IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: keigo.hagihara@ibm.com

Rep Group: Live

Population: SELF-REGISTRATION

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM Industrial Forum 京都 2019

IBM Industrial Forum 京都 2019

日時: 2019/4/12 午前 10:00 - 2019/4/12 午後 05:30

場所: ウェスティン都ホテル京都 京都府京都市東山区粟田口華頂町1

詳細: 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。本フォーラムでは、「コグニティブ ・エンタープライズで切り拓くものづくり企業の挑戦」をテーマに、製造業のお客様の事例を中心に、未来のテクノロジーと既存企業のリーダーシップがもたらす新たなモノづくりのあり方を模索します。参加希望の方は本記事のリンク、ないしは、営業コンタクト先(メールないしはチャット)にてコメントしてください。

共有

今すぐ登録する

AI・IoT・Blockchainを活用したFood Business向けSCMプロセス最適化セミナー

AI・IoT・Blockchainを活用したFood Business向けSCMプロセス最適化セミナー

日時: 2019/4/17 午後 01:00 - 2019/4/17 午後 05:00

場所: 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京本社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

詳細: ウォルマートで食品、小売業界の注目を浴びるBlockchain!工場、DCを含めた物流領域におけるIoT、AI、Blockchain、RPAなどの普及がビジネスを激変させています。デジタルトランスフォーメーションに対応すべく、フードビジネスに関連する企業にフォーカスし最新のソリューションを事例を交えて紹介します。参加希望の方は本記事のリンク、ないしは、当ページの営業コンタクト(メールないしはチャット)にてご連絡ください。

共有

今すぐ登録する

グローバル・リーダーが採用するAI基盤(Think 2019 より)

グローバル・リーダーが採用するAI基盤(Think 2019 より)

2019/3/11

IBM最大で唯一のグローバル・イベントThink 2019が、会場をラスベガスからサンフランシスコへと移し、2月11日から2月15日にかけて開催されました。冬のサンフランシスコは雨が多く、市内中心部の会場間を移動するのが大変でしたが、世界中から約3万人(日本からも850名以上!)のお客様やパートナー様、IBM社員が参加し、各セッションや展示は熱気に包まれていました。今回のThink 2019では、IBM POWER9やオープンなディープラーニング・プラットフォームPowerAIを採用した企業・組織による事例セッションも数多く行われましたので、そのいくつかを紹介したいと思います。

共有

詳細はこちら

人工知能を考える「知能を創ることはできるのか」

人工知能を考える「知能を創ることはできるのか」

2019/3/07

「人工知能」という言葉は、使う人によって意味合いが違っているようです。そもそも「知能」とは何者なのか?そして知能を創り出すことはできるのでしょうか? 技術動向を含めて今後の人工知能の行方を考察します。 将来知能を創り出すことができるのか、その為に必要な要件とは?

共有

詳細はこちら

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

2019/3/07

BMセキュリティーは、2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス (英語)の結果を発表しました。本レポートでは、ランサムウェアからの撤退とマルウェアへの依存の減少という2つの主要な動向について詳しく報告しています。

共有

詳細はこちら

【IBMお客様事例】基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現

【IBMお客様事例】基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行しパフォーマンス向上と運用負荷軽減を実現

2019/2/04

「お好みソース」をはじめ、ソースや酢などの調味料の開発・製造・販売を行う食品メーカーのオタフクソース。同社はビジネス環境の変化に柔軟に対応できるIT基盤の整備を目指して、従来オンプレミスで稼働していた基幹系システムのSAPとその関連システムをIBM Cloudに移行しました。その結果、パフォーマンス向上とともに、ITインフラの運用負荷軽減を実現。さらにすでにクラウド化しているIBM Cloud上の情報系システムとリソースを共有し、運用効率化も図っています。

共有

詳細はこちら

そのビジネス課題に、AIを活用してみませんか?

そのビジネス課題に、AIを活用してみませんか?

2019/2/22

多くの企業の方々がお悩みの業務に合わせてクイックに導入いただけるパッケージをご用意しております。自社の業務にイメージしている形のAI活用が手軽に実現できるようサポートいたします。この記事ではWatsonの活用方法を用途別に16項目にまとめてあります。お客様対応の人手が足りない、顧客接点を増やしたい、AIを活用したいけど自社活用のイメージが浮かばない、そんなお客様の力になれることを約束します。

共有

詳細はこちら

【IBMお客様事例】今流行りのRPA!RPAって何ができるの?

【IBMお客様事例】今流行りのRPA!RPAって何ができるの?

2019/2/22

近年の働き方改革で注目を浴びる「RPA」。RPAの正式名称は「Robotic Process Automation」。読んで字のごとく、ロボットたちが間接業務を自動で行ってくれる夢のような製品だ。IBMはRPAとOCR(光学文字認識)を組み合わせて提供することで、紙媒体で保存されている社内文書も自動でデータ化することができる。画像認識で画像を読み取り、ロボットたちがDBに情報を自動で入力してくれる、それが本事例である。紙媒体をデータ化することでデータ活用を促進しましょう!

共有

詳細はこちら

皆さんはいくつわかりますか?いまどきのクラウド用語

皆さんはいくつわかりますか?いまどきのクラウド用語

2019/2/20

システム構築やシステム移行の場面で切っても切り離せない存在となったクラウド、その技術もめざましく進歩しています。それにともない新しい用語・単語が次々と出てきており、聞いたことのない用語を耳にする場面がこれまであったのではないでしょうか。そこで、これだけは押さえておくべき「いまどきのクラウド用語12選」をご用意いたしました。ぜひ日ごろの業務にお役立てください。

共有

詳細はこちら

自分の街のこと、どれだけ知っていますか

自分の街のこと、どれだけ知っていますか

2019/2/04

街にはデータが溢れている。無数の人があらゆる種類の商品・サービスを手に取るたびに、データは社会経済活動の事実として発生する。ある地点の気象状況や混雑度など、常にそこに存在し続けているデータも多い。IBM MetroPulseは、ハイパーローカルデータ、つまりミクロレベルでのマーケティングデータやマーチャンダイジングデータを統合的に収集し、ユーザのために提供している。それだけではない。独自の分析ロジックを用意することで、データでもロジックでもなく、ユーザは直接洞察にたどり着けるのだ。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。