IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: yerim.lee@ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM製品 2019年 新元号対応について

IBM製品 2019年 新元号対応について

2019/3/19

2019年5月1日に、新天皇即位に伴う元号の変更 (改元) が予定されています。新元号については、改元に先立ち1ヶ月前の4月1日に公表される予定です。当記事では、2019年(平成31年、および、新元号元年)の日本の改元に関する、IBMシステム製品、および、IBMソフトウェア製品それぞれのガイドへのリンクを案内します。

共有

詳細はこちら

【記事】IBMの小売業向けアプローチ--ハイブリッド/マルチクラウドがもたらす柔軟性を強みに

【記事】IBMの小売業向けアプローチ--ハイブリッド/マルチクラウドがもたらす柔軟性を強みに

2019/3/06

長い間、IBMはクラウド事業に力を入れつつおります。その一つとして挙げられることが「ハイブリット・クラウド」または「マルチ・クラウド」。このようなIBMクラウドは複数のシステム、サービス、プロバイダーを管理する役割を担う、クラウド分野の「管理コンソール」企業として小売業界にアプローチしています。どのようなメリットがあるのか、ご興味のある方は是非ZDNetの記事へアクセスください。

共有

詳細はこちら

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

2019/3/05

IBMセキュリティーは、2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス (英語)の結果を発表しました。それによると、セキュリティー面の対策と認知度が高まったことで、サイバー犯罪者は投資収益率(ROI)の向上を求めてその攻撃手法を変えていることが判明しました。犯罪者はROIを高める可能性がある他のサイバー犯罪の攻撃手法を利用することが増えているので、本レポートでは、ランサムウェアからの撤退とマルウェアへの依存の減少という2つの主要な動向について詳しく報告していますので、英語にはなりますが、ぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

マルチクラウドとAIがリード--IBMのロメッティ氏が語るデジタル改革の“第2章”

マルチクラウドとAIがリード--IBMのロメッティ氏が語るデジタル改革の“第2章”

2019/2/14

IBMは米国時間2月12~15日まで、米国サンフランシスコで年次カンファレンス「IBM Think 2019」を開催しています。12日には会長兼社長で最高経営責任者(CEO)を務めるGinniが基調講演に登壇し、「デジタル改革の第2章」としてマルチクラウドや人工知能(AI)を中心に語りました。是非ご覧ください。

共有

詳細はこちら

あらゆるデータストレージの課題解決に挑むIBMストレージ・ソリューション

あらゆるデータストレージの課題解決に挑むIBMストレージ・ソリューション

2019/2/13

米国時間2019年2月5日 、IBM はストレージ・ポートフォリオにおける数多くの機能拡張を発表しました。ブロックチェーンとクラウド向けの新しい IBM Storage ソリューションやIBM FlashSystem ファミリーにおける人工知能 (AI) の機能拡張やツール群の拡充などが含まれます。簡単ではございますが発表した内容をまとめた記事が公開されておりますので、ぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

【記事】クラウドは2019年、エンタープライズのデジタル変革の基盤に

【記事】クラウドは2019年、エンタープライズのデジタル変革の基盤に

2018/12/18

Forrester Researchは2017年、2018年にはクラウドコンピューティングがあらゆる領域で企業の変革を劇的に加速すると予想しました。そして2019年には、クラウドコンピューティングがこれからのエンタープライズのアプリケーションプラットフォームの基礎としての位置づけを確立すると予想されるいます。

共有

詳細はこちら

【IBMお客様事例】基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現

【IBMお客様事例】基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現

2019/1/15

「お好みソース」をはじめ、ソースや酢などの調味料の開発・製造・販売を行う食品メーカーのオタフクソース。同社はビジネス環境の変化に柔軟に対応できるIT基盤の整備を目指して、従来オンプレミスで稼働していた基幹系システムのSAPとその関連システムをIBM Cloudに移行しました。その結果、パフォーマンス向上とともに、ITインフラの運用負荷軽減を実現。さらにすでにクラウド化しているIBM Cloud上の情報系システムとリソースを共有し、運用効率化も図っています。

共有

詳細はこちら

【記事】最高デジタル責任者とは--

【記事】最高デジタル責任者とは--"CDO"について今知っておきたい役割や意義

2019/1/10

以前に皆様に【日本IBMのCDO 尾股が語る「IT企業のCDO」が持つ役割】というタイトルで日本IBMのCDOについてインタビューをご紹介いたしました。今度は「そもそもCDOとは?」「これからどう変わっていくのか?」等の疑問を持っていた方々にCDO(最高デジタル責任者)といった役職についてご紹介いたします。関連記事にもぜひご注目いただければ幸いです。

共有

詳細はこちら

【Global News】IBM's Ginni Rometty says

【Global News】IBM's Ginni Rometty says "100% of jobs will be different" due to AI

2019/1/08

It is very clear to change the world by improving technology of AI which means Artificial Intelligence. IBM CEO Ginni Rometty said "Artificial intelligence will destroy jobs, and it will create jobs" on the CES keynote stage in Las Vegas on 2nd January 2019 in local time. Follow the link.

共有

詳細はこちら

【調査】ハイブリッドクラウドは理想的なITモデル

【調査】ハイブリッドクラウドは理想的なITモデル

2018/12/28

Nutanixの調査レポートによると、91%のIT意思決定者はパブリッククラウドではなく、ハイブリッドクラウドが理想的なITモデルだと答えました。ハイブリッドクラウドの主なメリットとしては①さまざまな種類のクラウド間の相互運用性(23.4%)②アプリケーションをクラウド間で移動できる機能(16.3%)③各ワークロードに最適なコストモデルを選択できること(5.6%)④セキュリティ(5.4%)が挙げられました。ハイブリットクラウドへの移行準備、IBMと共に進めませんか?

共有

詳細はこちら

【新着レポート】コグニティブ化する日本 - AIが創る未来の日本 -

【新着レポート】コグニティブ化する日本 - AIが創る未来の日本 -

2018/12/27

日本政府によるイノベーション投資は、AIを中心に2020年までに9,000億円の増額が見込まれ、日本企業側でも2017年には12兆円の投資を行ったと推定されています。本レポートでは、日本の経営層から得られた洞察をもとに、高成長・高効率の未来に向けてコグニティブ/AIに対して積極投資を行う日本企業の動向を追いました。

共有

詳細はこちら

IBM Watsonを使用したチャットボットサービスのご紹介​

IBM Watsonを使用したチャットボットサービスのご紹介​

2018/11/28

株式会社ケイ・オプティコムは、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のサポートチャネルにおいてIBM Watsonを活用したAI型チャットボットサービス「マイちゃん」を開始されました。詳細やマイちゃんへのアクセス先はリンクをご覧ください。Watsonを使ったチャットボットを実際に体感いただけますので、ぜひマイちゃんと会話してみてください!

共有

詳細はこちら

【調査】企業幹部が考える2019年最大のリスクは「ボーンデジタル」企業との競争

【調査】企業幹部が考える2019年最大のリスクは「ボーンデジタル」企業との競争

2018/12/21

北米コンサルティング会社のProtivitiとノースカロライナ州立大学経営学部が、世界各国の取締役や経営幹部を対象に、2019年のリスク要因に関する調査を実施しました。調査結果、2018年には10位だった「デジタルへの対応」、いわゆるデジタルトランスフォーメーションが2019年の予想されるリスク1位に急騰しました。その他、挙げられたリスクについては記事へアクセスください。そしてIBMと共にリスクを克服する方法を工夫していきませんか?

共有

詳細はこちら

【global news】What is AI?

【global news】What is AI?

2018/12/18

What do you think about AI which means Artificial Intelligence? Do not have you imagined ambiguously? Then, click this article and invest your time to read it. IT will make you understand more deeply about AI from A what define it is to Z even AI kill human being like kinds of SF movies.

共有

詳細はこちら

【新着レポート】コグニティブ化する日本 - AIが創る未来の日本 -

【新着レポート】コグニティブ化する日本 - AIが創る未来の日本 -

2018/12/17

日本政府によるイノベーション投資は、AIを中心に2020年までに9,000億円の増額が見込まれ、日本企業側でも2017年には12兆円の投資を行ったと推定されています。本レポートでは、日本の経営層から得られた洞察をもとに、高成長・高効率の未来に向けてコグニティブ/AIに対して積極投資を行う日本企業の動向を追いました。

共有

詳細はこちら

日本IBMのCDO 尾股が語る「IT企業のCDO」が持つ役割

日本IBMのCDO 尾股が語る「IT企業のCDO」が持つ役割

2018/12/17

一般に、組織にデジタル変革を起こす旗振り役がCDO(Chief Digital Officer)と言われていますが、日本IBMにおけるCDOはどのような役割なのか。日本IBMのチーフ・デジタル・オフィサーで、我々が所属しているデジタル・セールス事業の事業部長も担当している尾股が、インタビューを受けましたのでその記事をご紹介いたします。

共有

詳細はこちら

【global news】IBM aims to meld AI with human resources.

【global news】IBM aims to meld AI with human resources.

2018/12/06

IBM has thought and pursued AI can be used to revamp workflow, employee engagement, recruitment and retention while providing a more diverse workforce. If you want more details, please click and follow this article.

共有

詳細はこちら

【記事】IBMが語るAIとは?

【記事】IBMが語るAIとは?

2018/12/06

世の中で話題になっている「AI」(人工知能)。インターネットからはもちろん、関連する映画をご覧になられたこともあるのではないかと思います。そのAIについてIBMのCEOはあらゆる仕事・職業・業界を変えていくと語りました。詳しい内容はこちらの記事へアクセスしてください。

共有

詳細はこちら

【記事】2018年クライアント仮想化のROIは348.4%

【記事】2018年クライアント仮想化のROIは348.4%

2018/12/06

エンドユーザーにとって利便性の高い「デジタルワークスペース」の導入、IBMと共に導入しませんか?

共有

詳細はこちら

【導入事例】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革​​

【導入事例】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革​​

2018/11/28

東日本旅客鉄道株式会社は、お客さまから寄せられる大量かつ広範囲にわたる質問に対するサービス品質を全体的に底上げし、お客さま満足度のさらなる向上を実現に向けて、Watsonを活用したオペレーター支援の仕組みをスモールスタートで導入。アジャイル開発手法により段階的な知識の拡充と機能の拡張を図ってきました。​

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。