Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: EAGLE3@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

What is WannaCry2 ?

2017/5/19

WannaCry2攻撃は、病院、電気通信、流通、サプライチェーンサービスなどの重要なインフラストラクチャーにダメージを与えました。この攻撃は、ユーザーがメールに添付されたリンクをクリックしてマルウェアに感染するフィッシング・スキームとして始まり、1つのワークステーションからユーザーのネットワークに高速で広がりました。その結果、通常は一度に1人のユーザーに感染する標準的なフィッシング攻撃が、またたく間に1対多の攻撃として拡大しました。ぜひこの記事をご覧いただき、企業におけるセキュリティー対策の一助にしてください!

共有

詳細はこちら

異種混在環境向けリモート監視・管理ソリューション

2017/2/12

Integrated Managed Infrastructure (IMI)サービスは、従来型IT、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在した環境を一元的に監視・管理できます。サービスの標準化・定型化により低価格を実現し、標準的・汎用的な監視・管理が求められる環境に最適です。

共有

詳細はこちら

CIOレポート

2016/10/12

かつてなかったような新たな機会や脅威が出現しつつある中、CIOはどのようにしてこの騒乱を乗り切ろうとしているのでしょうか。

共有

詳細はこちら

SOCレポート

2016/10/12

Tokyo SOCのアナリストが日本の最新セキュリティー状況を分析したレポート

共有

詳細はこちら

X-Forceレポート

2016/10/12

IBM X-Forceの研究者が世界全体の最新セキュリティー状況を分析したレポート

共有

詳細はこちら

技術情報誌最新号「IoT時代のサイバー・セキュリティー」

2016/8/25

お客様と日本アイ・ビー・エムとの技術情報誌「PROVISION」の最新号が発行されました。IoTの時代が到来し、サイバー攻撃や内部不正など、深刻なセキュリティー・リスクが急増する今日、企業や組織においては統合的なセキュリティー対策を経営課題として位置づけ取り組んでいくことが重要です。最新号では、間近に迫っているセキュリティーの問題や緊迫する現状と共に、それに備え対峙するためのIBMの最新技術/主要なソリューションについてご紹介しています。

共有

詳細はこちら

それでもセキュリティー事故が発生してしまったら・・・どう対応しますか?

2016/8/25

セキュリティー攻撃に備えた対策はきちんと打っていたつもりなのに、想定外の事態で事故が起こってしまったら・・。そんなときに専門スキルを有したプロフェッショナルを派遣し、お客さまをご支援するのがエマージェンシー・レスポンス支援サービス(ERS)です。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。