Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: shuku3@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【お客様事例:ケイ・オプティコム様】IBM Watsonを活用したチャットボットによる「バーチャルアシスタント」を導入、24時間365日お客さまをサポートする体制を整備

【お客様事例:ケイ・オプティコム様】IBM Watsonを活用したチャットボットによる「バーチャルアシスタント」を導入、24時間365日お客さまをサポートする体制を整備

2018/12/04

「IBM Watsonを選んだ最大のポイントは、私たち自身がメンテナンスをして正答率を上げていける仕組みだったということです」ーーーー株式会社ケイ・オプティコム様は、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のサポートチャネルにおいてIBM Watsonを活用したAI型チャットボットサービス「マイちゃん」を開始しました。Watsonを使ったチャットボットを実際に体感いただけますので、ぜひマイちゃんと会話してみてください。https://support.mineo.jp/mai/chat/

共有

詳細はこちら

THINK 2019をサンフランシスコで開催します

THINK 2019をサンフランシスコで開催します

2018/11/20

IBMの最大イベント「Think 2019」がサンフランシスコで開催!2019年2月12日から2月15日の4日間にわたり、IBM最大のイベントである「Think 2019」が開催されます。最新テクノロジーに触れ、ネットワーキングを通じエキスパートやビジネスパートナーとの人脈を作る場としてご活用いただけます。詳細はURLをご参照ください。

共有

詳細はこちら

AI Minutes for Enterprise〜議事録作成支援AI〜

AI Minutes for Enterprise〜議事録作成支援AI〜

2018/10/23

AI Minutes for EnterpriseはAI活用による会議支援ソリューションです。 IBMのAIであるWatsonを活用し、リアルタイムで音声をテキスト化し、更に翻訳も可能にします。また、語彙・音声データの学習と辞書機能で、企業や業界に合わせた内容の最適化も可能です。

共有

詳細はこちら

IoTは次のステージへ。ミツフジとIBMが狙うInternet of Bodies新戦略

IoTは次のステージへ。ミツフジとIBMが狙うInternet of Bodies新戦略

2018/10/03

モノのインターネットと呼ばれる IoT(Internet of Things)。すでに製造業の生産現場や自動車などさまざまなところに導入されて、生産性向上や新たな価値創造に貢献している。次のステージでフォーカスが当てられているのは「人」です。人体とインターネットをつなぐことで安全や健康を見守るソリューションの実用化が始まりました。これが IoB(Internet of Bodies)です。 こうした動きに先んじて、銀メッキ繊維の製造販売を手掛けるミツフジ株式会社(以下、ミツフジ)と IBM は 2018 年に新たなビジネスを起動しました。

共有

詳細はこちら

ミクシィ XFLAG スタジオ、IBM Cloudでアプリ・サーバーを増強しモンスト・ユーザーの快適性を向上

ミクシィ XFLAG スタジオ、IBM Cloudでアプリ・サーバーを増強しモンスト・ユーザーの快適性を向上

2018/9/19

IBM Cloud Direct Linkで自社データセンターのシステムと低遅延接続を実現し、各種キャンペーンによる同時利用ユーザー増に対応。株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田仁基、以下ミクシィ)は、同社のスマホアプリ「モンスターストライク(以下、モンスト)」の提供基盤を構成するアプリケーション・サーバーを「IBM Cloudベアメタル・サーバー」で増強しました。

共有

詳細はこちら

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー

2018/7/30

デジタル技術はビジネスと社会との関係を一変させました。今やあらゆる伝統的な業界構造・業態を根本から変質させつつあります。もはやデジタル戦略とは、単純なデジタル”化”やデジタルによる”事業変革”だけを意味するに止まりません。リンク先にて、業界地図を塗り替えるデジタル”改革”をお客様自らが実践する術をご紹介させていただいております。

共有

詳細はこちら

(株式会社ファンケル様)ページ上でのユーザー行動分析を通じて、通信販売サイトの問題点の原因を特定し、改善策を推進することでユーザビリティーの改善を実現

(株式会社ファンケル様)ページ上でのユーザー行動分析を通じて、通信販売サイトの問題点の原因を特定し、改善策を推進することでユーザビリティーの改善を実現

2018/9/19

株式会社ファンケル(以下、ファンケル)は通信販売サイトFANCL onlineの問題点を検出し、原因を特定するためにIBM Tealeaf Customer Experience on Cloud(以下、Tealeaf)を採用。恒常的に問題点の原因分析と改善を実施することで、バグ対応も含めてこれまでに数十件、ユーザー・エクスペリエンスに基づいたサイト改修を行うことができました。また顧客から問い合わせがあった際も、Tealeafを使って即座にエラーの原因を特定することで対応日数を大幅に短縮しています。こうしたさまざまな改善活動を積み重ね、顧客体験の向上に成功しています。

共有

詳細はこちら

IBM Watsonを使用したチャットボットサービスのご紹介​

IBM Watsonを使用したチャットボットサービスのご紹介​

2018/9/19

株式会社ケイ・オプティコム様は、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のサポートチャネルにおいてIBM Watsonを活用したAI型チャットボットサービス「マイちゃん」を開始されました。詳細やマイちゃんへのアクセス先はリンクをご覧ください。Watsonを使ったチャットボットを実際に体感いただけますので、ぜひマイちゃんと会話してみてください。

共有

詳細はこちら

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

2018/9/19

IBM Watsonは、Watson API を組み合わせ、リアルタイムで音声を多言語に翻訳するアプリケーション「Speech to Speech」を提供しています。日本語で話した音声をテキスト変換し英語に翻訳、その翻訳した英語テキストをAPIを使って読み上げる、といった一連の処理を動的に行うことで、通訳のようなアプリケーションを簡単に作成することができます。このアプリケーションの作成方法を解説したWebサイトを公開中で、動画もありとてもわかりやすい内容となっております。ぜひご覧いただき、無料で使用できるIBM Cloudから、実際にアプリ制作をお試しください。

共有

詳細はこちら

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2018/9/19

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】IBM Cloud

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】IBM Cloud "ライトプラン"、ご存知ですか?

2018/9/03

手軽にアプリを構築してすぐお試しいただけるIBM Cloudの使いやすさをさらに強化する「ライトプラン」についてご紹介いたします。IBM Cloudの魅力の1つは、手軽にアプリを構築してすぐお試しいただけることです。しかし、「プロトタイプ」「お試し」なだけに、思わぬ費用がかかってしまうのは頭が痛い・・・そんなお客様に、ぜひご検討いただきたいのが「ライトプラン」です。いつでも視聴可能なオンラインセミナーとしてご紹介していますので、ご都合に合わせてぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。