Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: kokitaka@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

今年のウィンブルドン観戦、「ワトソン」でよりエキサイティングに!!

2017/7/04

テニスの4大大会の3戦目ウィンブルドン選手権が3日に開幕する。会場となるロンドン郊外のオールイングランド・クラブでは、米IBMの人工知能(AI)プラットフォーム「ワトソン」が使われ、観客を最もエキサイティングな試合が行われているコートへと導くほか、試合の見どころを自動的に動画でまとめるのに活用される。北海道でもワトソンを使ったイベントをしたいですが、、、

共有

詳細はこちら

ユーザー調査においてIBM製品が業界で最も信頼性の高いサーバーに選出される

2017/7/03

本日、法人企業のユーザーにより、「エンタープライズ・メインフレーム・クラス」サーバーにおいて、IBM® z Systemsが現時点で最も信頼性の高いハードウェア・プラットフォームに位置付けられたことを発表しました。また、この調査の「メインストリーム」サーバーのカテゴリーでは、14のサーバー・ハードウェアと11のサーバー・ハードウェアの仮想化プラットフォームを比較した結果、IBM Power Systemsが最も高いレベルの信頼性と稼働時間を達成していることが明らかになりました。

未来のデータ”が手に入る

2017/6/12

一見すると既存のWatson事業と縁遠いように見える「気象予測」。これをIBMが重視するのは、気象予測データを通じて産業活動の「未来」を予測できると見込んでいるためだ。米The Weather Companyのマーク・ギルダースリーブ プレジデント ビジネス・ソリューションズ担当は「気象は全てのビジネスに影響を及ぼしていると言ってよい」と話す。気象がビジネスに影響を及ぼしているのであれば、気象データと、ビジネスに関連する何らかのデータの間に、相関性が見つかる可能性が高い。

【パートナー様向け】IBM Watson実践セミナー 開催!!Watsonを使いビジネスを拡大しましょう!

2017/6/07

当セミナーは、Watsonを活用したCognitiveビジネスの展開を検討、あるいは予定されているパートナー様を対象に開催いたします。セッションではWatsonの最新情報や、具体的にどのようなお客様で「IBM Watson」をご利用いただいているかという事例のご紹介を通じてパートナー様のビジネスモデルをご提案いたします。また、それを実現するためのWatson API、「Watson」を活用したアプリケーション開発技能を認定する新資格「IBM Watson Application Development」の日本語版など、ビジネス支援の仕組みもご紹介予定です。

共有

詳細はこちら

ショッピングでソリ。または、ベビーカーソリ。本州の友人が笑ってました。確かに雪国特有の使用方法ですよね。

2017/6/01

道民にとってそりは遊び道具ではありません(もちろん子供は遊びますが)。冬にスーパーにいくと近所からそりを引いてやってくる人の多いこと!両手を塞いで買い物袋をもつと転んだ時に危険なので、全部そりに入れて引くほうが合理的なんです。

第3回北海道Watosnユーザー会 開催します!!

2017/5/31

お待たせいたしました!!詳細はURLをクリック!!

共有

詳細はこちら

ソフトバンク、IBM「ワトソン」で就活書類選考:課外活動も考慮されるのか気になりますね。

2017/5/30

ソフトバンクは29日、日本IBMの人工知能(AI)「ワトソン」による採用志望者の選考を始めたと発表した。志望者のエントリーシート(ES)をAIがチェックし、合格レベルに達しているかどうかで選別。合格者は人事担当者との面接など次の段階に進む。書類選考の手間を従来比で75%ほど削減でき、統一した基準で公正な選考ができるようになるとみている。

共有

詳細はこちら

IBMxスポーツ USではアメフトでも大活躍

2017/5/24

スポーツ大倹にイノベーションをもたらします。

共有

詳細はこちら

LOHACOのチャットボット「マナミさん」がIBM Watsonによってさらに進化

2017/5/22

アスクル株式会社(本社:東京都江東区、社長:岩田彰一郎、以下「アスクル」)が運営する一般消費者向けインターネット通販サービス「LOHACO」では、お客様から のお問い合わせに、テキストベースのチャット形式で回答する人工知能型チャットボット“マナミさん”(以下「マナミさん」)をサイト内(http://lohaco.jp/support/index.html)で導入しておりますが、このたび、りらいあコミュニケーションズ株式会社 )が提供する、「IBM Watson」をベースとした対話システム「バーチャルエージェント®」を、サイト内のマナミさんの会話エンジンに導入いたしました。

共有

詳細はこちら

美味しいコーヒーを支えるWatson

2017/5/18

ネスレ日本株式会社は、IBMのコグニティブ・システム「IBM Watson」を活用し、ネスレのコンタクトセンター「ネスレVOC*2センター」におけるお客様サービスの向上に協働で取り組んでいます。その第一弾として、WebやLINEアプリに対応した自動応答によるお客様サポート「ネスレ・チャット・アシスタント」を11月21日(月)より開始します。「ネスレ・チャット・アシスタント」は、「IBM Watson」の活用による、マルチ・チャネルに同時に対応した対話型の自動応答サービスとして、日本で初めての取り組みとなります。

共有

詳細はこちら

Watson資格認定始まりました。北海道のエンジニアの皆さん!他の都道府県に負けないように合格目指して頑張ってください。

2017/5/08

日本IBMは、IBMのテクノロジーおよびソリューションにおける全世界共通の資格制度であるIBMプロフェッショナル資格認定制度の一つとして、IBM® Watsonを活用するアプリケーション開発のスキルを認定する新しい資格である「IBM® Watson Application Development」の日本語版による認定を本日より開始しました。今後、AIを活用したコグニティブ・システムはあらゆる業種、広範な業務において急速な普及が見込まれ、アプリケーション開発者のニーズは飛躍的に高まりつつあり、プロフェッショナルレベルの人材確保および人材育成は喫緊の課題となっています。

共有

詳細はこちら

IBM ソーシャルメディア・プレイス

2017/1/20

最新情報をTwitter、YouTube動画、Facebookページ、メールマガジンにてお届けいたします。ご興味ある分野をぜひブックマークやご登録ください。

共有

詳細はこちら

IBM お客様導入事例

2017/1/20

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例をご紹介しております。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。