IBM Cloud: 知りたいことは何ですか?

IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud に関してよくある質問に答えます

Comments

クラウド・コンピューティングとは何のことですか?
クラウド・コンピューティングとは、新しい情報技術配信モデルです。クラウド・コンピューティングには以下の特徴があります。

  • 仮想リソースを動的にプロビジョニングすることができます。
  • プロビジョニングはプログラムによって制御できるため、エコシステムを作成することにつながります。
  • リソースの使用量に応じて料金を支払う課金モデルに役立ちます。

IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud を使用することで、お客様はセキュリティー機能の充実したエンタープライズ対応の開発およびテスト環境を利用できるようになります。この環境は IBM のクラウド・コンピューティング・プラットフォームをベースとしているため、資本と運用コストの削減、そしてテスト・サイクルの時間、複雑さ、リクスの軽減を実現することができます。IBM Cloud の本番バージョンは現在、米国とカナダで使用できるようになっています。IBM Cloud を導入する方法についての説明を参照するには、ここをクリックしてください。

ダッシュボードと自分のアカウント・ページに表示される統計は何の統計ですか?
「Active instances (アクティブ・インスタンス)」は、現在クラウド内で使用中の仮想サーバー・インスタンスの数を示しています。「Active users (アクティブ・ユーザー)」は、現在クラウド上にアクティブ・インスタンスを持っているユーザーの数です。これらの数値は常に変動しています。

サーバー・サイズの仕様はどうなっているのですか?
選択されたインスタンスのリソースは、32-bit構成または 64-bit 構成のいずれかになります。以下の表に、仕様パッケージを記載します。

仕様パッケージ
VM コンポーネント32-bit Bronze32-bit Silver32-bit Gold64-bit Bronze64-bit Silver64-bit Gold64-bit Platinum
1.25GHz の仮想 CPU12424816
仮想メモリー (GB)244481616
インスタンス・ストレージ (GB)175350350850102410242048

仮想 CPU は、ハイパースレッド化された実際の CPU のコアの約半分です。コンテキスト・スイッチやその他のオーバーヘッドを考慮すると、およそ 1.25GHz に相当します。

インスタンスを削除すると、データはどうなるのですか?
ストレージには以下の 2 つのタイプがあります。

  • 一時ストレージ。インスタンスに依存するこのタイプのストレージは、インスタンスがインスタンス化されるときにインスタンスの一部として作成されます。インスタンスのデプロビジョニングが行われると、このタイプのストレージは不可逆的に消去されます。
  • 永続ストレージ。インスタンスに依存しないこのタイプのストレージは、複数のインスタンスにマウントすることも、複数のインスタンスからアクセスすることもできます。ストレージのライフサイクルはユーザーが管理します。このストレージは、ユーザーが所有するインスタンスにはまったく依存しません。

永続ストレージのサイズには、256GB、512GB、2TB の 3 種類があります。

永続ストレージにデータを保管して、いつでも必要なときに、そのデータにアクセスできるようにする方法があります。この場合、重要でないデータは、インスタンスのデプロビジョニングが行われるときに消去されます。また、永続ストレージを使用しない場合にも、インスタンスを削除するとデータが消去されます。

インスタンスに接続するにはどのようにすればよいのでしょうか?
接続方法は一般に、インスタンスを作成するときに使用したイメージに依存します。多くのソフトウェア・イメージには Web サーバーが組み込まれているため、インスタンスへのアクセスおよびインスタンスの管理にはブラウザーを使用することができます。SSH を使用すれば、どのインスタンスにもアクセスすることができます。具体的な方法については、「asset catalog (アセット・カタログ)」で、使用しているソフトウェア・イメージについての説明部分を参照してください。

SSH を使ってインスタンスに接続するにはどのようにすればよいのでしょうか?
2 通りの方法があります。

  1. 以下のように UNIX シェルを使用するか、または cygwin から接続します。
    ssh -i [ssh private key file] -l idcuser [instance ip address]
  2. PuTTY を使用して接続します。接続画面で「SSH」、「Auth」の順にクリックし、変換済みの秘密鍵を参照します。ID の入力を要求する画面が表示されたら、ユーザー ID として「idcuser」と入力し、鍵のパスフレーズも入力してください。

SSH クライアントはどこから入手することができるのでしょうか?
Windows を使用していて、SSH クライアントが必要になった場合には、まずは PuTTY または Cygwin を使用することをお勧めします (Linux® および Mac を使用しているとしたら、SSH クライアントとして必要なものはすでに組み込まれているはずです)。

SSH 鍵を入手するにはどのようにすればよいのでしょうか?
鍵を持っていない場合、秘密鍵をダウンロードしてからでないと、クラウド内のインスタンスにはアクセスすることができません。セキュリティー上の理由から、Web システムでは秘密鍵を一度しかダウンロードできないようになっていることに注意してください。

PuTTY を使用している場合には、ダウンロードした鍵を、PuTTYgen を使って PuTTY フォーマットに変換する必要があります。元の鍵をインポートし、鍵のパスフレーズを入力した後、「Save private key (秘密鍵を保存する)」をクリックしてください。

独自の SSH 鍵を使用することはできますか?
はい、できます。自動で生成された鍵ではなく、お客様自らが生成した鍵を使用したい場合には、「Account (アカウント)」ページに進み、「Access (アクセス)」ゾーン内にある「Add Key (鍵の追加)」ボタンをクリックしてください。鍵に名前を付け、「Key contents (鍵の内容)」フィールドに公開鍵をコピー・アンド・ペーストして「Continue (続行)」をクリックします。

コマンド・コンソールを開き、ssh-keygen -t rsa というコマンドを入力することによって、独自の鍵を生成することができます。画面に表示される手順に従って、必要な情報を入力してください (パスフレーズを使用することを強くお勧めします)。

カスタム・イメージを取り込むにはどのようにすればよいのでしょうか?
カスタム・イメージ機能では、クラウド・ソフトウェア・カタログにリストアップされた基本イメージのいずれかを使用してインスタンスをプロビジョニングし、変更を加えた上で、後で再利用できるように作業を保存することができます。それには、実行中のインスタンスを選択して「Create Image (イメージの作成)」ボタンをクリックします。イメージには名前を付け、説明を入力してください。イメージの取り込みには、かなりの時間がかかる場合もあります。取り込まれたイメージはプライベート・イメージとなります。つまり、イメージを取り込んだユーザーのアカウントでないと、このイメージから新しいインスタンスをプロビジョニングすることはできません。

カスタム・イメージからインスタンスをプロビジョニングするにはどのようにすればよいのでしょうか?
「Add instance (インスタンスを追加する)」をクリックし、表示された最初の画面の右上隅に表示されている「My Images (マイ・イメージ)」をクリックします。

プライベート・イメージをパブリック・カタログに追加することは可能でしょうか?
いいえ、それはできません。パブリック・イメージのアイデアをお持ちの場合は、IBM までご連絡ください (連絡方法については、最後の質問の答えを参照してください)。優れたアイデアは、いつでも大歓迎です。

永続ストレージ・ユニットはユーザーが管理できるのでしょうか?
「Control panel (コントロール・パネル)」タブの「Storage (ストレージ)」領域をクリックしてください。新しいインスタンスに、使用可能なストレージ・ユニットを追加することができます。ただし、追加できるのは、インスタンスをプロビジョニングする時点に限られます。ストレージ・ユニットは、一度に 1 つの VM にのみ追加することができます。

予約済み IP アドレスを管理するにはどのようにすればよいのでしょうか? デフォルトでは、新しい VM インスタンスの IP アドレスはクラウドによって割り当てられます。ただし、同じ IP アドレスを VM インスタンス間で移したい場合には、予約済み IP 機能を使用することができます。予約済み IP を管理するには、「Account (アカウント)」タブを選択し、「Your IPs (割り当てられている IP)」領域を選択します。新しい VM インスタンスをプロビジョニングするときに、使用可能な予約済み IP アドレスのいずれかを選んで、そのインスタンスに割り当てることができます。

インスタンスのファイアウォール・ルールを管理するにはどうすればよいのでしょうか?
iptables ルールを変更するか、仮想マシンに関連するルールをハイパーバイザー・ファイアウォール・ルールに挿入するという方法があります (いずれの方法についても、このブログ・エントリーに具体的な詳細が説明されています)。

IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud に関する問い合わせ先を教えてください。
クラウドに関するヘルプが必要な場合には、まず「Support (サポート)」タブをご覧ください。動画とドキュメントのライブラリー、多数の関連リンクの他、My developerWorks IBM Smart Business Development and Test on the IBM Cloud Support Forum がホストする技術サポートをご利用いただけます。また、IBM のサポート・コミュニティーでは、クラウドに関する発表、保守スケジュール、システムの状況を確認できる他、質問を投稿してクラウド・ユーザーのコミュニティーから回答を得ることができます。


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Cloud computing
ArticleID=497434
ArticleTitle=IBM Cloud: 知りたいことは何ですか?
publish-date=05252010