目次


IBM Workload Plug-in Development Kit を使用する

仮想アプリケーション・パターンを作成するための 4 つの基本タスク

Comments

この記事では、IBM Workload Plug-in Development Kit と仮想アプリケーション・パターンを理解するために、以下の 4 つの基本タスクを行います。

  • Eclipse でサンプル環境を構築する
  • コマンドラインから新規プラグイン・プロジェクトを作成する
  • コマンドライン・ツールを使用して 1 つのプラグインとパターン・タイプをビルドする
  • Eclipse フレームワークでプラグインを作成する

Eclipse でサンプル環境を構築する

以下のステップに従って Eclipse 開発環境を構築し、サンプルを使用できるようにします。

作業を始める前に、以下のバージョンを使用していることを確認してください。

  • Eclipse V3.6.2、32 ビット。JEE (Java Enterprise Edition) バージョンが推奨です。
  • JDK 1.6、32 ビット
  1. PDK の plugin.depends プロジェクトと hello サンプル・ソース・プロジェクトをインポートします。
    1. 新規ワークスペースを作成して Eclipse を起動します。
    2. 「File (ファイル)」 > 「Import (インポート)」 > 「General (一般)」 > 「Existing Projects into Workspace (既存プロジェクトをワークスペースへ)」の順に選択します。
    3. 「Select root directory: (ルート・ディレクトリーの選択:)」を選択します。「Browse (参照)」ボタンを使用して、pdk-<バージョン番号>.zip ファイルをダウンロードして解凍した iwd-pdk-workspace ディレクトリーを検索し、選択します。
    4. plugin.depends と 4 つのサンプル・プロジェクトを選択します。
    インポートが完了すると、以下のプロジェクトがワークスペースにあるはずです。
    • patterntype.hello
    • plugin.com.ibm.sample.hclink
    • plugin.com.ibm.sample.hello
    • plugin.com.ibm.sample.hellocenter
    • plugin.depends
  2. このワークスペースで、すべてのプラグインをビルドします。plugin.depends プロジェクトにナビゲートし、Ant スクリプト build.xml を実行します。Ant を実行するためには、このファイルを右クリックして「Run As (実行)」 > 「Ant Build (Ant ビルド)」の順に選択します。
  3. hello パターン・タイプをビルドします。patterntype.hello プロジェクトにナビゲートし、build.patterntype.xml スクリプトを実行します。
  4. patterntype.hello プロジェクトを更新します。これにより、export という新しいフォルダーが表示されるので、この export フォルダーにナビゲートすると hello-2.0.0.2.tgz というパターン・タイプ・ファイルがあります。

コマンドラインから新規プロジェクトを作成する

最初に以下の作業を行う必要があります。

  1. cd コマンドを使用して、カレント・ディレクトリーをワークスペースの plugin.depends プロジェクト・ディレクトリーに変更します。
  2. ANT_HOME 環境変数を設定します。Eclipse をインストールした eclipse/plugins/org.apache.ant_1.7* で Ant を使用することができます。この Ant スクリプトを Eclipse から呼び出すこともできます。
  3. plugin.depends プロジェクトの create.plugin.project.xml を右クリックし、「Run As (実行)」 > 「Ant Build (Ant ビルド)」の順に選択します。
  4. 「Main (メイン)」タブをクリックします。「argument (引数)」セクションで、-Dproject.name=jp1 の場合のさまざまな値を入力します。この入力方法について以下のステップで説明します。

以下の手順で新規プラグイン・プロジェクトを作成します。

  1. 新規テンプレート・プラグイン・プロジェクトを作成します。project.name プロパティーはオプションであり、このプロパティーを指定しない場合、値はデフォルトで plugin.name に設定されます。
    ant -Dproject.name=tp1 -Dplugin.name=a.b.c.template -f 	create.plugin.project.xml
  2. 以下の手順で新規 Java プラグイン・プロジェクトを作成します。
    1. パッケージ名を含めない場合: (.java ファイルの名前が Java クラス名である前提です)
      ant -Dproject.name=jp1 -Dplugin.name=a.b.c.java -
      Djava.classname=MyPlugin -f create.plugin.project.xml
    2. パッケージ名を含める場合:
      ant -Dproject.name=jp2 -Dplugin.name=a.b.c.java -
      Djava.classname=a.b.c.MyPlugin -f create.plugin.project.xml
  3. コマンドが成功したかどうかを確認します。新規に作成したプロジェクトをワークスペースにインポートします。プラグイン・プロジェクト (例えば jp1) をビルドするためには、プロジェクト jp1 の build.plugin.xml を見つけて右クリックし、「Run As (実行)」 > 「Ant Build... (Ant ビルド)」 … の順に選択し、最終的に「clean (クリーン)」、「publish (公開)」を選択して実行します。それと等価な Ant コマンドを実行するためには、プロジェクト jp1 のディレクトリーで以下のコマンドを実行します。
    ant -f build.plugin.xml clean publish

export ディレクトリーに a.b.c.java-<バージョン番号>.tgz プラグインが作成されるはずです。

コマンドライン・ツールを使用して 1 つのプラグインとパターン・タイプをビルドする

作業を始める前に、この記事では以下のものがインストールされているものとします。

  • Ant ビルド環境バージョン 1.7.1 またはそれ以降のバージョン
  • Linux コンソールや Windows CLI などのコマンドライン環境
  • msgfmt (Linux) や msgfmt.exe (Windows) などのメッセージ・フォーマット・ツール。これらのツールのフォルダーをシステム・パスに追加し、フルパスを指定しなくてもツールを起動できるようにしておきます。

以下の手順で 1 つのプラグインとパターン・タイプをビルドします。

  1. サンプル環境を構築するセクションで作成したワークスペースにカレント・ディレクトリーを変更します。
  2. 対象とするプラグイン・プロジェクトのルート・フォルダーにナビゲートします。
  3. 以下のコマンドを使用して 1 つのプラグインをビルドします。
    ant -f build.plugin.xml

    ビルド情報がコンソールに表示されます。
  4. プラグイン・プロジェクトの export フォルダーに移動し (このフォルダーはステップ 3 で生成されます)、プラグイン・パッケージの TGZ ファイルを見つけます。
  5. plugin.depends プロジェクトのルートにナビゲートします。
  6. 以下のコマンドを使用して、このワークスペースですべてのプラグインをビルドします。
    ant -f build.xml

    このコマンドを実行するごとに、このワークスペースで 1 つのプラグインがビルドされます。スクリプトが起動されたら、plugin.depends プロジェクトの image/plugins フォルダーを調べ、すべてのプラグイン・パッケージがビルドされたことを確認します。
  7. パターン・タイプ・プロジェクト patterntype.hello のルートにナビゲートし、以下のコマンドを入力します。
    ant -f build.patterntype.xml

    スクリプトが起動されたら、pattterntype.hello プロジェクトの export フォルダーのルートに移動し、パターン・タイプ・パッケージがビルドされて TGZ ファイルになっていることを確認します。

Eclipse フレームワークでプラグインを作成する

以下の手順で Eclipse を使ってプラグインを作成します。

  1. サンプル環境を構築するセクションで作成したワークスペースにカレント・ディレクトリーを変更します。
  2. 以下の手順で 1 つのプラグインをビルドします。
    1. このプロジェクトのルートにある build.plugin.xml ファイルを選択します。
    2. 右クリックして「Run As (実行)」 > 「Ant Build (Ant ビルド)」の順に選択します。すると、このプラグインのビルドが開始されます。
    3. ビルド・プロセスが完了した後、このプロジェクトを更新すると、export という新しいフォルダーが表示されます。ビルドの成果物はすべて export フォルダーに表示されます。プラグイン・パッケージは export フォルダーのルートにあります。
  3. 以下の手順に従い、このワークスペースですべてのプラグインをビルドします。
    1. plugin.depends プロジェクトのルートにある build.xml ファイルを選択します。
    2. 右クリックして「Run As (実行)」 > 「Ant Build (Ant ビルド)」の順に選択します。すると、このプラグインがビルドされます。
    3. ビルド・プロセスが終了した後、このプロジェクトを更新すると、image という新しいフォルダーが sub-folder プラグインに表示されます。このフォルダーの中に、ビルドされたプラグイン・パッケージがすべて含まれています。
  4. 以下の手順で 1 つのパターン・タイプをビルドします。このステップの前に、ステップ 2 が正常に完了している必要があります。
    1. patterntype.hello プロジェクトのルートにある build.patterntype.xml ファイルを選択します。
    2. 右クリックして「Run As (実行)」 > 「Ant Build (Ant ビルド)」の順に選択します。すると、このパターン・タイプがビルドされます。
    3. ビルド・プロセスが終了した後、このプロジェクトを更新すると、export という新しいフォルダーが表示され、このフォルダーの中にビルドの成果物がすべて含まれています。
    4. パターン・タイプ・パッケージは export フォルダーのルートにあります。

まとめ

上記のタスクで PDK の使い方を理解できたはずです。このツールキットの概要を知りたい場合は、PDK を使用して仮想アプリケーション・パターンを作成、カスタマイズする方法が関連記事「仮想アプリケーション・パターンの作成とカスタマイズ」に説明されています。


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing, WebSphere, Information Management
ArticleID=816655
ArticleTitle=IBM Workload Plug-in Development Kit を使用する
publish-date=05242012