IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: kota.kurose@ibm.com

Rep Group: Live

Population: SELF-REGISTRATION

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

「動物医療業界のイノベーター」共立製薬 専務取締役 萩原誠

「動物医療業界のイノベーター」共立製薬 専務取締役 萩原誠

2019/3/18

動物用医薬品のリーディングカンパニー、共立製薬は2018年11月、製薬という領域を超えて、動物医療支援のためのデジタルプラットフォーム事業を開始した。なぜ、医薬業者の共立製薬がデジタルプラットフォームの構築に乗り出したのか。そこにはリーダーとして、業界全体を変えなければ産業自体がなくなり兼ねないという危機感があった。動物医薬業×テクノロジーでデジタルトランスフォーメーションを実現しようとする共立製薬の挑戦の姿を紹介する。

共有

詳細はこちら

B2B SaaSはAIとの「融合」が必須の時代に

B2B SaaSはAIとの「融合」が必須の時代に

2019/3/18

紙ベース、あるいはローカル環境での「Office系ソフト」で行われていた業務が、業務フローに組み込まれたSaaSによってデータ化され、蓄積される。これがB2B SaaSの特徴のひとつです。そしてこれら蓄積されたデータを活用し、更に業務を効率化するためには、AIの活用が必須です。

共有

詳細はこちら

IBM Notes/Domino V10の新機能

IBM Notes/Domino V10の新機能

2019/3/14

“ Notesクライアントのモバイル化によるiPadでの利用は、以前は考えられなかったことですが、現在では実現しています。そしてWatsonとDominoデータベースの統合も今では可能になりました。 ”

共有

詳細はこちら

IBM Transformation Advisorのご紹介

IBM Transformation Advisorのご紹介

クラウド実装に向け、オンプレミスのJavaアプリを評価する開発者ツール ”IBM Transformation Advisor (無料)” 。そのビジネス的な価値と機能について紹介します。

共有

視聴する

IBM、機械学習によりアルツハイマー病の早期発見を可能にする血液検査方法を開発

IBM、機械学習によりアルツハイマー病の早期発見を可能にする血液検査方法を開発

2019/3/13

3月11日にScientific Reportsに掲載されたIBMリサーチ・オーストラリアの論文では、髄液中のアミロイドベータ濃度に関連する、血液中のバイオマーカーとなるタンパク質を機械学習によって同定し、早期にアルツハイマー病のリスク予測を可能とします。

共有

詳細はこちら

Smart Education

Smart Education

未来の起業家は、ここから生まれるかもしれません。米国では、新しい学校教育モデルを導入し、時代を切り開いていく学生を養成するための産官学共同プロジェクトが始まっています。IBMは、実践的な知識や技術スキルを身につけるためのサポートをしています。

共有

視聴する

デジタル・ヘルスケアエコシステムの実現

デジタル・ヘルスケアエコシステムの実現

2019/3/13

デジタル・テクノロジーの進展は従来の業種や業態の枠を“破壊”しており、テクノロジーを戦略的に活用してビジネスを変革で きるかが、これからのヘルスケア、ライフサイエンス業界において重要な課題となっています。そのためには、蓄積されたデータを 活用し、業界横断による先進医療の推進や新たなサービスの創出に取り組み、いかに患者を中心とした患者接点のあり方を変革 していくかが鍵を握ります。

共有

詳細はこちら

働き方改革をご支援~統合エンドポイント管理~

働き方改革をご支援~統合エンドポイント管理~

2019/3/11

統合エンドポイント管理(UEM)により、IT部門はスマートフォン、タブレット、ラップトップ、IoTデバイスを1つのコンソールから管理できます。運用効率を高め、データの保護を最大限に強化し、デジタル変革の目標を達成するには、高度なエンドポイントの保護基盤が必要です。IBM MaaS360 with Watsonは、コグニティブの洞察、コンテキストの分析、クラウド・ソーシングによるベンチマーク機能を備えており、日々直面するモバイルの細かな特長を理解できるようにします。同時に、エンドポイント、ユーザー、アプリケーション、文書、データを1台のプラットフォームから保護します。

共有

詳細はこちら

3月7日「AIで進化するIoT」セミナーレポート

3月7日「AIで進化するIoT」セミナーレポート

2019/3/11

3月7日に開催された、名古屋 JPホールに約100名が集ったセミナー「AIで進化するIoT – ものづくりとデータ活用ビジネス」。当日の様子を、いくつかのセッションをピックアップし、骨子やキーフレーズをダイジェストでお伝えします。

共有

詳細はこちら

IoT時代に求められる大量データからの洞察の発見~ナレッジグラフの能力とは

IoT時代に求められる大量データからの洞察の発見~ナレッジグラフの能力とは

2019/3/11

施設内のあちらこちらにセンサーを取り付けて、大量のデータを収集している企業が増えています。しかし、集めた大量のデータから、意味がある洞察を得られていますでしょうか。集めたデータを何らかのアクションにつなげられなければ、データを収集するコストは無駄になります。一方、収集したデータの中から洞察を発見しようとAIを適用したものの、良い結果を得られていないという声も聞かれます。「大量のデータを集めたが活用できていない」あるいは「AIに期待したが効果はなかった」とお考えの皆様に、IBMが提供するナレッジグラフを紹介いたします。

共有

詳細はこちら

「人工知能で香水」作るIBMの試み、ミレニアル世代がターゲット

「人工知能で香水」作るIBMの試み、ミレニアル世代がターゲット

2019/3/07

香水業界にもAIの波が到来している。AIが調合した香水が今年中にブラジルの化粧品大手「オ・ボチカリオ(O Boticário)」から発売されることがわかった。

共有

詳細はこちら

マルチクラウドはクラウドの未来である、というIBMとVMware、Red Hatらが一致するクラウド戦略

マルチクラウドはクラウドの未来である、というIBMとVMware、Red Hatらが一致するクラウド戦略

2019/3/08

2019年2月に米国で開催された「IBM Think 2019」。「Hybrid, Multicloud by Design. Accelerating the Enterprise Cloud Journey」と題し、VMwareとRed Hatも同時に登壇し、クラウドの未来とマルチクラウド、ハイブリッドクラウドの重要性を訴えたセッションをPublickey編集長の新野氏の鋭い目線でレポート。

共有

詳細はこちら

IBM、2018年も米国特許ランキングで1位

IBM、2018年も米国特許ランキングで1位

2019/3/06

IBMは、2018年に9100件の米国特許を取得し、特許取得ランキングの1位になりました。弊社の1位はこれで26年連続となります。

共有

詳細はこちら

Watsonで性格分析してみませんか??

Watsonで性格分析してみませんか??

2019/3/06

ご自身の経験や考えていることのテキスト入力やTwitterからのデータにて性格分析が可能です。簡単に分析できますので、ぜひ一度試していただければと思います!!

共有

詳細はこちら

【Watson Webセミナー】いつでも受講可能なWebセミナー形式でWatson導入のヒントを学ぶ

【Watson Webセミナー】いつでも受講可能なWebセミナー形式でWatson導入のヒントを学ぶ

日時: 2019/3/06 - 2019/4/24

詳細: 詳細: Watson Webセミナーではビジネスユーザー向けと開発者向けの両方をご用意させていただいており、Watson APIの概要、詳細、活用方法など各種ございますので、ご関心ございます内容をお選びいただきご参加いただけましたら幸いです。

共有

今すぐ登録する

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

2019/3/06

IBMセキュリティーは本日、2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス (英語)の結果を発表しました。それによると、セキュリティー面の対策と認知度が高まったことで、サイバー犯罪者は投資収益率(ROI)の向上を求めてその攻撃手法を変えていることが判明しました。犯罪者はROIを高める可能性がある他のサイバー犯罪の攻撃手法を利用することが増えているので、本レポートでは、ランサムウェアからの撤退とマルウェアへの依存の減少という2つの主要な動向について詳しく報告しています。

共有

詳細はこちら

【Forbes誌発行】AIに最高のパフォーマンスを発揮するNVIDIA GPU搭載、IBM Power System AC922の強みについてレポートしていただきました。

【Forbes誌発行】AIに最高のパフォーマンスを発揮するNVIDIA GPU搭載、IBM Power System AC922の強みについてレポートしていただきました。

2019/3/04

AI時代の今、求められているサーバー像に大きな変化が起きています。最新のサーバー市場に関するレポートをご覧ください。

共有

詳細はこちら

マルチクラウド 管理を成功へと導く10のアプローチ

マルチクラウド 管理を成功へと導く10のアプローチ

2019/3/04

AWS(アマゾン ウェブ サービス)、Microsoft Azure、IBM Cloud、およびその他のクラウド・ベンダーにまたがるマルチクラウド環境の統合、管理、最適化を支援します。

共有

詳細はこちら

今どきのクラウド用語、いくつ知っていますか?デジタルトランスフォーメーション、マルチクラウド など12選。

今どきのクラウド用語、いくつ知っていますか?デジタルトランスフォーメーション、マルチクラウド など12選。

2019/3/04

クラウド、AI、IoT、デジタル・トランスフォーメーション、コンテナなど、その登場背景や意義を把握することで、新しい価値のあり方を考え、イノベーションの推進を助けます。

共有

詳細はこちら

本番志向!Watson IoT を活用してPoC貧乏からの脱出

本番志向!Watson IoT を活用してPoC貧乏からの脱出

2019/3/04

AIやIoTを「まず。始めたい」「まず、試してみたい」という皆様は、IBM Cloudなどのパブリック・クラウドを利用したPoC(Proof of Concept: 概念検証)を行う事が多いと思います。IBM CloudではWatsonをはじめとする様々なAPIサービスが提供されており、期間無制限かつ無料で使える「ライト・アカウント」も用意していますので、より簡単かつ迅速にPoCを始められます。一方、PoCを無事に終了した皆様におかれましては、商用サービス化実現にむけた開発・本番フェーズに進めようとする際に、以下のようなお悩みに直面してはいませんでしょうか?

共有

詳細はこちら

画像データサイエンティスト・インタビュー

画像データサイエンティスト・インタビュー

2019/3/04

新しいものを生み出そうとする人や現場を支援することが喜び(Watson IoT 藤枝 慎)。Watson IoTチームのメンバーが、IoTとAIの過去・今・未来を中心に、自らの考えを語るインタビューシリーズ

共有

詳細はこちら

広がる新ビジネス・APIエコノミー

広がる新ビジネス・APIエコノミー

日時: 2019/2/28 - 2019/5/21

場所: メールマガジン

詳細: 詳細: APIビジネス企画支援期間限定メールシリーズ「既存のビジネスモデル、蓄積データからビジネス拡張する」 業務部門向けに全6回のメールマガジンにてお届け致します。

共有

今すぐ登録する

インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革

インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革

新しいSCMを創りあげる先進的なデジタルテクノロジーとしてAI、IoT、Blockchain、RPA、ウェアラブルなどが主な推進力として注目を集めています。現場業務をより省力化し、より速く実行するためだけでなく、単純作業にしかできなかったIT化を、より人間が実行している高いレベルの業務判断の支援にも活用することができるのです。

共有

視聴する

オンプレミス、オフプレミスでより多くの選択肢と柔軟性を

オンプレミス、オフプレミスでより多くの選択肢と柔軟性を

2019/2/28

クラウドの採用戦略は「1つのクラウドで全てに適合させる」というものではありません。企業はすべてをパブリック・クラウドにリフト&シフトして、あとはすべてアジャイルでイノベーティブにできるという従来からの考えは、誤って導かれた結果だと思われます。平均的なエンタープライズ・ビジネスには、5つ以上のクラウド、1,000以上のSaaSアプリケーションおよび分析するための20以上のデータソースがあると言われています。クラウドの導入を検討する際には、従来のITエコシステムに大規模な投資を行っていたので、それを活用して新しいクラウド・ジャーニーに組み込む必要があるという事実は言うまでもありません。

共有

詳細はこちら

IBMとRed Hatがクラウド活用の加速を目指してパートナーシップ拡大を発表

IBMとRed Hatがクラウド活用の加速を目指してパートナーシップ拡大を発表

2019/2/28

Red Hatサミットの場で、IBMとRed Hatの長年にわたるパートナーシップの拡大を発表しました。Red HatのOpenShiftコンテナ・プラットフォームを介してRed Hat Enterprise Linux上で、IBMのプライベート・クラウド・プラットフォーム IBM Cloud PrivateやWebSphere、MQ、Db2などのIBMミドルウェア、その他主要なIBMソフトウェアが動作するようになりました。

共有

詳細はこちら

Watsonサービスがオンプレミスで利用可能に

Watsonサービスがオンプレミスで利用可能に

2019/2/28

ビジネスのためのAIプラットフォームとしてAIを採用したいものの、データの機密性、規制、法律のためにパブリッククラウドの使用を制限されているという組織と、私たちは定期的に話し合っています。コンプライアンスや法令を遵守しながら、企業がデータと洞察の所有権を維持することが不可欠であることを認識しています。IBMは今回、IBM Cloud Privateで利用可能なWatson AssistantおよびWatson Speech to Textサービスを発表することにより、データの受託責任とプライバシーの保護に関するリーダーシップを拡大しています。

共有

詳細はこちら

「ビジネスを支えるIT」から「ビジネスを体現するIT」に変革するために、コンテナが必要な理由

「ビジネスを支えるIT」から「ビジネスを体現するIT」に変革するために、コンテナが必要な理由

2019/2/27

IBM Kenexa (ケネクサ) は、産業組織心理学とグローバルに蓄積された膨大なデータをもとに、人材の資質や能力を客観的に評価するアセスメントやコンピテンシー定義および評価手法を提供し、人事業務における意思決定を科学的アプローチで支援します。

共有

詳細はこちら

IBM Global Awards 2019

IBM Global Awards 2019

2019/2/27

2019年2月にサンフランシスコで開催されたPartnerWorld at Think2019において「IBM Beacon Awards 2019」「IBM Business Unit Excellence Awards 2019」が発表されました。当アワードは、卓越したソリューションを提供し、ビジネス価値を高め、お客様や業界のあり方を変革したIBM ビジネス・パートナー様に贈られます。

共有

詳細はこちら

金沢工業大学 + IBM Watsonを活用し学生一人ひとりの成長を支援

金沢工業大学 + IBM Watsonを活用し学生一人ひとりの成長を支援

IBM Watsonを活用して学生一人ひとりの自己成長を支援し、次世代のイノベーションを起こす人材を育成。学生の主体的な学びや成長支援に注力している金沢工業大学。Watson Explorer(自然言語解析)やPersonality Insights(性格分析)のテクノロジーを活用し、学生一人ひとりにあった的確なアドバイスを提供することで、学生の成長を支援しています。

共有

視聴する

クラウド移行の日 - シームレスかつストレスフリーに -

クラウド移行の日 - シームレスかつストレスフリーに -

IBM Cloud は、アプリケーションとワークロードのクラウドへの移行とモダナイズそしてクラウド上でイノベーションを行うための様々な方法を提供します。VMware on IBM Cloud なら、これまで

共有

視聴する

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。