クラウド・ベースの高可用性のための実用的な手法

developerWorksアーカイブより

M. Jones

アーカイブ日付: 2017年 04月 12日 | 初版: 2011年 11月 11日

アプリケーションの種類によらず、高可用性 (HA) は複雑なアクティビティーですが、クラウドやクラウドによる仮想プラットフォームを使用することで、実際に、高可用性の目標がよりシンプルで単純なものになります。物理プラットフォームからの抽象化を行う仮想化は、高可用性に新しい可能性をもたらします。この記事では、ステートレスなフェイルオーバーや、それよりも有用なステートフルなフェイルオーバーなど、クラウド・ベースの高可用性を実現するための実用的な手法をいくつか説明します。さらに、高可用性システムに役立つオープンソースの各種ソフトウェア・コンポーネントについても紹介します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing
ArticleID=772588
ArticleTitle=クラウド・ベースの高可用性のための実用的な手法
publish-date=11112011