IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: hyanaga@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

一般的な日本企業が、オンプレミスとクラウドの間にある「崖」を埋め、デジタルトランスフォーメーションを実現していくには

2019/4/24

デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、ビジネスはソフトウェアの戦いに変容している。こうした経営環境に対応するために、最初からテクノロジーに立脚してきたWeb系や新興企業とは異なり、既存業務、既存資産を前提に変化に対応しなければならない日本企業へのメッセージを、日本IBMのクラウド戦略をリードする三澤智光と、多数のクラウドプロバイダーの動向を追うITジャーナリスト 新野淳一氏の対談を通じて探ります。

共有

詳細はこちら

IBMお客様事例】三菱自動車工業株式会社

2019/4/09

グローバルに販売網を展開している三菱自動車工業株式会社のディーラーのもとには、メンテナンスや修理などで日々自動車が持ち込まれ故障診断作業をしていますが、以降のアフターサービスの業務プロセスと分断されているのが課題となっていました。これを解決すべく、IBM Asperaを活用したデータ収集基盤を構築しました。車両から実データを計測・収集し、本社側の業務部門に送って分析・診断を行い、その結果をサービス拠点へフィードバックするという一連のプロセスを自動化することで、顧客対応をスピードアップします。また、サービス拠点スタッフの作業時間の短縮についても期待されています。

共有

詳細はこちら

【IBMお客様事例】ニトリホールディングス

2019/3/12

市場拡大を続けるインテリア業界において売上高/利益ともに31期連続で成長を続ける株式会社ニトリホールディングスは、成長の原動力である「製造物流小売業」という事業形態を支える基幹システムを、IBM Power System E980 とオールフラッシュ・ストレージ IBM DS8886F により刷新します。新基幹システムは、ニトリホールディングスが掲げる経営戦略、「海外高速出店と成長軌道の確立(2018年~2020年)」および「グローバルチェーン確立に向けた経営基盤再構築(2021年~2022年)」の実現を根底から支えるミッション・クリティカルな基盤となります。

共有

詳細はこちら

ビジネス・レジリエンシー・サービス

ビジネス・レジリエンシー・サービス

2018/12/11

ビジネスを防御し、可用性を維持し、ビジネスの中断から素早く復旧・・・グローバルなサイバー攻撃は勢いを増しており、サイバー・レジリエンスに対する先見的かつ統合的な計画が極めて重要であることを再確認する必要があります。IBMは、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、オンプレミスの従来型データセンターなどの複数の環境にわたってビジネスをサポートできる事業継続および災害復旧のサービスを提供します。

共有

詳細はこちら

サイト、ファシリティーおよびデータセンター・サービス

サイト、ファシリティーおよびデータセンター・サービス

2018/11/09

IBMのサイト、ファシリティーおよびデータセンター・サービスは、成長を維持しビジネス価値をもたらすことのできる、簡素化された回復力のある柔軟なインフラストラクチャーを実現するために、最適化されたコスト効率の高いデータセンターとファシリティーの計画、設計、構築をお手伝いします。

共有

詳細はこちら

あらゆるニーズに対応するサービスとしてのIT障害復旧

あらゆるニーズに対応するサービスとしてのIT障害復旧

2018/11/09

IBM Disaster Recovery as a Service(DRaaS)は、重要なアプリケーション、インフラストラクチャー、データ、システムの継続的な複製を提供して、IT障害から迅速に復旧できるようにします。

共有

詳細はこちら

システム復旧自動化ソリューション

システム復旧自動化ソリューション

2018/11/09

IBM Resiliency Orchestrationは、システム復旧を自動化し、システム管理を簡素化することで常時稼働を実現します。

共有

詳細はこちら

お客様導入事例

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例を集約しております。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。