Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: shinsuke@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

Java 無償サポート終了でお悩みのお客様向け −安心して Java をご利用頂けるための解説セミナー

Java 無償サポート終了でお悩みのお客様向け −安心して Java をご利用頂けるための解説セミナー

日時: 2018/7/23

場所: Webセミナー

詳細: Oracle Java SE 8 の無償サポートが 2019年1月で終了する発表により、Java SE 8 で稼働させているアプリケーションを新しい Java に移行するか長期サポート契約を締結するか、企業にとって悩ましいところです。このような背景を受けて、IBM の Java や OpenJDK のライフサイクルやサポートの仕組みを解説、お勧めのサポートサービスや Java プラットフォームをご紹介する Web セミナーを開催いたします。是非、ご参加ください。

共有

今すぐ登録する

映像・開発/設計データにも!高速・大容量データ転送「IBM Aspera」最新情報

映像・開発/設計データにも!高速・大容量データ転送「IBM Aspera」最新情報

日時: 2018/7/25

場所: Webセミナー

詳細: 当セミナーでは、2018年4月にラスベガスで開催された放送・映像業界のイベント「NAB SHOW 2018」で新しく発表されたSaaS ソリューション「IBM Aspera on Cloud」を中心に、最新情報をデモを交えながら解りやすくご説明します。

共有

今すぐ登録する

マルチクラウドを実現するAPI基盤「IBM API Connect v2018」最新情報

マルチクラウドを実現するAPI基盤「IBM API Connect v2018」最新情報

日時: 2018/7/11

場所: Webセミナー

詳細: 今年、IBM API Connectは v2018をリリースし、Docker/Kubernetes のサポートやアベイラビリティ・ゾーンのコンセプトを実装しました。当セミナーは、真のマルチクラウドAPI基盤として生まれ変わったIBM API Connectの最新情報をお届けします。

共有

今すぐ登録する

追加開催決定!【お気軽、出前サービス】Watsonを知ろう!!   *期間限定6月末まで

追加開催決定!【お気軽、出前サービス】Watsonを知ろう!!   *期間限定6月末まで

2018/5/20

昨今はAI活用が市場の大きなトレンドになっていますが、お客様より、IBMのWatsonをよく耳にするが、他社ではどのように活用しているのか教えて欲しい。もし自社でWatsonを活用するなら、どのような領域に適用できるのか知りたいなどお話をお聞きいたします。 そこで「Watson出前サービス」と称しまして、私、武田がご訪問の上、ディスカッション、情報提供をさせて頂きます。個別実施になりますので個人的なご関心でも構いません。ご覧のRep page上部にあります私の名前の下にあるメールマークから、「メールを送る」にてお問い合わせ頂けましたらご対応させていただきます。

共有

詳細はこちら

AIT様主催:2018年7月6日「LINE@で試そう!」-Watsonチャットボットを作成- IBM Watson ハンズオンセミナー(2.5h体験コース)

AIT様主催:2018年7月6日「LINE@で試そう!」-Watsonチャットボットを作成- IBM Watson ハンズオンセミナー(2.5h体験コース)

日時: 2018/7/06

場所: 日本アイ・ビー・エム 本社事業所(中央区日本橋箱崎町19-21)

詳細: 「LINE@で試そう!」をテーマに、IBM Watson API(主にWatson Assistant)にてチャットボットを作成いただき、作成したチャットボットをLINE@でご体験いただけるハンズオンセミナーを開催いたします。

共有

今すぐ登録する

IBM QRadar 体験ハンズオン ワークショップ

IBM QRadar 体験ハンズオン ワークショップ

日時: 2018/6/26

場所: 日本IBM本社事業所 6F IICハンズオンルーム (東京都中央区日本橋箱崎町19-21)

詳細: 本セミナーでは、潜在的な脅威や不正を解析・予測するセキュリティー・プラットフォーム IBM QRadar をハンズオンで体験していただく内容となっています。他の SIEM 製品とは異なるエッセンスをご紹介しますので、ぜひ体感してください。まずは触ってみましょう。ご参加お待ちしています。

共有

今すぐ登録する

コンテナー&Kubernetesで始めるクラウド・コンピューティング

コンテナー&Kubernetesで始めるクラウド・コンピューティング

日時: 2018/6/27

場所: Webセミナー

詳細: コンテナー&Kubernetesのメリットを最大化するにはマイクロサービス・アーキテクチャーに基づいたアプリケーションのクラウド・ネイティブ化を お勧めします。しかし、手間のかかる大規模なアプリの改修を行わずとも、コンテナー&Kubernetesのメリットを享受することが可能です。本セミナーでは、コンテナー&KubernetesがICTシステムにもたらすメリットと、コンナー&Kubernetesを素早く適用する戦略、そしてそれを支えるIBM Cloud Kubernetes Service (IKS)をご紹介します。

共有

今すぐ登録する

IBM i World 2018開催  *7月6日は大阪開催

IBM i World 2018開催  *7月6日は大阪開催

日時: 2018/7/03 - 2018/7/06

場所: 7月3日東京、6日大阪

詳細: AI 時代のあるべきアプリケーション・デザインを提示し、その実現のために活用いただける、IBM i 7.3 最新情報や、新発表のPOWER9 搭載 Power Systems をはじめとする最新の関連テクノロジーを紹介いたします。また、新たな顧客体験の創出や、ビジネスプロセス変革を達成されたお客様からのご講演も予定しています。

共有

今すぐ登録する

8月1日(水)開催〜マルチベンダー 環境 運用保守の次の一手を考える〜「戦略的なIT保守コスト削減で企業を成長路線に導く秘策とは」

8月1日(水)開催〜マルチベンダー 環境 運用保守の次の一手を考える〜「戦略的なIT保守コスト削減で企業を成長路線に導く秘策とは」

日時: 2018/8/01

場所: 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所(箱崎)

詳細: 当セミナーでは、企業が複雑なIT環境の課題を解決し、マルチベンダー環境の安心・安全な運用保守を維持するための具体的な解決策について、事例を多数交えながらご紹介します。ご多忙とは存じますが、ぜひともご来場賜りますようお願い申しあげます。

共有

今すぐ登録する

【自席でいつでも参加OK、簡単スキルアップ】IBM OnDemandセミナー

【自席でいつでも参加OK、簡単スキルアップ】IBM OnDemandセミナー

2018/6/04

IBM OnDemandセミナーとは、日ごろリアルタイムのWebセミナーにご興味をお持ちいただきながらも時間のご都合がつかず、ご参加いただけなかったお客様のためにご用意した、動画配信形式のセミナーです。いつでもどこでもPCからご視聴いただけます。

共有

詳細はこちら

始めましょう! IBM RPA with Automation Anywhere 無料トライアル

始めましょう! IBM RPA with Automation Anywhere 無料トライアル

2018/5/28

IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereとは、反復のための自動化とプロセスの集約を実現したソリューションです。  IBMでは、IBM RPA with Automation Anywhereの無料トライアルを提供しています。 またWebセミナーポータルからも情報提供させていただいておりますので、ご確認ください( https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ibm-rpa-websemina-portal/ )

共有

詳細はこちら

Watsonで性格分析してみませんか??

Watsonで性格分析してみませんか??

2018/6/19

ご自身の経験や考えていることのテキスト入力やTwitterからのデータにて性格分析が可能です。簡単に分析できますので、ぜひ一度試していただければと思います!!

共有

詳細はこちら

IBM お客様事例ご紹介

IBM お客様事例ご紹介

2018/6/05

お客様のビジネス課題(顧客満足度の向上、営業力強化、コスト削減、業務改善、セキュリティー強化、システム運用管理の改善、グローバル展開、社会貢献など)を解決した事例をご紹介しています。

共有

詳細はこちら

IBM Developer Advocate 萩野たいじ のFacebook/Twitter

IBM Developer Advocate 萩野たいじ のFacebook/Twitter

2018/5/28

IBM Developer Advocate Tokyo City Teamのメンバーの一人、萩野たいじのご紹介です。日本全国、時には海外のイベントにも出向き、登壇、ワークショップの講師、イベントブースの対応、など日々活動しています。技術コミュニティ運営、Blogや本の執筆なども行っており、きっとみなさんの「困った」の解決にご支援できると思います。活動の様子は彼のFacebookやTwitterで見ることができますので、ぜひご覧いただき、フォローください。ハッシュタグは「#IBMだ」です!

共有

詳細はこちら

製造業向け画像認識ソリューション「IBM Visual Insights」

製造業向け画像認識ソリューション「IBM Visual Insights」

2018/6/11

製造業向けIBM IoT ソリューション IBM Watson IoT for Manufacturingの1製品である IBM Visual Insights(VI)はディープ・ラーニングを利用した画像認識ソリューションで、お客様環境(エッジ)で画像による障害分類を行います。モデルの再学習機能により、画像認識精度の継続的な向上を実現します。

共有

詳細はこちら

CODE Meeeと“香りのパーソナライズ”という新ビジネスを

CODE Meeeと“香りのパーソナライズ”という新ビジネスを

2018/6/17

CODE Meeeが提案するのは「パーソナライズされた香り」によるアロマ製品。単なるアロマ販売ではなく、個人の生活リズムや好み、期待するエモーションに合った香りを提案するシステムが、最大の特徴だ。同サービスはスタートアップのアイデアやビジネスモデルを形にするIBM BlueHubのインキュベーション・プログラムによって、開発が後押しされた事例でもある

共有

詳細はこちら

デジタル+経営戦略〜破壊されるか、破壊者になるかデジタル戦略で攻めの経営を〜

デジタル+経営戦略〜破壊されるか、破壊者になるかデジタル戦略で攻めの経営を〜

2018/5/28

デジタル・リインベンション 破壊的テクノロジーの興隆。それを脅威ではなく、機会ととらえて企業を再創造する「ビッグアジェンダ」(変革の青写真とロードマップ)を設定します。ビジネスモデル、組織構造、ビジネス・プロセス、人材、ITアークテクチャー、エコシステム、これらを含む広範な青写真を描きご支援いたします。急速に進化するデジタルテクノロジー。お客様が、それを機会としてとらえ成長するために、戦略コンサルティングチームがサポートいたします。

共有

詳細はこちら

IBM Watson 活用例

IBM Watson 活用例

2018/6/17

国内で幅広い業界の約200社にすでに導入されているIBM Watson。AI「Augmented Intelligence (拡張知能)」としてWatsonを業務に活用した事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

IBM 大阪 Client Experience Center ご紹介

IBM 大阪 Client Experience Center ご紹介

2018/6/06

IBM大阪事業所の移転とともに中之島フェスティバルタワー ウエスト13階に、Client Experience Centerを2018年2月オープンいたしました。Cognitive & Cloudのソリューションや事例などをご紹介しております。

共有

詳細はこちら

なぜIBMは年間8,000件もの特許を取得するのか?

なぜIBMは年間8,000件もの特許を取得するのか?

2018/5/31

IBMが取得した特許には、人工知能/コグニティブ・コンピューティング関連の技術をはじめ、コグニティブ・ヘルス、クラウド、サイバーセキュリティといった、IBMの戦略的成長分野に関するさまざまな発明が含まれます。

共有

詳細はこちら

ビジネスのためのクラウド IBM Cloud

ビジネスのためのクラウド IBM Cloud

2018/6/14

IBM Cloudではオンプレミスとクラウドの両者のメリットを「いいとこ取り」したハイブリッド・クラウドを、自社のシステムに最適なステップで、理想の形へと実現していくことが可能です。

共有

詳細はこちら

Twitterでも情報配信しております!

Twitterでも情報配信しております!

2018/6/11

私のTwitterでも情報配信しております、フォローはお気軽に!!

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。