Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: minakoa@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBMが本気で取り組む「デザインシンキング」の現場

IBMが本気で取り組む「デザインシンキング」の現場

2017/10/22

デザインシンキングはIBMをどう変えたのか? 顧客が何を感じ、考えているのかについて自由な発想展開から課題を洗いだすまでIBM独自のフレームワークを展開していきます。普段の専門領域から自分を解き放ち、ワークショップの中で新たな気づきが得られるとIBM Design Thinkingを体感されたお客様からコメントをいただいています。 是非、詳細はタイトルクリックにてご確認ください。

共有

詳細はこちら

IBM Watsonと何を変革しますか?

IBM Watsonと何を変革しますか?

2017/10/16

AIとは何でしょう? Machine LearningやDeep Learningが代表的な言葉として出てきますが、IBMでは、膨大なデータから人間が最終判断をするための支援ツールを意味しています。 IBM Watsonは各業界において「お客様の変革の実現」に向けた支援を提供していますので、事例を通してお客様社内への取り組みとして是非ご検討をいただけますと幸いです。 詳細の事例は表題をクリックにてご確認ください。

共有

詳細はこちら

妻との相性をWatsonで分析してみた

妻との相性をWatsonで分析してみた

2017/9/19

妻との相性をWatsonで分析してみた--IBM WatsonにはPersonality Insightsという文章を解析して性格を分析する機能があります。どんな結果が出ているのか興味ありませんか? 是非、お試しください。

共有

詳細はこちら

コグニティブって知ってる?AIとは違うIBMの目指す世界とは

コグニティブって知ってる?AIとは違うIBMの目指す世界とは

2017/9/11

IBMは、コグニティブを科学技術の発展を目的とするのではなく、「人間を支援する」ことを目的とすると定義付けています。 ここがAIとの大きな違いになります。 膨大な情報の中から、人間が判断するための情報をいち早く提供し、生産性向上へ寄与する仕組みが提供されるならどうでしょうか? 当記事を参照いただくことで、AIに対する考えに新たや視野を得ていただけますと幸いです。

共有

詳細はこちら

ゼンリン様事例_IBMデータ・オン・クラウド ソリューション

ゼンリン様事例_IBMデータ・オン・クラウド ソリューション

共有

視聴する

学生がWatsonとの会話でアドバイスを受ける!?

学生がWatsonとの会話でアドバイスを受ける!?

2017/8/28

金沢工業大学では卒業生や上級生の履修授業や成績、課外活動などのほか、自然文でポートフォリオシステムに蓄積された100万件以上のデータをWatsonが学習し、類似した過去の学生を抽出してどんなスキルをどこで身につければいいのかといったアドバイスを提供しています。Watsonを活用した世代、分野、文化を超えた学生自ら成長できる支援体制を整え、これからの世の中で求められる人材育成に取り組まれている事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

ビジネスを再定義するIBMの新メディア、始動!

ビジネスを再定義するIBMの新メディア、始動!

2017/8/21

ビジネスを「再定義」するメディア“THINK Business”が始動しました。経営者が破壊的な新興企業に備え、自らも破壊者となるためにどんな取り組みが必要なのでしょうか? 当サイトでは、多くの事例をご紹介しています。 是非、ご一読ください。 既に他の企業様は新たな事業創出に向けて動き出しています。

共有

詳細はこちら

ディスラプターになるための条件:IBMが考えるアーキテクチャーとは?

ディスラプターになるための条件:IBMが考えるアーキテクチャーとは?

2017/8/07

IBMはデジタル変革の実現にはAIやクラウド、そしてその元となるデータなどの先進的なテクノロジーと、さまざまな業種事業分野(金融や製造、医療など)における専門的な知見を組み合わせて統合的に活用できるアーキテクチャーが必要と考えています。IBMが提唱しているアーキテクチャーを実現してデジタル変革を成し遂げるためにはまず何から取り組めばいいのか紹介します。

共有

詳細はこちら

JAL、IBM Watsonを活用したチャットサービス--ハワイ島の現地情報を自動回答(外部サイト)

JAL、IBM Watsonを活用したチャットサービス--ハワイ島の現地情報を自動回答(外部サイト)

2017/7/31

2016年にサービスをスタートした第一弾は主にConversation APIを使ってコールセンターの対応履歴やJALで蓄積してきた豊富な旅行関連情報を活用した赤ちゃん同伴のハワイ旅行の不安を解消を目的としたサービスでしたが、第二段はConversation APIにPersonality Insights APIと外部APIの「トリップアドバイザー」をさらにを組み合わせてよりパーソナライズした旅の提案やインターフェースデザインが可能になりました。どんどん進化する「マカナちゃん」、是非体験してみてください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。