IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: nakataka@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【IBMお客様事例】オタフクソース ---基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現​​​

【IBMお客様事例】オタフクソース ---基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現​​​

2019/4/22

「お好みソース」をはじめ、ソースや酢などの調味料の開発・製造・販売を行う食品メーカーのオタフクソース。同社はビジネス環境の変化に柔軟に対応できるIT基盤の整備を目指して、従来オンプレミスで稼働していた基幹系システムのSAPとその関連システムをIBM Cloudに移行しました。その結果、パフォーマンス向上とともに、ITインフラの運用負荷軽減を実現。さらにすでにクラウド化しているIBM Cloud上の情報系システムとリソースを共有し、運用効率化も図っています。

共有

詳細はこちら

それってAIじゃなくてデータマイニング? / AIはどこに入っているの?

それってAIじゃなくてデータマイニング? / AIはどこに入っているの?

2019/4/19

AIとデータマイニング(データ分析)の違い、チャットボットにおけるAIの位置づけについて、ブログにて取り上げてみました。営業としてよくお客様からお聞きするポイントをもとにした内容です。ITmediaの総合サイトでも紹介されたこちらのエントリー、よろしければご一読ください。なお、こちらは個人としての見解です。

共有

詳細はこちら

IBM Cloud の更新、契約変更のご相談承ります

IBM Cloud の更新、契約変更のご相談承ります

2019/4/17

IBM Cloud (旧称Bluemix)をご利用のお客様からのご相談をお受けしています。契約期間満了に伴う更新、数量の変更等、お気軽にお問い合わせください。このページの上部のメールアイコンを押すと、私にメールを送信することができます。在席時にはチャットでの対応も可能です。

【事例紹介:ウッドサイド】熟練技術者のノウハウを全従業員ががすぐに利用

【事例紹介:ウッドサイド】熟練技術者のノウハウを全従業員ががすぐに利用

2019/4/15

オーストラリア最大の独立系石油・ガス会社、Woodside Energy では、どうして全従業員が30年にわたる経験をすぐに利用できるのでしょうか?IBM Watson を活用することにより、従業員は38,000 点もの詳細な文書から得られる情報をどこからでも利用できます。技能継承にお悩みの組織に有用な事例をぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

皆さんはいくつわかりますか?いまどきのクラウド用語

皆さんはいくつわかりますか?いまどきのクラウド用語

2019/4/12

システム構築やシステム移行の場面で切っても切り離せない存在となったクラウド、その技術もめざましく進歩しています。それにともない新しい用語・単語が次々と出てきており、聞いたことのない用語を耳にする場面がこれまであったのではないでしょうか。そこで、これだけは押さえておくべき「いまどきのクラウド用語12選」をご用意いたしました。ぜひ日ごろの業務にお役立てください。

共有

詳細はこちら

#TryIBMDev

#TryIBMDev

2019/4/11

IBM Developer Advocate や IBM Champion が Code Patterns を元に開発したアプリをソースコード付きでご紹介しているサイトです。アプリのコンセプト、作り方の手順、コードのカスタマイズを解説しています。「アレクさん」「スナップ英訳くん」など、興味をひくコンテンツが揃っていますので、ぜひアクセスしてみてください。

共有

詳細はこちら

Watson Assistantを使ってチャットボットを作りませんか?

Watson Assistantを使ってチャットボットを作りませんか?

2019/4/04

様々な企業で活用されるようになったチャットボット。IBM Watsonを利用してチャットボットを開発するために必要なWatson Assistantの技術的な解説をしたサイトをご紹介します。Watson Assistantは、対話アプリケーションを開発するためのプラットフォームです。画面イメージが多く掲載されていますので、こちらを参考にして、ぜひユニークなサービスを作ってみてください。

共有

詳細はこちら

【事例:JR東日本様】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革

【事例:JR東日本様】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革

2019/4/03

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)のお問い合わせセンターには、毎日数千件から数万件にも及ぶ大量かつ広範囲にわたる質問がお客さまから寄せられてきます。そのサービス品質を全体的に底上げし、お客さま満足度のさらなる向上を実現するためにJR東日本のサービス品質改革部は研究部門とタッグを組み、Watsonを活用したオペレーター支援の仕組みをスモールスタートで導入しました。

共有

詳細はこちら

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

赤ちゃんのWatson・小学生のWatson・高校生のWatson (私のブログ)

2019/4/01

IBM Watsonは、はじめから万能ではありません。Watsonに問いかけをすると何でも答えてくれる、知らないことは何もない全知全能の神であるかのように理解されていることもあるようですが、これは正しくありません。Watsonはユーザーのニーズに合わせて、特定の領域の知識を蓄え、整理して学習させることにより、様々な問いかけにも応えられるようになるのであって、はじめは全くの空っぽの状態なのです。このことについて、私が書いた個人ブログがありますので、ぜひご一読ください。

共有

詳細はこちら

【JAL様事例】IBM Watson を活用した会話を通じて新しいカスタマーエクスペリエンスを提供するバーチャルアシスタントを開発

【JAL様事例】IBM Watson を活用した会話を通じて新しいカスタマーエクスペリエンスを提供するバーチャルアシスタントを開発

2019/3/29

日本航空(JAL)様はAI活用の可能性を探るためにIBM Watsonを活用したプロジェクトを推進しています。ハワイ旅行を対象としたバーチャルアシスタントサービスを開発し、さらにお客さまに満足していただけるサービスの提供を目指し、性格診断機能に基づくおすすめ情報の提供や、画像認識機能に基づく写真を通じた会話機能の実装など、さらなる機能強化を図っています。

共有

詳細はこちら

IBM Cloudどこでもハンズオン シリーズ 好評開催中

IBM Cloudどこでもハンズオン シリーズ 好評開催中

2019/3/28

「IBM Cloudどこでもハンズオン」では、重要テクノロジーを使ったアプリを作る過程を詳しくWebセミナー形式でご紹介し、操作体験していただけます。様々なテーマをステップ・バイ・ステップで丁寧に進めます。無料のライト・アカウントを利用し、チャットボットや画像認識などを具体的に操作しながら構築していくことができます。オンデマンドですので、都合のいいときにいつでもご視聴いただけます。

共有

詳細はこちら

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2019/3/22

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

AI初心者歓迎! 改めて「IBM Watson」の理解が深まるオススメ記事6選

2019/3/18

IBM Watson って最近よく聞くけど、実際のところはよくわからない。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。Watsonの歴史、仕組み、技術、事例等をまとめたサイトをご紹介します。「結局何ができるの?」「これからどうなるの?」など、テーマに合わせた記事をお読みいただきますと、Watsonについての理解が深まると思います。お時間のあるときにどうぞ。

共有

詳細はこちら

IBM Code PatternでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

IBM Code PatternでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

2019/3/14

「AIを取り入れたアプリを作ってみたい」「ビジネスに活かしたい! 」でも、何から手をつければよいのだろう? そんな悩めるエンジニアに知っていただきたいのがIBM Code Patternです。IBM Code Patternは、AIを含む様々なテクノロジーを活用してアプリを作る際に参考になるアイデアやコードを紹介するサイトです。ぜひ新しいアプリのアイデアやビジネスのヒントを探しに、このサイトにアクセスしてみてください。

共有

詳細はこちら

【Q&A】こちらAIビギナー、アドバイス求む!

【Q&A】こちらAIビギナー、アドバイス求む!

2019/3/13

社員200名程の食品メーカーでマーケティング関連の業務に携わる30代の課長補佐の「API困ったさん」。上司からAI導入に関する提案を促されるも、何をしたら良いかわからない毎日。ある日、Q&Aサイト「THINK 質問スレッド」にアクセスし、AI導入やAPI構築に関する疑問を書き込み始めました。どんな回答が集まったのでしょうか?

共有

詳細はこちら

【お客様事例:ケイ・オプティコム様】IBM Watsonを活用したチャットボットによる「バーチャルアシスタント」を導入、24時間365日お客さまをサポートする体制を整備

【お客様事例:ケイ・オプティコム様】IBM Watsonを活用したチャットボットによる「バーチャルアシスタント」を導入、24時間365日お客さまをサポートする体制を整備

2019/3/11

「IBM Watsonを選んだ最大のポイントは、私たち自身がメンテナンスをして正答率を上げていける仕組みだったということです」ーーーー株式会社ケイ・オプティコム様は、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のサポートチャネルにおいてIBM Watsonを活用したAI型チャットボットサービス「マイちゃん」を開始しました。Watsonを使ったチャットボットを実際に体感いただけますので、ぜひマイちゃんと会話してみてください。https://support.mineo.jp/mai/chat/

共有

詳細はこちら

IBM Developer ニュースレターのご案内

IBM Developer ニュースレターのご案内

2019/3/07

IBM Developer では、定期的に旬な開発者向け情報をまとめたニュースレターを発行しています。最新翻訳記事や、セミナー、イベント、研修、キャンペーンなどのご案内、おすすめのチュートリアル、ちょっとした知識を教えてくれるコラムなどの情報をお届けします。ぜひご登録ください。

共有

詳細はこちら

AI活用が進む世界でのIBMのデータ・プライバシー・ポリシーについて

AI活用が進む世界でのIBMのデータ・プライバシー・ポリシーについて

2019/3/04

IBMは、お客様の最も貴重な資産であるデータを保護することにコミットしています。お客様のビジネス・データだけでなく、個人情報も同様に保護します。またIBMは、お客様の許可を得ずに、お客様のデータやデータから得られる洞察を共有しません。 IBM Watsonのデータ・プライバシー・ポリシーについて記載されているブログをご覧ください。

共有

詳細はこちら

Watson StudioとKnowledge Catalogを使ってデータレイクを作成してみよう

Watson StudioとKnowledge Catalogを使ってデータレイクを作成してみよう

2019/3/01

データ活用のプロセスは「1.データ準備」「2.分析・可視化」「3.業務適用」 という大きな3ステップがありますが、「1.データ準備」に要する時間が全体の8割を占めていると言われています。「1.データ準備」に焦点をあて、①データをためる②データ連携・ガバナンス というDataLakeの作成方法について、3回シリーズでご紹介していきます。

共有

詳細はこちら

THINK Digital 〜最先端テクノロジーの知識を深める幅広い動画コンテンツ〜

THINK Digital 〜最先端テクノロジーの知識を深める幅広い動画コンテンツ〜

2019/2/28

IBM THINK DigitalではIBM Watsonのビジネスへの適用や、IBMクラウドとデータ活用、最新のセキュリティー対策を中心とした、最先端テクノロジーへの知識を深めていただくための幅広い動画コンテンツをお届けします。随時新しい動画コンテンツを公開してまいりますので、ぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

マルチクラウドはクラウドの未来である、というIBMとVMware、Red Hatらが一致するクラウド戦略

マルチクラウドはクラウドの未来である、というIBMとVMware、Red Hatらが一致するクラウド戦略

2019/2/25

2019年2月に米国で開催された「IBM Think 2019」。「Hybrid, Multicloud by Design. Accelerating the Enterprise Cloud Journey」と題し、VMwareとRed Hatも同時に登壇し、クラウドの未来とマルチクラウド、ハイブリッドクラウドの重要性を訴えたセッションをPublickey編集長の新野氏の鋭い目線でレポート。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。