Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: myoshiz@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

気象データがもたらすビジネスインパクト予測の衝撃

2018/8/22

AIやIoTなどのテクノロジーの進化により、気象データを活用した新しいビジネスや既存ビジネスに変革が起きている。「天気」はさまざまなビジネスに多大な影響を与えるが、現在、そのデータは企業においてどのように利用されているのか。具体的な事例や活用法について、企業向けに気象データと気象のビジネスへのインパクト分析に基づくソリューションを提供する「The Weather Company」の事業責任者と、日本アイ・ビー・エム株式会社に所属する気象予報士に話を聞いた。

共有

詳細はこちら

【Call for Code Day in Tokyo】8/31(金) 開催決定! 〜最新技術で「自然災害」の課題を解決しよう

2018/8/22

自然災害を防ぐこと、自然災害に対応すること、そして自然災害から回復すること。これらは現代において最も急を要する社会問題の1つです。Code for Codeは、スタートアップ、学術機関、および企業のデベロッパーが一堂に会し、これら問題を解決しようという、最も大望のある最大規模の取り組みです。2018年のCode for Codeチャレンジは、自然災害を打ち破り、地域社会や世界各地の災害準備状況を大幅に改善するソリューションを構築するためのコンペティションです。当セミナーでは、Call for Code 2018への参加に関し、役立つ情報をテーマ講演やハンズオンワークショップと共にお届けします!

共有

詳細はこちら

【最新レポート】思考するオペレーションの導入 - COOの視点

2018/8/03

先進的な考えを持つCOO(Chief Operations Officer)は今、人工知能(AI)やコグニティブ・テクノロジーを適用し、拡大するエコシステムにわたる社員やパートナーにリアルタイムの洞察を伝えるプロセスの構築に取り組んでいます。彼らの洞察と戦略を適用することで、協業と知識共有、適応型の自己学習システム、魅力的な顧客体験を実現するためのビジネスモデルと業務執行の再設計について考察しています。

共有

詳細はこちら

【Webセミナー】サイバーインシデントも考慮した、 システム復旧の自動化を支える オーケストレーション・テクノロジー 〜システム停止の時、あなたは自信を持って切り替えできますか?〜

2018/8/03

近年話題になる、サイバーインシデントへの防御策は多くのお客様で実施していますが、サイバーインシデントを1つの被災リスクと捉え、事業継続計画の立案、実行しているお客様は多くありません。サイバーインシデントの前後では必要な対応が異なるために、対応策をトータルで考えるフレームワーク”サイバー・レジリエンシー ・ライフサイクル”が必要となります。当セミナーでは、この”サイバー・レジリエンシー・ライフサイクル”を含め、システム復旧の自動化へのステップなど、システムの常時稼働を支えるためのソリューション、最新の情報を分かり易くご紹介いたします。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。