アクセス不可能になったインスタンスを QEMU を使用してリカバリーする

QEMU または IBM SmarterCloud Enterprise の機能を利用して、災害発生後のシステムでイメージのリカバリーを行う

developerWorksアーカイブより

Claudiu Popescu 共著 Mihai Criveti

アーカイブ日付: 2017年 07月 26日 | 初版: 2012年 11月 22日

何らかの問題が発生して、IBM SmarterCloud Enterprise 上の Linux インスタンスにアクセスできないものが見つかったとしたら、どうしますか?この記事では、アクセス不可能になった Linux インスタンスをリカバリーする手順を説明します。その手順とは、プライベート・イメージを取り込み、そのイメージを永続ストレージにコピーし、QEMU を使用してイメージをブートするか kpartx でイメージをマウントして問題を修正した後、クラウドに再びインポートするというものです。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing, Linux
ArticleID=846121
ArticleTitle=アクセス不可能になったインスタンスを QEMU を使用してリカバリーする
publish-date=11222012