Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: nakataka@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【事例:JR東日本様】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革

【事例:JR東日本様】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革

2018/9/26

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)のお問い合わせセンターには、毎日数千件から数万件にも及ぶ大量かつ広範囲にわたる質問がお客さまから寄せられてきます。そのサービス品質を全体的に底上げし、お客さま満足度のさらなる向上を実現するためにJR東日本のサービス品質改革部は研究部門とタッグを組み、Watsonを活用したオペレーター支援の仕組みをスモールスタートで導入しました。

共有

詳細はこちら

IBM Cloud をプラットフォームとして選択する理由のトップ10

IBM Cloud をプラットフォームとして選択する理由のトップ10

2018/9/25

デベロッパーの方向けに、IBM Cloud を最適なクラウド・プラットフォームとして選択する理由のトップ 10 を紹介しているサイトです。無料のライト・アカウントを作成して、今すぐ IBM Cloud を導入することができますので、ぜひお試しください。

共有

詳細はこちら

Watson Assistantを使ってチャットボットを作りませんか?

Watson Assistantを使ってチャットボットを作りませんか?

2018/9/21

様々な企業で活用されるようになったチャットボット。IBM Watsonを利用してチャットボットを開発するために必要なWatson Assistantの技術的な解説をしたサイトをご紹介します。Watson Assistantは、対話アプリケーションを開発するためのプラットフォームです。画面イメージが多く掲載されていますので、こちらを参考にして、ぜひユニークなサービスを作ってみてください。

共有

詳細はこちら

IBM CodeでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

IBM CodeでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

2018/9/20

「AIを取り入れたアプリを作ってみたい」「ビジネスに活かしたい! 」でも、何から手をつければよいのだろう? そんな悩めるエンジニアに知っていただきたいのがIBM Codeです。IBM Codeは、AIを含む様々なテクノロジーを活用してアプリを作る際に参考になるアイデアやコードを紹介するサイトです。ぜひ新しいアプリのアイデアやビジネスのヒントを探しに、このサイトにアクセスしてみてください。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】経験者に聞く!Watsonプロジェクトをうまく進めるコツ

2018/9/18

Watsonの実用化に向けて開発を進めていく過程において生ずる、「どのような学習プロセスをたどっていくのか?」「データの準備はどうしたらよいのか?」 など、様々な疑問にプロジェクトの経験者がアプローチの一例をお答えします。「Watsonの学習データはどれくらい必要なのか?」「データは誰から集めるのがよいのか?」「学習にはどの程度の時間を要するのか?」など、素朴な疑問をお持ちの方、先行している開発者のお悩みポイントが気になる方にお勧めのWebセミナーです。

共有

詳細はこちら

水曜ワトソンカフェ

水曜ワトソンカフェ

2018/9/13

IBM Watsonを使ってサービスを開発しているエンジニアがおおよそ月1回、水曜日に集まっているのが「水曜ワトソンカフェ」です。「いまWatson APIを使って開発してるんだけど、他のヒトはどうしているんだろう?」や「開発者同士で情報共有する場がほしい」「もっと良いやり方があるんじゃないか?」等々。ご関心のあるデベロッパー、エンジニアの方、ぜひお気軽にご参加ください。

共有

詳細はこちら

IBM Watsonを使用したチャットボットサービスのご紹介​

IBM Watsonを使用したチャットボットサービスのご紹介​

2018/9/12

株式会社ケイ・オプティコム様は、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のサポートチャネルにおいてIBM Watsonを活用したAI型チャットボットサービス「マイちゃん」を開始されました。詳細やマイちゃんへのアクセス先はリンクをご覧ください。Watsonを使ったチャットボットを実際に体感いただけますので、ぜひマイちゃんと会話してみてください。

共有

詳細はこちら

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2018/9/11

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

2018/9/07

IBM Watsonは、Watson API を組み合わせ、リアルタイムで音声を多言語に翻訳するアプリケーション「Speech to Speech」を提供しています。日本語で話した音声をテキスト変換し英語に翻訳、その翻訳した英語テキストをAPIを使って読み上げる、といった一連の処理を動的に行うことで、通訳のようなアプリケーションを簡単に作成することができます。このアプリケーションの作成方法を解説したWebサイトを公開中で、動画もありとてもわかりやすい内容となっております。ぜひご覧いただき、無料で使用できるIBM Cloudから、実際にアプリ制作をお試しください。

共有

詳細はこちら

【Q&A】こちらAIビギナー、アドバイス求む!

【Q&A】こちらAIビギナー、アドバイス求む!

2018/9/05

社員200名程の食品メーカーでマーケティング関連の業務に携わる30代の課長補佐の「API困ったさん」。上司からAI導入に関する提案を促されるも、何をしたら良いかわからない毎日。ある日、Q&Aサイト「THINK 質問スレッド」にアクセスし、AI導入やAPI構築に関する疑問を書き込み始めました。どんな回答が集まったのでしょうか?

共有

詳細はこちら

AI活用が進む世界におけるIBMのデータ・プライバシー・ポリシーについて

AI活用が進む世界におけるIBMのデータ・プライバシー・ポリシーについて

2018/9/04

IBMは、お客様の最も貴重な資産であるデータを保護することにコミットしています。IBMは、お客様の許可を得ずに、お客様のデータやデータから得られる洞察を共有しません。 お客様が、IBMのAIプラットフォームで作業する場合、Watsonが提供する洞察のメリットを得るために、IBMにデータの所有権を提供する必要はありません。このほか、セキュリティーやデータの暗号化についてIBMのポリシーをサイトにて説明していますので、ご参照ください。

共有

詳細はこちら

自然言語や性格分析も!知っておきたい Watson API まとめ

自然言語や性格分析も!知っておきたい Watson API まとめ

2018/9/03

さまざまな事業領域で活用が進む「IBM Watson」。IBMは、画像認識や音声認識などのWatsonの機能をAPIとして公開しているため、すぐにWatsonを試すことができます。Watsonの主要なAPIを紹介する記事をお読みいただき、どのような機能やシステムを連携させてサービスを作るのかのイメージを持っていただければと思います。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】IBM Cloud

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】IBM Cloud "ライトプラン"、ご存知ですか?

2018/8/31

手軽にアプリを構築してすぐお試しいただけるIBM Cloudの使いやすさをさらに強化する「ライトプラン」についてご紹介いたします。IBM Cloudの魅力の1つは、手軽にアプリを構築してすぐお試しいただけることです。しかし、「プロトタイプ」「お試し」なだけに、思わぬ費用がかかってしまうのは頭が痛い・・・そんなお客様に、ぜひご検討いただきたいのが「ライトプラン」です。いつでも視聴可能なオンラインセミナーとしてご紹介していますので、ご都合に合わせてぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

IBM Watson みずほ銀行コールセンター業務の革新

IBM Watson みずほ銀行コールセンター業務の革新

IBMリサーチの技術を用いてWatsonをコールセンターのリアルタイム支援に実用導入したみずほ銀行様。 通話時間の短縮によるお客様満足度の向上、オペレーターの育成期間の短縮といった、「学習するシステム」の効果を実感されています。

共有

視聴する

【IBM Watson導入事例】膨大なデータ分析に基づく人材マッチングシステムにより精度や営業効率を向上

【IBM Watson導入事例】膨大なデータ分析に基づく人材マッチングシステムにより精度や営業効率を向上

2018/8/30

株式会社フォーラムエンジニアリング様は、クライアントに最適な人材を紹介し、紹介の根拠を示すために社内外の膨大なデータを収集、分析するソリューションをWatson ExplorerやSPSS Modelerを採用し構築。これによりマッチング精度が高まり、マッチング・プロセスから人によるバイアスがなくなると同時に、営業担当者の効率が大きく向上しました。

共有

詳細はこちら

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

2018/8/29

IBM Watson って最近よく聞くけど、実際のところはよくわからない。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。Watsonの歴史、仕組み、技術、事例等をまとめたサイトをご紹介します。「結局何ができるの?」「これからどうなるの?」など、テーマに合わせた記事をお読みいただきますと、Watsonについての理解が深まると思います。お時間のあるときにどうぞ。

共有

詳細はこちら

IBM Watson を使う前によく寄せられるご質問

IBM Watson を使う前によく寄せられるご質問

2018/8/28

IBM Watsonについて、より正しく実態をご理解いただけるようこれまでに多く寄せられた質問をFAQ形式で解説しています。どのように学習させるのかについてはパターンを分けてご説明していますので、ご理解いただけるのではないかと思います。

共有

詳細はこちら

WatsonのOnDemand Webセミナー、多数取り揃えています!

WatsonのOnDemand Webセミナー、多数取り揃えています!

2018/8/26

お客様のご都合に合わせてご視聴いただけるOnDemandセミナー。以前開催し、ご好評をいただいたWebセミナーを中心に収録してしています。私が担当するIBM WatsonやCloudも多くご用意しています。Watsonとは何かという初心者の方向けから、構築に向けたヒントが知りたい方向けまで、様々な観点でご紹介しています。お客様のニーズに合わせてご選択ください。

共有

詳細はこちら

THINK Digital 〜最先端テクノロジーの知識を深める幅広い動画コンテンツ〜

THINK Digital 〜最先端テクノロジーの知識を深める幅広い動画コンテンツ〜

2018/8/24

IBM THINK DigitalではIBM Watsonのビジネスへの適用や、IBMクラウドとデータ活用、最新のセキュリティー対策を中心とした、最先端テクノロジーへの知識を深めていただくための幅広い動画コンテンツをお届けします。随時新しい動画コンテンツを公開してまいりますので、ぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

AI in a Box - IBM Watson 〜 ソリューションパッケージ

AI in a Box - IBM Watson 〜 ソリューションパッケージ

2018/8/23

IBM Watsonについて、多くの企業でお悩みの業務を抽出し、クイックに導入いただけるソリューションをご用意しています。業務ごとにWatsonを活用したソリューションを、パッケージとしてご提供します。これにより、Watsonを使ったシステムの構築を短期間で行うことが可能になります。自社の業務に適用できるソリューションを見つけ、競争優位を高めるためにも早く着手いただくことをオススメします。

共有

詳細はこちら

それってAIじゃなくてデータマイニング? / AIはどこに入っているの?

それってAIじゃなくてデータマイニング? / AIはどこに入っているの?

2018/8/22

AIとデータマイニング(データ分析)の違い、チャットボットにおけるAIの位置づけについて、ブログにて取り上げてみました。営業としてよくお客様からお聞きするポイントをもとにした内容です。ITmediaの総合サイトでも紹介されたこちらのエントリー、よろしければご一読ください。なお、こちらは個人としての見解です。

共有

詳細はこちら

【お客様導入事例】Watsonを活用したAIサービスによる自動車メンテナンスの啓発が、 やがて「お客様のライフスタイル提案」へつながる

【お客様導入事例】Watsonを活用したAIサービスによる自動車メンテナンスの啓発が、 やがて「お客様のライフスタイル提案」へつながる

2018/8/20

株式会社オートバックスセブン様は、日本のクルマ社会を取り巻く社会課題として「メンテナンス不良による自動車事故」に着目。「日常点検を全くしないという人の割合がおよそ35%」というユーザーの意識・行動変化を啓発すべく、IBM Watson Visual Recognitionを活用し、お客様自身が簡単かつ無料で日常的に点検できるサービスを開発しました。同サービスを足がかりに、お客様との接点強化と新たなライフスタイル提案を進めています。

共有

詳細はこちら

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】デモで実感!事例で納得!Watsonが開く画像分析の可能性

【いつでも視聴可能なオンラインセミナー】デモで実感!事例で納得!Watsonが開く画像分析の可能性

2018/8/16

IBM Watsonはドローンなどの機器から撮影された画像の認識のように、画像の分析・解析を実施してビジネスに活かしていくことも可能です。Watsonの画像分析機能を担う「Visual Recognition」について、技術者によるデモを交えてご紹介したWebセミナーをオンデマンドセミナーとして公開しています。様々な業界におけるユース・ケースもご紹介していますので、Watsonの新しい活用法にご興味お持ちの方は、ぜひご視聴ください。

共有

詳細はこちら

Call For Code

Call For Code

2018/8/13

IBM は自然災害救援に向けてクラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するための「Call for Code Global Initiative」を発表しました。この取り組みの目的は「AI(人工知能)やブロックチェーン、IoT(Internet of Things)、クラウドといった技術を利用して被災者や被災地域、被災社会を支援すること」です。詳細はWebサイトに掲載されておりますので、開発者の皆様はぜひこの取り組みにご参加ください。

共有

詳細はこちら

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

2018/8/10

IBM Watsonは、はじめから万能ではありません。Watsonに問いかけをすると何でも答えてくれる、知らないことは何もない全知全能の神であるかのように理解されていることもあるようですが、これは正しくありません。Watsonはユーザーのニーズに合わせて、特定の領域の知識を蓄え、整理して学習させることにより、様々な問いかけにも応えられるようになるのであって、はじめは全くの空っぽの状態なのです。このことについて、私が書いた個人ブログがありますので、ぜひご一読ください。

共有

詳細はこちら

コードのチカラで自然災害に立ち向かえ! 〜 Call for Code

コードのチカラで自然災害に立ち向かえ! 〜 Call for Code

2018/8/07

各地での集中豪雨、観測史上最高気温を更新するほどの猛暑、今まで見たことのない方向に進む台風と、この夏は各所で災害が発生しています。自然災害救援のためにテクノロジーを活用しようというIBM主導の取り組み「Call for Code」をご存知ですか?9月28日締切でコンペティションが開催されています。あなたのコードで自然災害に立ち向かってみませんか?私のブログ(ITmedia)で紹介しています。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。