Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: nakataka@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM Watson 活用例 のサイト

IBM Watson 活用例 のサイト

2017/11/22

実際にWatsonを活用するための方法や、日本の内外で既に導入がはじまっている事例をご紹介するサイトです。それぞれの事例には動画や資料のリンクがあります。導入検討に際し、5問程度で簡単にできるWatsonの適用判断も実施いただけます。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

2017/11/21

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において生ずる、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方にお勧めのWebセミナーです。

共有

詳細はこちら

コグニティブって知ってる?AIとは違うIBMの目指す世界とは

コグニティブって知ってる?AIとは違うIBMの目指す世界とは

2017/11/20

IBMではWatsonのことを「AI」ではなく「コグニティブ・コンピューティング・システム」と呼んでおり、与えられた情報を処理する単なる機械ではなく、人間のように、自ら理解・推論・学習するシステムを指します。ここでは、このシステムの特長は何?コグニティブでIBMが目指す世界とは?といった疑問を、わかりやすくお伝えします。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】ついに日本上陸!IBM×The Weather Company 〜ビジネスに「効く」気象データ分析〜

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】ついに日本上陸!IBM×The Weather Company 〜ビジネスに「効く」気象データ分析〜

2017/11/17

以前Webセミナーでご紹介した、The Weather Company が日本国内で開始したビジネスの概要が、オンラインセミナーとして、お客様のご都合のよい時に視聴いただくことが可能になりました。IBMは高精度の気象予報、およびさまざまな業界向けの気象関連サービスを提供してきたThe Weather Companyの製品およびテクノロジーを取り入れ、 IBM Watsonをはじめとする最先端のコグニティブ技術や全世界で培ってきた業界・業種ごとのノウハウを融合することで、 気象予報がもたらすビジネスへの影響についてのお客様のよりよい意思決定をご支援しています。ぜひ、ご視聴ください。

共有

詳細はこちら

Watsonに「毎日お味噌汁を作って」がプロポーズだと理解させるには?

Watsonに「毎日お味噌汁を作って」がプロポーズだと理解させるには?

2017/11/16

「毎日お味噌汁を作って」は、昔からよく聞くプロポーズの言葉ですよね(実際に使う人がいるのかはわかりませんが)。でも、ただ字面を読むだけでは、料理の献立の一つを作ってほしいという依頼にすぎないとも言えます。このような言葉を、意図したように理解させることはIBM Watsonには可能なのでしょうか。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】今さら聞けない!ゼロからわかるIBM Watson

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】今さら聞けない!ゼロからわかるIBM Watson

2017/11/15

既に金融業のコールセンター支援にとどまらず、製造業・サービス業・教育産業・医療の世界など、様々な業種においてWatsonの実用化が進められておりますが、Watson活用のご検討を始めたばかりのお客様の中には、「そもそもWatsonとはどのようなものなのか?」「どういうところがよいのか?」「自社のビジネスに、どのような形で利用できるのか?」などの素朴な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。Watson初心者の方に向けて最新情報やユースケースをご紹介したWebセミナーを、いつでも都合のいいときにご視聴いただけるOnDemandセミナーとして公開しています。ぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2017/11/14

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

チャットボットの性能を左右する? IBM Watsonの「知識ベース」とは

チャットボットの性能を左右する? IBM Watsonの「知識ベース」とは

2017/11/13

チャットボットなどの質問応答システムには必須の「知識ベース」。自然言語の文章を構造化することで、コンピューターで利用できるようにした言語データのことですが、「知識ベース」はデータの利用方法や構造化の違いで、「照会応答型」と「知識活用型」に大別できます。それぞれの概要とWatsonソリューションを使った構築方法についてご紹介したサイトをぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

2017/11/10

IBM Watson って最近よく聞くけど、実際のところはよくわからない。そんな方もいらっしゃると思います。Watsonの歴史、仕組み、技術、事例等をまとめたサイトで、ぜひWatsonについての理解を深めてください。

共有

詳細はこちら

Watsonで大量のデータからつながりを発見

Watsonで大量のデータからつながりを発見

卵巣がんに影響を与える遺伝子の特定。人間によるキュレーションでは何週間または何カ月もかかる可能性がありますが、Watson ではあっという間に完了します。

共有

視聴する

Watsonと専門知識の拡張

Watsonと専門知識の拡張

Watson は私たちが多彩な分野で専門知識を共有する方法に、革命的な変化を与えています。Watson はあなたをどのようにしてよりよい専門家にするのでしょう。本来、人間の話す言葉はすべて分析しにくいものです。しかし、Watson は文脈を理解します。コンピューターが人間の会話を単語に変換するだけの単純な音声認識とはまったく異なるその仕組みとは?

共有

視聴する

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】知識ベースの活用によりWatsonサービスの提供を短期間で実現!

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】知識ベースの活用によりWatsonサービスの提供を短期間で実現!

2017/11/09

IBM Watsonを活用して、保有している知識ベース(ナレッジ)をチャットボット等の形態で提供する企業が増えています。 知識ベースの問い合わせシステムをWatsonで構築するにあたり、すでに業界の知見が集約され、質問に対して適切な回答が準備されている、いわば学習済みのWatsonを導入することで、短期間で顧客向けのサービスを開始できます。この知識ベースを提供する会社の一つがコールセンター運営大手のトランスコスモス社です。同社がコールセンター運用の中で蓄積してきたノウハウを、Watsonのナレッジとして提供することが可能です。OnDemand Webセミナーにてご紹介動画を公開しています。

共有

詳細はこちら

Watson Explorerで発掘できる、企業に眠る宝の山とは?

Watson Explorerで発掘できる、企業に眠る宝の山とは?

2017/11/07

これからの時代、企業の競争力はデータ活用が左右する――。そんなことが言われて久しいですが、データをどのように活用するかだけでなく、それ以前に「活用するためのデータがない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。具体的にどのようなデータを、どのように活用できるのか。IBMのテキスト検索・分析ツール「IBM Watson Explorer」を使った社内データの活用方法について紹介するページをご覧いただき、データ分析のイメージをつかんでいただければと思います。

共有

詳細はこちら

IBM THINK tv

IBM THINK tv

2017/11/05

「スポーツ x データ分析で競技スポーツが変わる」「情緒的価値で勝負するエンターテインメント企業にWatsonができること」このような興味深い動画をご視聴いただけるIBMの動画配信メディア “THINK tv” 。世界では今どのようなイノベーションが起きているのでしょうか?テクノロジーで未来を作る人のための動画配信メディア “THINK tv” をぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

IBM Cloudライト・アカウントでWatsonを始めてみませんか

IBM Cloudライト・アカウントでWatsonを始めてみませんか

2017/11/02

IBM Cloudライト・アカウントではIBM Cloud上の主要なサービスをライト・プランとしてご用意しています。ライト・プランを組み合わせると、先進的なサービスを手軽に利用して、最先端のアプリケーションを手軽に短時間で開発し、ご利用いただけます。このライト・プランの中にはWatsonのサービスも含まれます。Watsonのはじめの一歩を踏み出してみませんか?

共有

詳細はこちら

コールセンターを支えるWatson――地味だけどスゴいヤツ

コールセンターを支えるWatson――地味だけどスゴいヤツ

2017/11/01

華やかな印象を持たれることもある人工知能(AI)ですが、実際の活躍の場は地味……。お客さま相談窓口などで活用されるIBMの「Watson」もしかり。とはいえ、それを支える技術は実はスゴい!その中核となるソリューションはWatson Explorerです。ITmediaに掲載中の私の執筆記事をぜひご一読ください(個人としての執筆です)。

共有

詳細はこちら

「学習済みWatson」が拓くコグニティブ・ビジネスへの近道

「学習済みWatson」が拓くコグニティブ・ビジネスへの近道

2017/10/31

通常であればWatsonを使うためにまず、データをWatsonに与えて学習させることが必要です。しかし、専門知識のデータを揃えて効果的にWatsonに学習をさせるには使う側にもスキルや知識が求められます。そこで、それぞれの業種に特化した専門知識をあらかじめ備えるWatson、いわば用途別Watsonを「学習済みWatson」と称しています。パートナー企業とIBMが作るこの学習済みWatsonをご紹介します。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】事例で見るWatson Explorer最新情報〜コグニティブ・コンピューティングを支える統合分析基盤〜

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】事例で見るWatson Explorer最新情報〜コグニティブ・コンピューティングを支える統合分析基盤〜

2017/10/30

IBM Watsonソリューションをバックエンドで支えるWatson Explorer。Watsonとどのように連携しているのか、検索と分析という二つの視点でご紹介したセミナーを、お客様のご都合に合わせてご視聴いただけます。ご質問等ございましたら中山までご連絡ください。

共有

詳細はこちら

知ってた?IBM Watsonの3つのすごさ

知ってた?IBM Watsonの3つのすごさ

2017/10/27

IBM Watsonって、AIとかコグニティブとかいった話の中でよく聞くワードだけど、実際のところ何ができてどうすごいのかがいまひとつピンとこない。こんな方も多いのではないでしょうか。従来のコンピューターとWatsonの違いに焦点を当て、今日多様な場面で活躍するWatsonのすごさを分かりやすく説明するサイトをご覧になり、Watsonへの理解を深めていただければと思います。

共有

詳細はこちら

【Watson導入事例】“ Watson APIはデータを入れて簡単に試してみることができるので、私たち自身で使えるかどうかの判断をすることができ、とても助かりました”

【Watson導入事例】“ Watson APIはデータを入れて簡単に試してみることができるので、私たち自身で使えるかどうかの判断をすることができ、とても助かりました”

2017/10/25

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社はナレッジの共有や、効率性・生産性とお客さま満足度の向上を目的としてIBM Watsonを活用した社内照会応答システムを短期間で構築。営業社員の問い合わせの効率化、利便性向上を実現し、さらにお客さまや代理店からの問い合わせへの対応も視野に入れたシステムへの成長を目指されています。

共有

詳細はこちら

【Watson導入事例】学校法人 金沢工業大学

【Watson導入事例】学校法人 金沢工業大学

2017/10/24

学生の生活や意識、学び方に対する姿勢の多様化にともない、効果的・効率的な学生向けのアドバイス体制を整えるべく、自然文の解析ができるWatsonを用いた「自己成長支援システム」の構築に着手。従来は対応が難しかった、学部を超えた新たな学習機会の提案も可能にし、さらに学生がWatsonと会話しながら、アドバイスを受けるサービスも開始する予定です。

共有

詳細はこちら

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

2017/10/23

IBM Watsonは、はじめから万能ではありません。Watsonに問いかけをすると何でも答えてくれる、知らないことは何もない全知全能の神であるかのように理解されていることもあるようですが、これは正しくありません。Watsonはユーザーのニーズに合わせて、特定の領域の知識を蓄え、整理して学習させることにより、様々な問いかけにも応えられるようになるのであって、はじめは全くの空っぽの状態なのです。このことについて、私が書いた個人ブログがありますので、ぜひご一読ください。

共有

詳細はこちら

「Watson Analyticsを さわってみよう!」ハンズオン・ガイド資料

「Watson Analyticsを さわってみよう!」ハンズオン・ガイド資料

2017/10/20

Watson Analyticsは、統計の専門知識がなくても手元のデータをクラウド上にアップロードし、ガイドに従って操作や質問するだけで、簡単にデータを分析できるクラウド型アナリティクス・ツールです。美しいグラフやダッシュボードを簡単に作成し、説得力のあるレポートを作成できます。Watson Analyticsをあなた専属のアナリスト、データサイエンティストとしてぜひご利用ください。リンク先にハンズオン資料をご用意しています。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

2017/10/18

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において発生する、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方はぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

Watson は数千万の論文をどう学習する?

Watson は数千万の論文をどう学習する?

2017/10/18

東京大学医科学研究所が導入したIBM Watsonが、専門医でも診断が難しい二次性白血病というがんを10分で見抜いたという事例がありますが、このときWatsonは2000万件以上の医学論文を学習したとのことです。では、Watsonはいったいどのようにしてそのような膨大な論文を学習しているのでしょうか。研究員へのインタビュー記事をご覧ください。

共有

詳細はこちら

【動画紹介】Watsonが学習する方法

【動画紹介】Watsonが学習する方法

2017/10/17

IBM Watsonは人間の専門家が十分な情報に基づいたよりよい意思決定ができるようにサポートしてくれます。なぜWatson は非常に複雑な状況に関する質問にもいつでも応答して、証拠に裏付けられた、さまざまな潜在的な応答や推奨を提供できるのでしょうか?

共有

詳細はこちら

Watson API サービス概要

Watson API サービス概要

2017/10/16

IBM Watsonでは、どのようなサービスが利用できるのか。なんとなくは知っているけど、詳しくはわからない。そんな方もいらっしゃると思います。Watsonでご提供しているAPIサービスについて、詳しく解説した資料がありますので、ぜひご覧ください。リンク先では、Watsonについての資料を随時追加していきます。

共有

詳細はこちら

IBM+Wi2 (ワイヤ・アンド・ワイヤレス様事例)

IBM+Wi2 (ワイヤ・アンド・ワイヤレス様事例)

2017/10/12

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス様では、訪日観光客行動分析基盤にIBMのクラウド・データベース・サービスのdashDBとCloudantを採用され、ログ分析にかかる分析準備の手間を大幅に削減されました。

共有

詳細はこちら

2017年上半期 Tokyo SOC情報分析レポート

2017年上半期 Tokyo SOC情報分析レポート

2017/10/10

東京を含む全世界8拠点のIBMセキュリティー・オペレーション・センター(IBM SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主として日本国内の企業環境で観測された脅威動向を、Tokyo SOCが独自の視点で分析・解説した「2017年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表しました。観測した攻撃を分析した結果、「WannaCry登場により基本的対策の重要性を再確認」「不正メールの添付ファイルが多様化」「深刻な脆弱性公開に備えて経営層の事前判断が必要」が浮かび上がりました。ぜひダウンロードしてご覧ください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。