IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: tassei.nakabayashi@ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

NEWレポート サイバー犯罪の実情

NEWレポート サイバー犯罪の実情

2019/3/07

IBMセキュリティーのレポート文書。2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス (英語)の結果を発表しました。それによると、セキュリティー面の対策と認知度が高まったことで、サイバー犯罪者は投資収益率(ROI)の向上を求めてその攻撃手法を変えていることが判明しました。犯罪者はROIを高める可能性がある他のサイバー犯罪の攻撃手法を利用することが増えているので、本レポートでは、ランサムウェアからの撤退とマルウェアへの依存の減少という2つの主要な動向について詳しく報告していますので、英語にはなりますが、ぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

AIによって「すべての仕事は変わる」:IBMのロメッティCEO

AIによって「すべての仕事は変わる」:IBMのロメッティCEO

2019/1/10

急成長しているテクノロジ分野の職に就ける米国人労働者を確保できるようにするための仕組みが始動します。IBMと全米家電協会(CTA)のほか、Walmart、Ford、Sprint、トヨタ自動車などを筆頭とする企業パートナーが参加します。また、過去と比べ物にならないほど進化し続けているAIの実態とこれからを語っています。AIという身近になりつつある技術の進化に期待を持てる内容で面白いです。

共有

詳細はこちら

Lotus Notes/Dominoをインド企業へ売却したワケ

Lotus Notes/Dominoをインド企業へ売却したワケ

2018/12/10

IBMは米国時間12/6、同社が1995年に行ったLotusの買収の残存部位をインドのHCLに18億ドルで売却すると発表しました。HCL は広い顧客ネットワークを持ちあわせており、。Lotus Notes/Dominoの需要はまだあるがRed Hat 買収もあり、現状を見据えての投資の最適化を行ったように見えます。このようなトランスフォーメーションを繰り返しさらなる前進を目指しています。

共有

詳細はこちら

AI 対 人間!!!   チェスの次は”討論”で人間と勝負!!…勝負の行方は?

AI 対 人間!!!   チェスの次は”討論”で人間と勝負!!…勝負の行方は?

2019/2/22

1997年。弊社AIがチェスの世界チャンピオンに勝利し注目を集めました。時は過ぎ2019年。見守るは数百人。今度はディベートで人間と勝負をしました。AIはまたしても人間を超えるのか…!?注目の勝負の結果はこちら。

共有

詳細はこちら

IBM Cloud メールマガジンのバックナンバーがWebで見れるように!

IBM Cloud メールマガジンのバックナンバーがWebで見れるように!

2019/2/22

ご好評いただいておりますIBM Cloudをご利用中の皆様を対象に配信中のメールマガジン。多くのご要望にお応えして、このたびそのバックナンバーがWebで公開開始されました。IBM Cloud活用のヒントや事例、イベント情報などの内容を定期的にお届けしておりますので、これからIBM Cloudのご利用を検討されているお客様にとっても、有益な情報が盛りだくさんです。ぜひブックマークをお願いいたします!

共有

詳細はこちら

【IBMお客様事例】基幹システムをIBMのCloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現

【IBMお客様事例】基幹システムをIBMのCloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現

2019/1/16

「お好みソース」をはじめ、ソースや酢などの調味料の開発・製造・販売を行う食品メーカーのオタフクソース。同社はビジネス環境の変化に柔軟に対応できるIT基盤の整備を目指して、従来オンプレミスで稼働していた基幹系システムのSAPとその関連システムをIBM Cloudに移行しました。その結果、パフォーマンス向上とともに、ITインフラの運用負荷軽減を実現。さらにすでにクラウド化しているIBM Cloud上の情報系システムとリソースを共有し、運用効率化も図っています。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。