Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: tkiyo@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

11月16日開催 IBM ハイブリッド・クラウド・データベース・セミナー

11月16日開催 IBM ハイブリッド・クラウド・データベース・セミナー

2017/11/03

あのDB以外に選択肢をお持ちですか?クラウドの時代に相応しいデータベースとして、数ある中からあえて今、Db2が選ばれる理由をご紹介します。

共有

詳細はこちら

「学習済みWatson」が拓くコグニティブ・ビジネスへの近道

「学習済みWatson」が拓くコグニティブ・ビジネスへの近道

2017/11/03

通常であればWatsonを使うためにまず、データをWatsonに与えて学習させることが必要です。しかし、専門知識のデータを揃えて効果的にWatsonに学習をさせるには使う側にもスキルや知識が求められます。そこで、それぞれの業種に特化した専門知識をあらかじめ備えるWatson、いわば用途別Watsonを「学習済みWatson」と称しています。パートナー企業とIBMが作るこの学習済みWatsonをご紹介します。

共有

詳細はこちら

【Watson導入事例】学校法人 金沢工業大学

【Watson導入事例】学校法人 金沢工業大学

2017/11/03

学生の生活や意識、学び方に対する姿勢の多様化にともない、効果的・効率的な学生向けのアドバイス体制を整えるべく、自然文の解析ができるWatsonを用いた「自己成長支援システム」の構築に着手。従来は対応が難しかった、学部を超えた新たな学習機会の提案も可能にし、さらに学生がWatsonと会話しながら、アドバイスを受けるサービスも開始する予定です。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】事例で見るWatson Explorer最新情報〜コグニティブ・コンピューティングを支える統合分析基盤〜

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】事例で見るWatson Explorer最新情報〜コグニティブ・コンピューティングを支える統合分析基盤〜

2017/11/02

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において発生する、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方はぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

Watson Explorerで発掘できる、企業に眠る宝の山とは?

Watson Explorerで発掘できる、企業に眠る宝の山とは?

2017/10/23

これからの時代、企業の競争力はデータ活用が左右する――。そんなことが言われて久しいですが、データをどのように活用するかだけでなく、それ以前に「活用するためのデータがない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。具体的にどのようなデータを、どのように活用できるのか。IBMのテキスト検索・分析ツール「IBM Watson Explorer」を使った社内データの活用方法について紹介するページをご覧いただき、データ分析のイメージをつかんでいただければと思います。

共有

詳細はこちら

Watson は数千万の論文をどう学習する?

Watson は数千万の論文をどう学習する?

2017/10/23

東京大学医科学研究所が導入したIBM Watsonが、専門医でも診断が難しい二次性白血病というがんを10分で見抜いたという事例がありますが、このときWatsonは2000万件以上の医学論文を学習したとのことです。では、Watsonはいったいどのようにしてそのような膨大な論文を学習しているのでしょうか。研究員へのインタビュー記事をご覧ください。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

2017/10/23

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において発生する、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方はぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

「Watson Analyticsを さわってみよう!」ハンズオン・ガイド資料

「Watson Analyticsを さわってみよう!」ハンズオン・ガイド資料

2017/10/22

Watson Analyticsは、統計の専門知識がなくても手元のデータをクラウド上にアップロードし、ガイドに従って操作や質問するだけで、簡単にデータを分析できるクラウド型アナリティクス・ツールです。美しいグラフやダッシュボードを簡単に作成し、説得力のあるレポートを作成できます。Watson Analyticsをあなた専属のアナリスト、データサイエンティストとしてぜひご利用ください。リンク先にハンズオン資料をご用意しています。

共有

詳細はこちら

異種混在環境向けリモート監視・管理ソリューション

2017/2/12

Integrated Managed Infrastructure (IMI)サービスは、従来型IT、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在した環境を一元的に監視・管理できます。サービスの標準化・定型化により低価格を実現し、標準的・汎用的な監視・管理が求められる環境に最適です。

共有

詳細はこちら

SOCレポート

2016/10/12

Tokyo SOCのアナリストが日本の最新セキュリティー状況を分析したレポート

共有

詳細はこちら

X-Forceレポート

2016/10/12

IBM X-Forceの研究者が世界全体の最新セキュリティー状況を分析したレポート

共有

詳細はこちら

お客様導入事例

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例を集約しております。

共有

詳細はこちら

CISO Study

セキュリティー・リーダー(CISO)の役割がますます重要かつ、組織内での影響力が増していることを、実際の調査対象組織の幹部であるシニア・セキュリティー・リーダー138人に対するインタビューから得た知見からまとめています。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。