Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: taguchi7@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2017/9/08

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

「IBM Watson Summit」盛況裡に終了!

「IBM Watson Summit」盛況裡に終了!

2017/8/07

4/27-/28のイベント「IBM Watson Summit」は多くの方々にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。WatsonとIBMクラウドを活用した新しいビジネスへのアプローチと実装に向けた具体的な方法を、経営課題、お客様の役割別等の視点からあらゆる産業での事例、デモを交えてをご紹介させていただきました。

共有

詳細はこちら

Watson Explorerで発掘できる、企業に眠る宝の山とは?

Watson Explorerで発掘できる、企業に眠る宝の山とは?

2017/9/08

これからの時代、企業の競争力はデータ活用が左右する――。そんなことが言われて久しいが、「活用するためのデータがない」と悩む企業が多い。しかし、どんな企業にも社内に数多くの文書が存在し、それらも活用可能なデータのひとつに数えられる。典型的な例として人が書いた文章(自然言語テキスト)が該当する。自然言語テキストを正しく分析するためには、いかに文章の意味内容を認識する必要があり、これまでコンピューターでの扱いは難しいとされてきた。IBMのテキスト検索・分析ツールIBM Watson Explorerで出来る社内データの活用方法について紹介します。

共有

詳細はこちら

世界、そして日本のビジネスでえらばれたAI『IBM Watsonの今...』

世界、そして日本のビジネスでえらばれたAI『IBM Watsonの今...』

2017/9/08

コグニティブ・ビジネスのプラットフォーム IBM Watsonは、すでに世界のいたるところで活躍中です。是非このページにて、IBM Watsonの最新情報をご覧下さい。

共有

詳細はこちら

標的型、ランサムウェア攻撃に備えるIBMセキュリティー・ソリューション

ヨーロッパと中国が狙われたと言われるWannaCry 攻撃は標的型、ランサムウェア攻撃と呼ばれ、日本もいつ標的となるかわかりません。たくさんのお客様から、この機会に万一の時に備えて対策を練りたいというお声をいただいています。このような攻撃に備えるIBMセキュリティー・ソリューションをご案内します。

新ニュースメディア “THINK Watson”誕生

新ニュースメディア “THINK Watson”誕生

2017/9/21

IBM Watsonの新しいニュースメディア “THINK Watson” 誕生いたしました。コグニティブ・コンピューティングが切り拓く未来のビジネスやライフスタイルをいち早くご紹介いたします。ぜひブックマークしてください!!

共有

詳細はこちら

IBM Industrial Forum 京都 2017 が発信した3つの提言

IBM Industrial Forum 京都 2017 が発信した3つの提言

2017/9/21

Cognitive & Clound の活用で、モノづくりプロセスの進化を進め、顧客に価値ある「コトづくり」を創造しよう 提言1 <生産革新>:先進テクノロジーで匠の継承・人材育成を支援、日本の強みを活かしたモノづくり革新を進めよう 提言2 <製品開発>:先進テクノロジーでお客様に価値あるコトづくりを進め競争企業との差別化をすすめよう 提言3<AI活用>:Cloud上のAI活用によりダークデータを経営資源に変え新しいビジネスモデルを創造しよう

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。