Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: nakataka@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

2018/4/11

IBM Watsonは、Watson API を組み合わせ、リアルタイムで音声を多言語に翻訳するアプリケーション「Speech to Speech」を提供しています。日本語で話した音声をテキスト変換し英語に翻訳、その翻訳した英語テキストをAPIを使って読み上げる、といった一連の処理を動的に行うことで、通訳のようなアプリケーションを簡単に作成することができます。このアプリケーションの作成方法を解説したWebサイトを公開中で、動画もありとてもわかりやすい内容となっております。ぜひご覧いただき、無料で使用できるIBM Cloudから、実際にアプリ制作をお試しください。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】新たなWatson 日本語API −Watson Discovery Service−

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】新たなWatson 日本語API −Watson Discovery Service−

2018/3/30

日本語対応のWatsonAPIに、新領域となる知識探索系APIが加わりました。その名も「Watson Discovery Service 」。お客様がお持ちのデータに加え、外部のSNSのデータや特許データを収集し、新たな知見を発掘する分析APIです。お客様の持つ独自の情報を活用するため、企業それぞれの活用方法を見いだせるのがDiscoveryの特色です。このDiscoveryをOnDemand Webセミナーとしてご提供しています。お客様のご都合に合わせてご視聴いただけます。

共有

詳細はこちら

それってAIじゃなくてデータマイニング? / AIはどこに入っているの?

それってAIじゃなくてデータマイニング? / AIはどこに入っているの?

2018/4/04

AIとデータマイニング(データ分析)の違い、チャットボットにおけるAIの位置づけについて、ブログにて取り上げてみました。ITmediaの総合サイトでも紹介されたこちらのエントリー、よろしければご一読ください。なお、こちらは個人としての見解です。

共有

詳細はこちら

IBM Watson を使う前によく寄せられるご質問

IBM Watson を使う前によく寄せられるご質問

2018/3/29

IBM Watsonについて、より正しく実態をご理解いただけるようこれまでに多く寄せられた質問をFAQ形式で解説しています。どのように学習させるのかについてはパターンを分けてご説明していますので、ご理解いただけるのではないかと思います。

共有

詳細はこちら

WatsonのOnDemand Webセミナー、多数取り揃えています!

WatsonのOnDemand Webセミナー、多数取り揃えています!

2018/3/23

お客様のご都合に合わせてご視聴いただけるOnDemandセミナー。以前開催し、ご好評をいただいたWebセミナーを中心に収録してしています。私が担当するIBM WatsonやCloudも多くご用意しています。Watsonとは何かという初心者の方向けから、構築に向けたヒントが知りたい方向けまで、様々な観点でご紹介しています。お客様のニーズに合わせてご選択ください。お問い合わせは中山までお気軽にどうぞ。

共有

詳細はこちら

チャットボットの性能を左右する? IBM Watsonの「知識ベース」とは

チャットボットの性能を左右する? IBM Watsonの「知識ベース」とは

2018/4/13

チャットボットなどの質問応答システムには必須の「知識ベース」。自然言語の文章を構造化することで、コンピューターで利用できるようにした言語データのことですが、「知識ベース」はデータの利用方法や構造化の違いで、「照会応答型」と「知識活用型」に大別できます。それぞれの概要とWatsonソリューションを使った構築方法についてご紹介したサイトをぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

知ってた?IBM Watsonの3つのすごさ

知ってた?IBM Watsonの3つのすごさ

2018/3/26

IBM Watsonって、AIとかコグニティブとかいった話の中でよく聞くワードだけど、実際のところ何ができてどうすごいのかがいまひとつピンとこない。こんな方も多いのではないでしょうか。従来のコンピューターとWatsonの違いに焦点を当て、今日多様な場面で活躍するWatsonのすごさを分かりやすく説明するサイトをご覧になり、Watsonへの理解を深めていただければと思います。

共有

詳細はこちら

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

2018/4/10

IBM Watson って最近よく聞くけど、実際のところはよくわからない。そんな方もいらっしゃると思います。Watsonの歴史、仕組み、技術、事例等をまとめたサイトで、ぜひWatsonについての理解を深めてください。

共有

詳細はこちら

Watsonに「毎日お味噌汁を作って」がプロポーズだと理解させるには?

Watsonに「毎日お味噌汁を作って」がプロポーズだと理解させるには?

2018/4/19

「毎日お味噌汁を作って」は、昔からよく聞くプロポーズの言葉ですよね(実際に使う人がいるのかはわかりませんが)。でも、ただ字面を読むだけでは、料理の献立の一つを作ってほしいという依頼にすぎないとも言えます。このような言葉を、意図したように理解させることはIBM Watsonには可能なのでしょうか。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】今さら聞けない!ゼロからわかるIBM Watson

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】今さら聞けない!ゼロからわかるIBM Watson

2018/4/17

既に金融業のコールセンター支援にとどまらず、製造業・サービス業・教育産業・医療の世界など、様々な業種においてWatsonの実用化が進められておりますが、Watson活用のご検討を始めたばかりのお客様の中には、「そもそもWatsonとはどのようなものなのか?」「どういうところがよいのか?」「自社のビジネスに、どのような形で利用できるのか?」などの素朴な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。Watson初心者の方に向けて最新情報やユースケースをご紹介したWebセミナーを、いつでも都合のいいときにご視聴いただけるOnDemandセミナーとして公開しています。ぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2018/4/16

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

IBM CodeでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

IBM CodeでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

2018/4/20

「AIを取り入れたアプリを作ってみたい」「ビジネスに活かしたい! 」でも、何から手をつければよいのだろう? そんな悩めるエンジニアに知っていただきたいのがIBM Codeです。IBM Codeは、AIを含む様々なテクノロジーを活用してアプリを作る際に参考になるアイデアやコードを紹介するサイトです。ぜひ新しいアプリのアイデアやビジネスのヒントを探しに、このサイトにアクセスしてみてください。

共有

詳細はこちら

Watson Visual Recognition + Kotlin で撮影した画像で商品検索が出来る Android アプリを作ろう

Watson Visual Recognition + Kotlin で撮影した画像で商品検索が出来る Android アプリを作ろう

2018/4/03

IBM Bluemix の Watson Visual Recognition には画像の類似度を調べたり物体を認識させる機能が存在するため、モバイルアプリケーションの開発に手慣れているのであれば専門的な知識を殆ど知らなくても、簡単に画像で商品を検索出来るアプリを実現することが出来ます。現在話題になっているプログラミング言語の Kotlin とWatson Visual Recognition を用いて、撮影した画像から Amazon で商品検索出来るアプリを作成するチュートリアルをご紹介します。

共有

詳細はこちら

【6/11 エンジニア向けイベント】日本IBM統合イベント Developer Day

【6/11 エンジニア向けイベント】日本IBM統合イベント Developer Day

2018/3/28

今押さえておくべきテクノロジーを一堂に集め、セッションやワークショップ、ネットワーキングなどさまざまな体験の場をご提供する日本最大級のエンジニア向けイベントを開催します。ご参加は無料。詳しい情報は4月16日(月)に公開予定ですのでお楽しみに!まずは、6月11日(月)のスケジュールの確保をお願いいたします。

共有

詳細はこちら

【データベース導入事例】オンプレミスのデータベースからIBM Db2 Warehouse on Cloudに移行しアドホック分析とデータ・ドリブンのマーケティングを推進

【データベース導入事例】オンプレミスのデータベースからIBM Db2 Warehouse on Cloudに移行しアドホック分析とデータ・ドリブンのマーケティングを推進

2018/3/22

DVDなどのレンタルや新品・中古ゲームなどの買取・販売を行っている「ゲオショップ」や、総合リユースショップ「セカンドストリート」など、全国に1,800を超える店舗を展開する株式会社ゲオは、マーケティング活動で必須となるデータ分析の基盤をクラウド・データベースのIBM Db2 Warehouse on Cloudに移行しました。これを機にメディア事業部内におけるアナリティクス体制の強化および人材育成に注力。すでにクーポン配布の最適化などで大きな成果を上げるなど、LOB(事業部門)主導によるデータ・ドリブンのマーケティングを実践しています。

共有

詳細はこちら

【お客様導入事例】Watsonを活用したAIサービスによる自動車メンテナンスの啓発が、 やがて「お客様のライフスタイル提案」へつながる

【お客様導入事例】Watsonを活用したAIサービスによる自動車メンテナンスの啓発が、 やがて「お客様のライフスタイル提案」へつながる

2018/3/19

株式会社オートバックスセブンは、日本のクルマ社会を取り巻く社会課題として「メンテナンス不良による自動車事故」に着目。「日常点検を全くしないという人の割合がおよそ35%」というユーザーの意識・行動変化を啓発すべく、IBM Watson Visual Recognitionを活用し、お客様自身が簡単かつ無料で日常的に点検できるサービスを開発しました。同サービスを足がかりに、お客様との接点強化と新たなライフスタイル提案を進めています。

共有

詳細はこちら

IBM Cloudライト・アカウントでWatsonを始めてみませんか

IBM Cloudライト・アカウントでWatsonを始めてみませんか

2018/3/16

IBM Cloudライト・アカウントではIBM Cloud上の主要なサービスをライト・プランとしてご用意しています。ライト・プランを組み合わせると、先進的なサービスを手軽に利用して、最先端のアプリケーションを手軽に短時間で開発し、ご利用いただけます。このライト・プランの中にはWatsonのサービスも含まれます。Watsonのはじめの一歩を踏み出してみませんか?お気軽に中山までお問い合わせください。

共有

詳細はこちら

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

2018/3/15

IBM Watsonは、はじめから万能ではありません。Watsonに問いかけをすると何でも答えてくれる、知らないことは何もない全知全能の神であるかのように理解されていることもあるようですが、これは正しくありません。Watsonはユーザーのニーズに合わせて、特定の領域の知識を蓄え、整理して学習させることにより、様々な問いかけにも応えられるようになるのであって、はじめは全くの空っぽの状態なのです。このことについて、私が書いた個人ブログがありますので、ぜひご一読ください。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】デモで実感!事例で納得!Watsonが開く画像分析の可能性

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】デモで実感!事例で納得!Watsonが開く画像分析の可能性

2018/3/14

IBM Watsonはドローンなどの機器から撮影された画像の認識のように、画像の分析・解析を実施してビジネスに活かしていくことも可能です。Watsonの画像分析機能を担う「Visual Recognition」について、技術者によるデモを交えてご紹介したWebセミナーをオンデマンドセミナーとして公開しています。様々な業界におけるユース・ケースもご紹介していますので、Watsonの新しい活用法にご興味お持ちの方は、ぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

Watson Conversationを使ってチャットボットを作りませんか?

Watson Conversationを使ってチャットボットを作りませんか?

2018/3/13

様々な企業で活用されるようになったチャットボット。IBM Watsonを利用してチャットボットを開発するために必要なWatson Conversationの技術的な解説をしたサイトをご紹介します。Watson Conversationは、対話アプリケーションを開発するためのプラットフォームです。画面イメージが多く掲載されていますので、こちらを参考にして、ぜひユニークなサービスを作ってみてください。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

2018/3/08

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において発生する、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方はぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

Watson は数千万の論文をどう学習する?

Watson は数千万の論文をどう学習する?

2018/3/07

東京大学医科学研究所が導入したIBM Watsonが、専門医でも診断が難しい二次性白血病というがんを10分で見抜いたという事例がありますが、このときWatsonは2000万件以上の医学論文を学習したとのことです。では、Watsonはいったいどのようにしてそのような膨大な論文を学習しているのでしょうか。研究員へのインタビュー記事をご覧ください。

共有

詳細はこちら

【動画紹介】Watsonが学習する方法

【動画紹介】Watsonが学習する方法

2018/3/06

IBM Watsonは人間の専門家が十分な情報に基づいたよりよい意思決定ができるようにサポートしてくれます。なぜWatson は非常に複雑な状況に関する質問にもいつでも応答して、証拠に裏付けられた、さまざまな潜在的な応答や推奨を提供できるのでしょうか?

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】知識ベースの活用によりWatsonサービスの提供を短期間で実現!

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】知識ベースの活用によりWatsonサービスの提供を短期間で実現!

2018/3/05

IBM Watsonを活用して、保有している知識ベース(ナレッジ)をチャットボット等の形態で提供する企業が増えています。 知識ベースの問い合わせシステムをWatsonで構築するにあたり、すでに業界の知見が集約され、質問に対して適切な回答が準備されている、いわば学習済みのWatsonを導入することで、短期間で顧客向けのサービスを開始できます。この知識ベースを提供する会社の一つがコールセンター運営大手のトランスコスモス社です。同社がコールセンター運用の中で蓄積してきたノウハウを、Watsonのナレッジとして提供することが可能です。OnDemand Webセミナーにてご紹介動画を公開しています。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

2018/3/01

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において生ずる、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方にお勧めのWebセミナーです。

共有

詳細はこちら

コグニティブって知ってる?AIとは違うIBMの目指す世界とは

2018/2/27

IBMではWatsonのことを「AI」ではなく「コグニティブ・コンピューティング・システム」と呼んでおり、与えられた情報を処理する単なる機械ではなく、人間のように、自ら理解・推論・学習するシステムを指します。ここでは、このシステムの特長は何?コグニティブでIBMが目指す世界とは?といった疑問を、わかりやすくお伝えします。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。