Cognos クラウドのベスト・プラクティス, 高可用性を実現するための設定の選択

クラウド内での Cognos の構成および保守

developerWorksアーカイブより

Stephan Jou, William Lee, Thanh Pham, 共著 Biraj Saha

アーカイブ日付: 2019年 02月 03日 | 初版: 2010年 9月 03日

高可用性の目標は、バックアップ・メカニズムを提供し、プライマリー・システムに障害が発生した場合にはリクエストとデータ処理をスタンバイ・システムに転送できるようにすることです。けれどもユーザーおよびシステムの要件はそれぞれに異なるため、すべてに共通する 1 つの理想的な構成というものはありません。この記事では、Cognos® ソリューションを高可用性、そして障害回復に対応するようにセットアップおよび保守するさまざまな方法を提案します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing, Information Management
ArticleID=549552
ArticleTitle=Cognos クラウドのベスト・プラクティス: 高可用性を実現するための設定の選択
publish-date=09032010