaaS (Software as a Service) プロバイダーによって標準をサポートするレベルが異なるために SSO の実装が複雑になることに焦点を当てて概括します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing
ArticleID=846539
ArticleTitle=シングル・サインオンをクラウドに拡張する
publish-date=11222012