Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: tougoh@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

今さら聞けない、Watsonってなに?

2017/8/28

世間で騒がれているAIやIBM Watson。わかりやすく解説しておりますので是非ご一読ください。

共有

詳細はこちら

IBM Cognitive SOCプラットフォームを強化

2017/8/28

日本IBMはコグニティブ技術を活用したセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)「IBM Cognitive SOC」のプラットフォームを強化し、セキュリティー・インテリジェンス製品「IBM Security QRadar」を利用してマルチベンダー環境をサポートするセキュリティー・クラウド・サービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」を発表しました。

共有

詳細はこちら

気象データを活用したソリューションを日本でもサービス開始

2017/8/17

2017年3月、IBMは世界各国で展開中のThe Weather Companyの気象データを活用したソリューションを日本国内でも展開することを発表しました。IBM のグループ企業となったThe Weather Companyの極めて高精度な天候データを活用することにより、気象情報に関するビジネス・ソリューションを提供し、お客様のよりよい意思決定を支援します。

共有

詳細はこちら

クルマのセキュリティー対策を加速せよ - クルマの信頼性とデータ・プライバシーのレースに勝つために -

2017/8/17

コネクテッドカーの時代を迎え、顧客が望む安全性と機能性だけでなく、セキュリティーをも確実に提供できる自動車メーカーが最良のポジションを獲得することになるだろう。本書では、いかにクルマの信頼性を高めつつ、データ・プライバシーを確保するかについて「運用」フェーズに焦点を当て考察する

共有

詳細はこちら

適材適所の人材配置には科学的にアプローチを

適材適所の人材配置には科学的にアプローチを

履歴書、面接、そして直感が頼り?という時代は終わりました。適切な人材を探し、育て、維持するための予測的なソリューションが必要です。

共有

視聴する

Watson とは?

2017/8/04

IBMは、AIを「Artificial Intelligence(人工知能)」ではなく、「Augmented Intelligence (拡張知能)」として人間の知識を拡張し増強するものと定義し、IBM Watsonを中核とするコグニティブ・ソリューションとしてお客様に提供しています。IBM Watson(ワトソン)は、自然言語処理と機械学習を使用して、大量の非構造化データから洞察を明らかにするテクノロジー・プラットフォームです。

共有

詳細はこちら

コグニティブでセキュリティーが変わる

2017/7/30

75,000 個超のソフトウェアの脆弱性情報、毎年1万件以上発行されるセキュリティー研究論文、毎月60,000以上更新されるセキュリティー関連ブログなど、人間のために作られたデータを素早く解釈し、無数の情報源や場所から集めた構造化データと統合する能力。セキュリティー言語を学習したWatson for Cyber Securityは、2017年2月よりお客様企業のセキュリティー対策にご活用いただくことが可能となりました。詳しくはニュースリリースをご覧ください。

共有

詳細はこちら

IBM Kenexaリーダーシップ・アセスメント採用事例ご紹介

2017/7/27

グローバル経営を進める中で、成長戦略を牽引するリーダーをどのように選抜・育成するかは、多くの企業が抱える課題です。帝人株式会社(以下、帝人)は、グローバルな舞台で活躍できる人財を育てるために、グループコア人財育成プログラム「STRETCH(ストレッチ)」を運用してきました。中でも役員候補者向けの内容を充実するため、「IBM Kenexaリーダーシップ・アセスメント」を採用し、初年度は国内外で計17名に実施しました。その結果、受講者から高い評価を受けるとともに、人事部門では社内での人事評価に客観的な裏付けを得られました。

共有

詳細はこちら

なぜIBMは年間8,000件もの特許を取得するのか?

2017/7/26

IBMが取得した特許には、人工知能/コグニティブ・コンピューティング関連の技術をはじめ、コグニティブ・ヘルス、クラウド、サイバーセキュリティといった、IBMの戦略的成長分野に関するさまざまな発明が含まれます。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。