Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: yykoshi@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Skype: Yes (yykoshi1)

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

万が一に備えて

2017/9/19

列島を横断した台風18号の影響で連休のご旅行やお出かけの予定が変更になった方も多いのではないでしょうか。夜中の風と雨の音怖かったです。今月が防災月間だったこともあり、改めて非常持出品や近くの避難施設リストなど、万が一の時に備えての再確認をしました。何も起こらないに越したことはないですが、ニュースなどを見ていると、いつでも対応できる準備が大事だと改めて考えさせられました。

【新着セミナー】10/19(木)IBM本社(東京)開催「マルチベンダー環境におけるテクノロジー・サポート攻略法」

2017/9/12

このセミナーでは企業が複雑なIT環境の課題を解決し、ITシステムの安心・安全な運用保守を維持するための具体的な解決策 について、事例を多数交えながらご紹介します。

2017/9/12

9月も半ばにさしかかり、スーパーなどの店頭には秋刀魚が並ぶようになりました。先日、私も新物の秋刀魚に舌鼓を打ちました。これから冬がやってくるまでの間に、じっくり秋の味覚を制覇していきたいと思っています。フルーツ狩りや栗拾いなどができるスポットへ休日に行ってみるのも楽しそうですね。山梨のぶどう狩りよかったです。

【Watson導入事例】学校法人 金沢工業大学

2017/9/06

学生の生活や意識、学び方に対する姿勢の多様化にともない、効果的・効率的な学生向けのアドバイス体制を整えるべく、自然文の解析ができるWatsonを用いた「自己成長支援システム」の構築に着手。従来は対応が難しかった、学部を超えた新たな学習機会の提案も可能にし、さらに学生がWatsonと会話しながら、アドバイスを受けるサービスも開始する予定です。

共有

詳細はこちら

【サーバー&ストレージ導入事例】株式会社 横浜銀行

2017/8/09

さまざまなコンタクト・チャネルを使って行われるお客さまとのコミュニケーションを統合管理し、より価値のある顧客体験を提供するためのマーケティング・ツールとして、IBM InteractとIBM Campaignを採用しました。さらに、複数のシステムと即座に連携しながらスピーディーに適切な情報提供を行うため、システム基盤には高信頼サーバーIBM Power Systemsと超高速オールフラッシュ・ストレージ IBM FlashSystemを採用。信頼性とセキュリティーに優れたシステム基盤が、横浜銀行のオムニチャネル・マーケティングを支えています。

共有

詳細はこちら

【Watson導入事例】あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

2017/8/09

ナレッジの共有や、効率性・生産性とお客さま満足度の向上を目的としてIBM Watsonを活用した社内照会応答システムを短期間で構築。営業社員の問い合わせの効率化、利便性向上を実現し、さらにお客さまや代理店からの問い合わせへの対応も視野に入れたシステムへの成長を目指されています。

共有

詳細はこちら

ご使用中の機械・ソフトウェアに関するお問い合わせ

保守対象機械の移転通知、解約など、ご使用中の機械に関するご依頼はこちらからどうぞ。

共有

詳細はこちら

IBMサービス・ライン

IBMサービス・ライン (0120-34-0000) は、IBM製品とサービスをご購入頂いた法人のお客様向けのサポート総合窓口です。当ダイヤルからボタン操作で各サービスへおつなぎします。

共有

詳細はこちら

ハードウェア保守サービス

故障・修理対応の基本保守・保証サービスから、障害を未然防止する充実の保守サービスを ご紹介します。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。